FC2ブログ

サファイアの夜 1

大変お待たせいたしました。
先日来予告しておりました、50万アクセス記念作をお届けいたします。

これは<オペラピンク前夜>よりも前のお話です。
まだ、わたくしが前の方に心囚われていた時の切なくて・淫らな物語をどうぞお楽しみくださいませ。

コメント
どういういきさつで、祥子さんがこの彼の手に絡めとられたのか…。ドキドキしながらうかがう事になりますね!
イブまであと10日、慌ただしさが増すこの頃です。悪いウィルスも流行っているようです。お身体おいとい下さって、今年最後のお話を…。

2006/12/14 20:34| URL | るり  [Edit]
何かを忘れるために無理に仕事をしたりする。
けども体の奥には忘れられない何かがあるんですよね。
わかります・・・。

どんな物語になるのか この先が楽しみです。

それにしても もう新しい「カテゴリー」が出来上がっていますね。
新年に向けて楽しみですが、無理だけはなさらないように。

2006/12/14 21:46| URL | 桜草  [Edit]
お待たせ致しました
漸くスタートしました新作です。
丁度、このテンプレートとぴったりのイメージの物語です。どうぞお楽しみ下さい。

るり様
今回のお話はいままでとは少し違うかもしれません。
短い物語ですが、楽しんでいただければと思います。

桜草様
疲れて眠ってしまえば・・・何事もなく済むのにと
つい思ってしまうのですが。
本当に思い切るまで忘れられない想い。
その想いの中に居る切ないわたくしの物語です。

カテゴリは・・・ふふふ、もう少しお待ちください。

2006/12/15 10:35| URL | 祥子  [Edit]
神経をすり減らし行う作業ほど、それが終わったとき、身体の疲労とのアンバランスに、身体が燃えてしまうと言うことがあります。

俺も頭脳労働者、たびたび身体が抑え切れないほどの欲望に包まれるときがありますね。^_^;


2006/12/23 08:59| URL | melto  [Edit]
melto様
男性はよく昔からそうおっしゃいますね。
女性は・・・そんなことはないと思ったのですが、疲れてしまったが故に敏感になった身体がわたくしを苦しめる事になりました。

2006/12/23 20:01| URL | 祥子  [Edit]
祥子さん、こんばんは。和巳です。

それでは早速、コメント(感想)書かせて頂きますね。

まずは、私の一番のお気に入りの作品から。
(どの作品もお気に入りなんですけどね)

この作品で、私は何度オナニーしたことか・・・。

祥子さんのある男性に心捕らわれていた時の過去描写がいい。
祥子さんの、男性に抱かれたくてたまらない女心、その心情描写がとってもいいです。

この序章だけでも、私は勃起しました。
そして、これからの展開におおいに期待し、その展開は私の心(エロ心)を裏切りませんでした。

どの作品でもそうですが、祥子さんのファッション、最高です。
Gカップ、そして、ムチムチの肉体にランジェリー・・・。
ムチムチの肉体というのは、私の勝手な想像ですが・・・。
そんな祥子さんのファッションを思い浮かべるだけで、勃起が強くなります。。。

そして、祥子さんの美しい髪・・・。

まるで、祥子さんのエロフェロモン、その女の匂いが、漂ってきます。

そして、祥子さんのこのM性。
それは、私のS性癖(祥子さんの言う所の快楽系のS)を強く強く刺激しました。


セックスとフェラチオ・・・。
この臨場感。
まるで、私が祥子さんにフェラチオさせているようで、私のペニスはますます硬くなります。

ペニスを握り締める手もますます強くなります。

「祥子、いい女だ・・・」
「たっぷりフェラチオさせてやる」
「祥子、入れるぞ。おれの気が済むまで犯してやるからな・・・」

そんなことを心の中で呟きながら、私はオナニーに没頭しました。

私が最も官能を感じるのは、臨場感溢れるフェラチオ描写、セックス描写もそうですが、何よりも、祥子さんの女心です。
男(と言っても特定の男性ですが)を欲する祥子さんの女心が、私の性欲(S性癖)をそそって仕方ないのです。。。


・・・もっと書きたいのですが、長くなってしまうので、この辺で止めておきます。


私の性欲処理が終わった後、祥子さんのことを、ああ、本当に可愛い女だな、と思ってしまいます。
実際、色と欲、そして、男性を慕う女心を持つ女は、本当に可愛いものです。

そんな祥子さんを思いながら、また今夜も・・・。

(P.S)
祥子さんのブログにそぐわない下品な表現があったら、ごめんなさい。
その際は、ご遠慮なく、ご指摘下さいね。


2015/06/12 00:08| URL | 和巳  [Edit]
和巳様
和巳様の様に楽しんでいただくのが
わたくしの本望です

このブログが紙の書籍であれば
和巳様の迸りで
開かなくなってしまうページが増えるほど
可愛がっていただけて
とても嬉しいです♪

わたくしの身体は
お恥ずかしながら和巳様の
ご想像通りです
さらさらの長い髪も
どうかリアルに感じて
存分に可愛がって下さいませ

和巳様の一文字一文字が
わたくしの肌に食い込む和巳様の指先のようでした
ご感想ありがとうございました



2015/06/12 05:16| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)