FC2ブログ

第九 in the MOVIE 14

「生涯独身だったベートーベンには、清書をする窓辺のアンナ・ホルツのドレスの襟元が眩し過ぎたんだよ。きっとドレスの中にはこんなに感じやすくて淫らな身体があって、彼を誘惑しているように思えたからだろうね。」
テレビの中のDVDは、エンドレスで再生されていました。また、第九初演の前の二人の姿が映し出されていたのです。
「祥子。」
くちゅ・・・ 覆い被さる様に仲畑さんは唇を重ねてらっしゃいました。
愛欲が溢れるような舌遣いがわたくしを貪ります。
「君を味わいたくなった。」
「だめ・・きたない・・あぁぁん・・・」
そのまま身体を下にずらして・・・仲畑さんは花びらを・真珠を舐め上げたのです。
「汚くなんかないよ。ここも・・」
「はぁう・・ん・・」
花びらを表裏と1枚ずつ丁寧に舐るのです。
「あぁ・・あはぁ・・ん・・」
「それにここだって・・・」
「いやぁ・・・だめぇぇぇ・・・」
仲畑さんの下が皺を広げる様にねぶったのは、わたくしの姫菊だったのです。
「どこもかしこも・・・とても44歳の大人のものとは思えないほどきれいだよ、祥子。」
「あぁぁあああ・・・っ」
姫菊から大きくふくれあがった真珠まで一気に舐め上げられて、わたくしははしたない嬌声を上げてしまったのです。

「あぁ・・しないで・・・いっちゃぅ・・・」
「いいよ。逝きなさい。」
きっと、そこだけは決して慎ましくはない・・・大振りな真珠を中心に仲畑さんの舌は唇は・・・わたくしの淫らな花園をねぶり続けたのです。
「いやぁ・・いい・・あぁぁ・・」
じゅる・・るるぅぅ・・・ わざと音をたてるようにすすり上げられる愛液。
ちゅぷ・・・ 真珠とその下の先ほどはしたない排泄をしたばかりのゼリーのような小さな器官まで余すところなく仲畑さんの舌は這ってゆきます。
「あぁん・・・いくぅぅ・・いっちゃぁぁ・・うぅっ」
くぷ・・ 真珠を仲畑さんに甘噛みされて、わたくしはベッドの上をのたうつように最初の絶頂へと追い上げられてしまったのです。
「あ・・あぁ・・おっきぃぃ・・・」
逝き果てた余韻も去る前に、仲畑さんは彼のねじれた・・ごつごつとした形と大きく張り出した先端をわたくしに押し入れていったのです。
「うっ・・いいよ、祥子。」
羞恥とクンニリングスによる強制的な快楽に晒されて絶頂を味わった蜜壷は、強く彼のものを締めつけてしまいます。
そのまま始められた抽送に、鎮まりはじめた快感はふたたび掻き立てられてしまったのです。
「あぁ・・・だめ・・いいのぉぉぉ・・・」
仲畑さんは抽送のスピードを緩めることすらしてくださらないのです。
「また・・また・・ぁぁ・・・いっちゃう・・・・」
「逝きなさい、何度でも。逝くんだ!祥子。」
奥を突き上げ・・かずのこ天井を掻き出すように動く仲畑さんの塊はわたくしをまた頂きへと駆け上げさせるのです。
「ああぁぁぁ・・・」

わたくしの堪え切れない喘ぎは、映像で再びはじまった第九の合唱にソプラノの斉唱に重なっていったのです。

「逝く度に私を締め付けて、ああいいよ、祥子。どんどん祥子の身体は良くなる。」
スリーインワンのブラのストラップを仲畑さんは引き下げたのです。
こぼれ落ちたGカップの乳房は、すでに限界まで乳首を立ち上がらせていたのです。
「あぁ・・いっぃぃぃ・・・」
腰の動きを止めることなく、仲畑さんは揺れる乳房の先を口にとらえたのです。
揺れる動きに離さない様にときつく吸い上げ舐り上げられた乳首は、また・・・わたくしを・・責め立てたのです。
「いっちゃ・・うぅぅぅ・・・・あぁぁ・・」
仲畑さんの舌先と塊の先がまるで別の人のように両方からわたくしの身体を淫楽で染めてゆきます。
第九のおだやかな曲調のシーンさえ・・・わたくしの耳にはもう入っておりませんでした。 コメント
おめでとうございます
祥子様 あけましておめでとうございます。

