FC2ブログ

外伝2/レンジローバーの帰り道 14

「ああ。でもますます解らないな。なんで彼女を手放したりしたんだ、前の旦那は。」
「協議離婚のようです。祥子さんが全ての手続きをして夫婦で住んでいた家を出た様です。いまだに元の夫は独身です。理由はわかりませんが、彼女が三行半を突きつけたというところでしょう。」
「だよな。バカな男だ。俺なら絶対なにがあっても祥子さんを手放すようなことはしないがな。」
「まあ、夫婦はいろいろですよ。そうでしょう、石塚さん。」
離婚経験のある美貴が、同じ経験を持つ石塚さんに含みのある一言を掛ける。
きっと本当にこれ以上は調べられなかったのだろう。それに、この話を続ければ・・あとは憶測だけしか残らない。
「子供はいるのか?」
「いませんよ。子供のない夫婦だったようです。」
美貴が即答し、そして苦笑いをするように付け加えた。
「子供がいたら、年末年始のこの時期に何日も僕たちと過ごしてくれるわけがないじゃないですか。石塚さんじゃないんですから。」
「たしかに。」
「うちは仕方ないだろ。日本に居ないんだから。別に父親の役割を放棄してるわけじゃないしな。」
リアシートから助手席の石塚さんの横顔しか見えないが、自分の子供のことをつつかれた時だけは一瞬彼も苦い顔をした。耕市くんといったっけ・・・石塚さんのお子さんは。いまはいくつぐらいになったんだろう。

しかし・・・
「それで、あの知識っていうことは百貨店時代によほど徹底的に売場で教育をされたか、よほど生まれがいいか・・・しか考えられないな。」
頭の中に浮かんだ言葉がそのまま口をついて出てしまった。
そう、百貨店の売場は実は普通の人が思っている以上に専門特化している。特定の売場を社員として担当する以上、門前の小僧とはいえ、その気になれば相当の知識を持つことができるのだ。
「売場にはとうとう出なかったようだよ。祥子さんの経歴を見ると。入社してからデザイン開発部門一筋だったようだ。」
「っていうことは?」
「いえ、実家もごく普通のどこにでもあるサラリーマン家庭です。ですが。」
美貴が一旦言葉を切る。
「祥子さんの母方の祖母の実家が爵位持ちだったようですね。戦前まではなかなかの羽振りだったそうです。」
「ほう、世が世ならお姫様か。」
「そのようです。」
「なるほど、ね。」
3人は示し合わせたように頷いてしまう。
そう言われて納得できるだけのものを、あの祥子さんという女性は持っているのだ。
たとえ遡ってのこととはいえ、家柄がそこまでしっかりしていれば山崎の家にも何も言わせない。祥子さんを妻にするのに・・・問題は何もない。

えっ え~~~~。おひぃさまぁ??爵位って少女マンガの中だけのことじゃないの?それにデザイナー??あたしの通っていた専門でもデザイナー志望者は山の様に居たけど成功するなんてほんの一握り・・宝くじくらいなものなのに。フリーで専務やこの方達とお付き合いできるような生活をしてるなんて信じられない。
娼婦なのかと思ったのに・・・だからあんないやらしいこと平気でさせるのかと思ったのに・・・なに、それ~~~。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
短い昼の光でも、今日は暖かく心楽しくなりますね!
漸く追いつかせていただきました。
一生懸命に想像力を働かせたとしても、きっとお若い結城さんでは、彼女の想像のつく範囲でしか、祥子さんの事、思い浮かべられないでしょう。
女の40年、何もなかった訳が無い…。
生まれも育ちも、越し方全てが糧となって祥子さんに磨きをかけてきたのでしょうから。


2006/12/11 14:32| URL | るり  [Edit]
うううううう・・・・・
 他の女性の前でこの三人はぁ!
そのおしゃべりな口にガムテープを貼ってやりたい。
美貴さん、ちょっといいかげんにしてくださいよ。
男はしゃべらないものでしょうが。
口が滑らかになるのは好きな人の前だけで
充分ですよー。
ε=(=`・´=) プンスカプン!

2006/12/11 15:40| URL | さやか  [Edit]
教養の深さは
世が世ならばお姫様、だからと言うのも短絡的では・・・
氏より育ち、と言うこともありますね。
デパート時代に、培われたものでしょうか。


2006/12/11 17:15| URL | masterblue  [Edit]
深窓の令嬢ですよね。でも深窓に閉じこもったままでは
なく、いわゆる世間知らずではない。

只者ではない祥子さんだ(笑)、っと。

物語へのみなさんのコメントがさらに登場人物の
奥行きにリアル感を与えていますね。

読むのがとても楽しみです。

2006/12/11 20:57| URL | eromania  [Edit]
コメントありがとうございます♪
eromania様のおっしゃるように、皆様のコメントでわたくしも改めてそれぞれの登場人物を見つめ直したりしております。

るり様
いつもと少し違うお話ですが、楽しんでいただけましたか?
女の40年・・・そうですね。
ひと様々、自分の責任で生きる40年は簡単には説明できないです。

さやか様
そんなに怒らないでください。
美貴さんも悪気はないのですから。
それにわたくしも少なくとも<娼婦>と誤解されたままよりは・・・。
それよりも、わたくしに黙って身上調査していたことを怒ってくださいな。ぷんぷん!

masterblue様
おひいさま・・といっても、それは祖母の時代の事。わたくしは普通の家庭の普通の娘でした。
そうですね、好きなことがたくさんあったから・・・沢山知る事が出来た、ということかもしれません。

eromania様
ふふふ、ちっとも深窓じゃないですよ。
でも、系譜だけ見るとそういうことになっちゃうみたいです。
この方達のような立派な家庭を経歴をお持ちの方には、そんなものも・・・付き合う相手として必要なのかもしれませんね。

2006/12/12 00:48| URL | 祥子  [Edit]
>身上調査・・・・
 そっちは、許す。
身上調査というよりも
好きな人のことを少しでも多く知りたいという
恋心の成せるわがままだもんね。
でも、その事をしゃべっちゃダメでしょ。

2006/12/13 00:44| URL | さやか  [Edit]
さやか様
ん~~、箱根の宿でご一緒した後、雪の別荘へ行こうと言う相談がまとまった時に・・どうもこっそりと美貴さんと石塚さんで身上調査をしようか・・・ということにしたみたいです。
だから3人に情報共有をするために・・・みたいなものだったのでしょうね。
ま、結城さんの前で話すことかどうかというのはありますけれどね♪

2006/12/14 18:06| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)