FC2ブログ

第九 in the MOVIE 6

「思ったよりも重症だったかな。」
釜で炊き上げられたつやつやのお米と、赤出しが二人の前に並べられました。
ここまでのお料理でお腹がいっぱい・・・と思っていましたが、香りのよい新米はするんと喉を下りていったのです。
コクのあるお料理で奢っていた口の中がすっきりと清められてゆくようでした。
「いえ、そんなことはないんです。あのとき仲畑さんにご無理をしてお付き合いしていただいて、随分気持ちが変わったんです。本当にありがとうございました。」
「いや、大した事はしてないですよ。」
「彼の事はもう過去のことです。でも、どうすれば恋ができるのか忘れてしまっているみたいな感じなんです。」
「もったいないな、祥子さんみたいな人が。」
「いえ、そんなこと。」
「本当に恋人はいないんだね。」
「ええ。」
「それじゃ、今夜祥子さんを独り占めしても許されるね。」
仲畑さんは、夏の時と同じに直球を投げてらっしゃいます。
「誕生日の夜だと知っていて、祥子さんを一人にするなんてできない。」
わたくしは、どう答えていいのか・・・迷いました。
映画館で仲畑さんとお逢いしたときから、こうなる予感はしていたのです。お食事をご一緒してしまったら、きっと一人で夜を過ごすことが淋しくなってしまう・・・と。
同時に、そんな気持ちで男性に身を任す女性をこの方がお好きでないことも存じ上げておりました。

「デザートでございます。」
「まぁ、素敵。」
答えを躊躇っていたわたくしのまえに、美しいプレートがまいりました。
「厨房から些細ですが、バースデープレゼントです。」
選んでください・・・と言われた4つのデザート。そのうち、わたくしと仲畑さんの選んだブリュレは2つ。あとは1つずつ、5つのデザートが盛り合わされておりました。
「ありがとうございます。お料理もとても美味しかったわ。お礼を言っておいてください。」
「恐れ入ります。板長も喜びます。」
わたくしと、仲畑さんの前に取り皿とお茶を並べて下がられました。

「違うな。」
黄色が美しいマンゴープリンに手をのばしかけた時、仲畑さんがそうおっしゃったのです。
「なにがですか?」
「あ、好きなものをとってください。そういう意味じゃないんです。」
「ふふふ、仲畑さんがマンゴープリンが大好物なのかと思いました。」
「私は和栗のブリュレがあればいいですよ。」
そうおしゃって、最初のオーダー通りのデザートに手を伸ばされたのです。
「栗、お好きですか?」
「ええ、この時期なら新栗でしょう。きっと美味しいはずです。」
「それじゃ、わたくしも。」
バニラアイスクリームののったブリュレは、優しく豊かな味わいでした。
「美味しい。それにこんなにいろいろのデザートをいただけるなんてうれしいわ。」
「良かったです。祥子さんにこんなに喜んでもらえて、私もうれしい。」
「仲畑さんは、あとは何を召し上がる?」
「ははは、甘い物は祥子さんにお任せします。どれでも好きなものを選んだらいい。」
「はい、それじゃお言葉に甘えて。」
こんなに甘いものをいただいたら、キスが甘くなっちゃうわ。
わたくしはそんな風に考えていました。
まだ、仲畑さんにお返事もしていないのに。今夜一人で過ごさなくてはならないことが・・・いやになっていたのです。

「祥子さん。」
「はい?」
「私が祥子さんと、1年に1日しかない祥子さんの誕生日を一緒に過ごしたいんです。ご一緒してもらえますか?」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
Happy Happy Birthday.
年齢なんて社会を生き抜くための単なる記号。
仲畑さんと同じ意見ですね。

好き、とか愛してるは気持ちの発露であって
口説き文句としては美味しく頂けないかも…。

口説くなら分かりやすくストレートに(笑)。

2006/12/28 20:25| URL | eromania  [Edit]
お誕生日、おめでとうございます。

「好き」と「恋している」同じようで、大きな隔たりがあるようです。
その隔たりになっている深い谷を、祥子さんがいつしか飛び越えられるまで、誰がじっと待っていられるのでしょうか。まだ、新しい男性が現れるのでしょうか。
「シフォン・・・」のshoukoさんも、[第2話]にあるように、まだ心が癒されていないようです。

2006/12/28 20:56| URL | masterblue  [Edit]
eromania様
ありがとうございます。
プロフにあるように、1つ大人になりました♪
こうしてお祝いしていただけてとてもうれしいです。

