FC2ブログ

第九 in the MOVIE 1

日比谷の街へ着いたのは、午後4時まであと少しといった時間でした。
冬至も過ぎ陽の落ちるのも遅くなったとはいえ、公園に残るわずかな紅葉を楽しむには日差しは物足りない時間帯でした。

毎年、誕生日には席を押さえて楽しむ<第九>。
今年は仕事に追われ、気づいた時にはいつものオケのチケットは完売していたのです。最初は他のオーケストラのコンサートを探そうかと思いました。
でも、クライアントへ向かう地下鉄の中である映画のポスターを見かけたのです。
<Copying Beerhoven/邦題:敬愛するベートーベン>でした。
『1万人の第九』を指揮する佐渡 裕氏のコメントまで加えられていたそのポスターに、わたくしは随分と気持ちをそそられてしまったのです。
初演の時と同じ構成で演奏される<第九>。フルで演奏すれば、上映時間中全てをこの演奏で埋めなければならないのでそれは無理でしょうけれど、合唱つきの第四楽章は充分に楽しめそうだったのです。
年末まで、まだいくつかプレゼンは続いていおりました。わたくしは映画という気軽な媒体で今年の第九を楽しむ事に決めて・・・ゆったりと28日を過ごすために気がかりな仕事をてきぱきとこなすことに専念することにしたのです。

日比谷公園から帝国ホテルの前を通って、宝塚の東京劇場へ左折。その先の小劇場型のシネマコンプレックスでその映画は上映されていました。
クリスマス時期ならともかく、年も押し迫ったこの時期にあまりお客様もいらっしゃらないだろう・・・。そう思っていたのは大きな間違いだったようです。
指定席を取る都合で、上映時間の40分前に1階の受付に行ったわたくしは220席ほどの劇場のいいお席はほとんど埋まっている事を聞かされたのです。
「前の方のお席と、一番後ろの両サイドでしたらございますが。」
チケットブースの女性にそう言われて、わたくしは一番後ろの左側の席をお願いしたのです。
指定席なら急ぐ事はありません。
向かいの専門店街のお気に入りのお店をウインドショッピングして、上映されている5階の劇場に入場したのは、開場の15分前でした。
一昨年も、27日ごろにこちらの劇場にうかがったことをロビーで前の回が終了するのを待ちながら思い出していました。あのときは、ハリウッドで一世を風靡したミュージカルの作曲者の方と奥様の生涯を描いた物語でした。同じ様に待っているお客様の年齢が、想像以上に高かったのです。
今年は、たしかにあのときと同じような趣味人風の大人のお客様も多かったのですが、同時に若いカップルも随分見かけました。それも手に手に・・楽器ケースのようなものを持っている方も少なくはありません。
そんな方達が決まって口にするのが「のだめでね・・・」という言葉でした。
そう、コミックスの原作をドラマ化された『のだめカンタービレ』の影響なのでしょう。たった1作のドラマが、こんなにも来場者の層を変えるのかとちょっとびっくりしていた時でした。

「失礼します。祥子さんですよね。」
エレベーターから流れてきたお客様の一人がわたくしに声を掛けられたのです。
ヒールのショートブーツを履いたわたくしとほとんど同じ目線に、半白の髪と、ブラックメタリックの眼鏡と、キャメルのピーコート姿の男性が立っていました。
「仲畑さん?」
「ああ、そうです。覚えていてくれましたか。」
今年の夏。やはり映画館でお逢いしたその方は良く通る丸くて柔らかい声で微笑むようにお返事を返してくださったのです。
「その節は・・・」
「いえいえ、あのときのことは言いっこなしです。」
随分と年上の方のはずなのに優しい少しはにかむような微笑みも、記憶のままでした。
「また映画館でお逢い出来ましたね。」
「はい。まさか、この間みたいに隣の席っていう偶然はないでしょうね。」
「わたくしは、このお席ですわ。」
「どれ・・・。」
列は同じでした。でも座席番号はそれぞれ右と左の端を示していたのです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
おはようございます
本日より、2006年最後の物語<第九 in the MOVIE>をお届けいたします。
年末に必ず聞きにゆく<第九>を巡る出逢いの一時を、年末までの一時をお楽しみくださいませ。

2006/12/26 08:44| URL | 祥子  [Edit]
ご訪問感謝感激雨霰
もぐたん☆です。
コメントありがとうございました。

プロフィールにかなりぐっときました。
色白、黒髪のストレートロングヘア、Gカップ、眼鏡、美声。
素晴らしいですね。

文章の方もじっくり読ませていただきます。
ちなみに、のだめ。最終回でしたね。
普段はドラマ見ない人なんですが、これは最初から最後まで見てしまいました。
まあ、クラッシックを聞きに行くことはないと思いますが…

偶然の出会いがどんな結末を産み出すのか。楽しみにしております。

それでは、ご挨拶まで。

2006/12/26 09:45| URL | もぐたん☆  [Edit]
もぐたん様
ありがとうございます。ようこそお越しくださいました。
「のだめカンタービレ」は人気が高かったようですね。
今日も書店で原作本を手にドラマの話題をしていた二人連れを見かけました。
わたくしの物語が、もぐたん様のお好みに合えばいいんですが・・・。
これからもよろしく願い申し上げます。

2006/12/26 11:42| URL | 祥子  [Edit]
ブラボー
第九といえば国音の声楽科というイメージがあります。
普段はロックを聴いてますが12月は第九もいいですね

2006/12/26 21:37| URL | カズヤ  [Edit]
カズヤ様
はじめまして、ようこそお越しくださいました。
岬ゆうき様のブログ経由でしょうか。
国立音楽大学の声楽科・・・見事ですね。
先日の一万人の第九も素晴らしかったです。
今宵・・・新年までのしばらくの間、こちらでの<第九>な時間をどうぞお楽しみくださいませ。

2006/12/27 16:42| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)