FC2ブログ

外伝2/レンジローバーの帰り道 15

関越道はあの事故渋滞以外は順調だった。
「そろそろ最後のPAですが、休憩なさらなくてよろしいですか?」
話に夢中になっている間にもう川越だ。
「いいだろう?」
石塚さんの言葉に私と美貴は頷いた。
「結城くん、君が休みたいなら三芳に停まろうか?」
彼女は上里で食事をしている。それにずっと運転をしているのだ、さすがに疲れているだろう。トイレ休憩がしたいなら、させてあげたい。
「いえ、私は大丈夫です。このままホテルに向かっていいですか?」
「そうしましょう。この車はホテルの駐車場に置いておけばいいですから、ご褒美に美味しいお酒をごちそうしてあげますよ。」
「ほんとですか。ありがとうございます。」
「こらこら、美貴。結城くんはお酒が弱いんだからほどほどにしてくれよ。」
「ああ、お目付役が煩いな。だからナンパされても彼氏ができないんだよな、結城くん。」
「ちがいます。」
石塚さんが私をからかう台詞に結城くんはしどもどしてる。
一見はまだ20代そこそこに見えるが、今年は25になるはずだ。ほんとうに、そろそろ恋人でも作って美貴のところの島田さんじゃないが一皮むけてもらわないと、な。
結城くんはほんとうに素直ないいコだ。彼女にぴったりの、優しい責任感のある青年と出逢えるといいと思う。
「石塚さん。あんまり結城くんをからかうと、もう石塚さんの居る時には彼女を貸しませんよ。」
「からかってるつもりはないんだけどな。結城くんの腕は確かだし、なかなかいい運転手だよ。俺は気に入ってるんだ。そうだ、せっかくだから彼氏ができるまで、俺と付き合ってみるか?」
「こまります。」
ルームミラーの中の彼女は真っ赤になっていた。
周囲に車の量も増えている、そろそろ大泉JCTだ。首都高もまだそれほど渋滞はないらしい。タワーホテルに向かうために、結城くんは車を左車線に移動させている。
「石塚さん。結城くんに手を出すのは許しません。彼女にはもっと相応しい相手がいるんですから。」
「申し訳ありません。」
蚊の鳴くような声で、結城くんが謝罪を口にする。
「ははは・・・ 立て続けに2度も振られちゃ、惨敗だな。」
「当たり前です。」
わはははは・・・・ 再び起こった爆笑に、今度はルームミラーの中の結城くんの目元も赤らみながら笑っていた。
「愛されてるね、結城くんは。」
美貴の言葉に、彼女は小さく「はい。」と答えた。

雪の別荘からの帰り道。
祥子さんとの時間を思えば味気ないはずだったが、なかなか楽しい時間になった。
夕食の中華も美味しくいただけるだろう。
これで、結城くんへの罪滅ぼしになったろうか・・・明日から、また気持ちよく一緒に働くためにもしこりは遺したくなかった。
ホテルから自宅までは、僕のタクシーで一緒に送ってあげよう。それくらい、しなくちゃな。

石塚様は、あたしを困らせるようなことばかり言う。専務の前で社交辞令でも他の男の人に<好き>とか<付き合う>なんてこと言いたくない。だってあたしが好きなのは、専務だけなんだから。
美貴様が「愛されてるね。」って言ってくださった。
それがほんのちょっとでも・・・本当なら、うれしい。本当にならないかなぁ。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
外伝2 お楽しみいただけましたでしょうか?
<初雪>シリーズの最後をしめくくる<外伝2 レンジローバーの帰り道>お楽しみいただけましたでしょうか?
<初雪>は、2006年を通してお届けした一大シリーズになってしまいました。
とはいえ・・・これで、美貴さん・山崎さん・石塚さん・望月さんとのストーリーが終わった訳ではありません。
2007年に向けて、もう少しだけ新しいストーリーも始まっているんですよ♪

さて、次回は<50万アクセス記念/サファイアの夜>です。
<オペラピンク前夜>よりも前の一夜の出来事をショートストーリーでお届けいたします。
出来れば明日から・・・なのですが、もしかしたら一日お休みを頂戴するかもしれません。
その節はどうかご容赦くださいませ。

2006/12/12 13:01| URL | 祥子  [Edit]
全部・・・
読み終わりません(ノ_σ)クスン
でもぉ・・・リンクしていいですかぁ?