口説く・・・実はあまり女性は使わない技なので、きっと男性の方達はさぞやご苦労をされているのだと思います。
 (などと言っていたら、わたくしのお相手をしてくださっている男性諸氏に怒られてしまいそうですね(笑))。
素敵な口説きの言葉に、はやくお応えできるように・・・なりたいものですわ。

2006/12/28 21:21| URL | 祥子  [Edit]
masterblue様
ありがとうございます。
わたくしの好きなオペラピンクのメッセージ♪とてもうれしいです。

<恋する>って難しい。
なんて思っている間は、きっと恋なんてできないのでしょうね。心奪われる様に、湧き出す清水が岩を砕く様に・・・わたくしの中から現れる恋情をいまは待つばかりです。
こちらの方達は皆様素敵な方達ばかりです。
わたくしがお応えできないことを申し訳ないと思うと同時に、ぜひ、どなたにも幸せになっていただきたいと思うのです。

それは残酷な願いでしょうか?


2006/12/28 21:27| URL | 祥子  [Edit]
おめでとうございます
まだそんなにお近づきにさせていただいてませんが、
お祝いをさせていただきます。

いつも記事を読んでいて、とてもご趣味がいいのに
感服してました。
きっと、良い経験をたくさんしてこられたのだと
思います。
妄想は、下地なしには出てきませんから。

私にとっては、とくにランジェリーの描写には
どきどきしてます。
好きなものですから(笑)

これからも祥子さまの作品を楽しみにしてます。

2006/12/28 21:36| URL | くろす  [Edit]
くろす様
ありがとうございます♪
先日はじめてコメントをいただいたばかりですのに、本当にうれしいです。
時々お越しいただけていたのですね。
ランジェリーがお好きだとは・・・なによりです。
性分なのか、こう身に着けているものをないがしろにして行為に入れなくて(笑/そんなもの脱がせていないで速く!!とお思いの方もいらっしゃると思いますが)、ついつい書かせていただいているシーンを、お気に召していただけてよかったです。

これからも、よろしくお願い申し上げます。
のちほどくろす様のブログにも伺わせていただきます♪

2006/12/28 21:52| URL | 祥子  [Edit]
祥子様
お誕生日おめでとうございます。

28日がお誕生日の祥子様の誕生花は「ザクロ」・・・その花言葉は「成熟した美しさ」。
まさに言葉通りですね。
プレゼントです v-300v-425

2006/12/28 22:34| URL | 桜草  [Edit]
誕生日おめでとうございます。
益々素敵な大人の女性になられるのでしょうね。
いつも私のお手本です。
 
穏やかな1年でありますように。
 
 


2006/12/28 23:40| URL | アールグレー  [Edit]
桜草様
誕生花がざくろだと初めて知りました。
ありがとうございます♪
大人の女性の味方・・・ざくろ。実はその花はきれいな八重のフリルを重ねたような花なんですよね。
誕生花に恥じないような女になりたいと思います。

ほんとうにありがとうございました。

2006/12/29 01:13| URL | 祥子  [Edit]
アールグレー様
ありがとうございます♪

お手本なんてとんでもない。
わたくしもまだまだ未熟なまま・・・それでも最後まで<女>で居たいと思っております。
それには精進あるのみ、ですね。

年末も差し迫ってまいりました。
なにかと忙しい日が続きますが、来年もよろしくお願い申し上げます。

2006/12/29 01:17| URL | 祥子  [Edit]
おそまきながら
お誕生日、おめでとうございます♪
おそまきながら、ですが。(^^ゞ
自分の誕生日って、あんまりうれしくなかったりします。
またひとつ、トシを取っちまうのかって。
でも。
>一つ大人になりました。
そういう前向きな解釈も、あるのですね。
あやかりたいです。

>1年に1日しかない祥子さんの誕生日を一緒に過ごしたいんです。
うわぁ、おっしゃいますね。中畑さん。
さいきんの私の贔屓です。^^
>本当に恋人はいないんだね。
とか、遠慮深そうなことを言いながら。
濃いんですよね。このヒトも。^^

2006/12/29 18:17| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
ありがとうございます。
お忙しい年の瀬に、お越しいただいてありがとうございました。
今年のお誕生日は、仲畑さんでした。
夏に登場したきりなのになぜか人気のキャラクター。
<淑やか>の登場人物の中で最年長の男性なのです。
きっと、年上ならではの魅力があるのですよ♪

ね、柏木様。

2006/12/30 00:12| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)