2006/12/12 19:14| URL | トン  [Edit]
遠慮せずお休みください(笑)。

愛し愛されるというのは、互いに愛に向き合っている
という意味だけじゃなくて、感じるものなんですよね。

心のアンテナを高くしなきゃ、シグナルを見落として
しまう(笑)。


2006/12/12 21:17| URL | eromania  [Edit]
お疲れ様です
年末に向けてお忙しいのでしょうか・・・。

皆さん祥子様の事なら一日や二日待てますよ。
2006年もあと20日弱になってしまいましたね。
2007年も祥子様の物語を楽しみにしております。

ノロウィルスが各地で猛威をふるっています。
祥子様もここに来られる皆様もお体ご自愛下さい~~~。

2006/12/12 23:13| URL | 桜草  [Edit]
ピントはずれ
 男の方たちって、どんなに年齢を重ねられても、経験を詰まれても、恋の手管を覚えられても、女性の考えてる事とどこかピントがずれてるんですね。困ったもんですよね。(ノ_-;)ハア…

2006/12/13 00:51| URL | さやか  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/12/13 11:33| |   [Edit]
はじめまして
6SSPのリンクから来ました。

ゆるやかなテンポで、思わず読みふけってしまいますね。うまいな~、と思って、ブログ全体を次に眺めていたら、いんまにゅえるのyouyaさんのリンクが!! コーヒー吹き出しそうになりましたw

2006/12/14 17:34| URL | ケイ  [Edit]
お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
沢山のコメントを頂戴しておきながら、私事でお返事が遅れて申し訳ございません。
新作もあと少しでスタートさせます(予告よりこんなにずれてしまうのも初めてです。本当にごめんなさい)。
あと少しだけ、待っていてください。お願いします。

トン様
いえいえ、どうぞごゆっくりお楽しみになってください。
わたくしの方こそなかなかお伺い出来なくて申し訳ありません。
リンクの件はよろしくお願い申し上げます。

eromania様
昔・・・『愛していると言われたからと言って、愛さなきゃいけないのか?』と言われた事があります。
どんなにお慕いしても、想いの向きが同じじゃなければ叶わないのが<愛>なのかもしれません。
そして、条件交渉のように『~から~して』というのも、恋愛ではルール違反なのかも・・・と思う今日この頃です。

桜草様
お心遣いありがとうございます。
幸い病気にはならずに済んでいるのですが・・・いろいろとスケジュールが。
ふふふ、そんな野暮なお話もなんですわね。
できるだけ早く復活いたします。もう少しお待ち下さい。

さやか様
男女の違い、世代の違い、立場の違い・・・。
好きっていう気持ちにもそんな違いが沢山影を落とすのですね。
決してこの方達がいけないのではないのですが・・・。なかなか御伽噺のようにはいかないものです(って、このブログが御伽噺みたいなものじゃないですかぁ~~~!!ってつっこみは無しにしてくださいね(笑))。

2006/12/14 17:42| URL | 祥子  [Edit]
ケイ様
はじめまして。ようこそお越しくださいました。
そうなんです。youya様にもこちらのブログのご紹介をいただいたご縁でリンクをさせていただきました。
まだ、ケイ様のブログには伺っていないのですが、後ほども訪問させていただきます。

これからもよろしくお願い申し上げます。

2006/12/14 17:47| URL | 祥子  [Edit]
来ました。(笑)

ようやくレンジローバーの帰り道を読みきりました。
この外伝に絡む「初雪」を今ちらっと覗きましたが、
こちらもなかなか読み応えありそうですね。(^^)

こちらの方は時間をみてまた読ませていただきます。
とりあえずはサファイアの夜へ..(んふふふ



2006/12/23 08:50| URL | melto  [Edit]
melto様
わたくしのおねだりを聞いて、来て下さったのですね。ありがとうございます。
<レンジローバー>を読んで、大本の<初雪>に興味を持ってくださったのを嬉しく思います。
<初雪>は、丁度1年前のお正月の話です。
長い物語ですが、年末・年始の休暇のおりにでもお楽しみくださいませ。
きっとmelto様好みのストーリーがあちこちにあると思いますわ。

2006/12/23 19:59| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)