今年も祥子様の物語を楽しみに毎日の仕事に励みたいと思います。
よろしくお願い致します。

何度でも逝きなさい・・・・二人の身体は一つの曲を奏でるかのように燃え上がっていく。
燃えて燃えて・・・・真っ白な世界へ・・・。



2007/01/01 00:46| URL | 桜草  [Edit]
ごめんなさい
突然背景が変わってしまって・・・・。
祥子様 ごめんなさいね。
前のコメント消してくださいね。

素敵なお着物ですね。
綺麗・・・・・e-266

2007/01/01 00:50| URL | 桜草  [Edit]
祥子様へ
あけましておめでとうございます。

本年も素敵な祥子様を、楽しみにしております。

着物もテンプレートも、初春らしくて素敵です。

2007/01/01 01:08| URL | tako  [Edit]
NoTitle
あけましておめでとうございます。
先程昨年末は家人がいた為、慌ただしくて…失礼致しました。
昨年の祥子さんの作品に登場したお正月の花びら餅にも似た優しい背景で…。
優しいテンプレとは裏腹なお二人が新年初。今後の期待大ですね!
本年もよろしくお願い申し上げます。

2007/01/01 02:01| URL | るり  [Edit]
あけましておめでとうございます
桜草様
早々に新年のご挨拶恐れ入ります。
ちょうどテンプレート交換の時間にお越しいただいていたのですね。
びっくりさせてしまって申し訳ございません。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

tako様
おめでとうございます。
新年限定のテンプレートお気に召していただきましたでしょうか?
松竹梅は吉祥柄なのですが、このテンプレには松がないのです。ということで<松の内期間限定>でお届けいたします♪
松が開けたらまた新しい装いで登場の予定です。お楽しみに。
今年もよろしくお願い申し上げます。

るり様
初詣いかがでしたか?
今年の東京は天気が良い分放射冷却で冷えている様ですね。幸せなお願い、たくさんなさってらしたでしょうか?
今年もよろしくお願いいたします。
わたくしはこれから初日の出を楽しみます♪

2007/01/01 06:09| URL | 祥子  [Edit]
明けましておめでとうございます。
昨年中は短い期間でしたが、大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い申しあげます。

膨らんだ真珠はイーって抓ってしまいたい!


2007/01/01 11:05| URL | もぐたん☆  [Edit]
あけましておめでとうございます
昨年後半は作品をご提供いただくなど、大変お世話になりました。
今年も祥子さんの官能の世界を堪能させていただきますね!
そして、僕のマッサージでも、祥子さんの世界に負けないような、女性の官能を引き起こせるよう頑張っていこうと思います☆

また、作品のご提供などもご検討いただけると幸いです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2007/01/01 12:02| URL | ゆうき  [Edit]
ことのは・あだると 瓜生礼です
あけましておめでとうございます。
年末・年始とご丁寧なご挨拶をありがとうございます。さて、当方はやっと次の作品に取り掛かったところです。完成しましたら、祥子さんの厳しい(^^)コメントをお願いしたいと思っております。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

2007/01/01 13:07| URL | 瓜生礼  [Edit]
あけましておめでとうございます
もぐたん様
ようこそお越しくださいました。
とはいえ、お正月なので松の内は着物姿でお出迎えです♪
そんないじわるはなさらないで・・・今年もよろしくお願い申し上げます。

ゆうき様
おめでとうございます。
もう新年のご予約もスタートしてらっしゃるのですね。
今年も体験談をベースにしたどきどきとしたお話楽しみにしております。

瓜生礼様
ようこそお越し下さいました。
新作にとりかかってくださったのですね♪
楽しみに公開の時をお待ちしております。
今年もよろしくお願い申し上げます。

2007/01/01 13:20| URL | 祥子  [Edit]
あけましておめでとうございます
元旦から途切れることなく
お話の続きが読めてうれしいです。
風邪などひかないように気をつけてくださいね。
今年もよろしくお願いいたします。

2007/01/01 14:08| URL | UMI  [Edit]
UMI様
あけましておめでとうございます。
そう言って頂くととてもうれしいです。
東京の元旦は人も少なくなるせいでしょうか、思ったよりも寒いですね。
大丈夫です。
UMI様も暖かくしてごゆっくりお楽しみくださいませ。

2007/01/01 20:16| URL | 祥子  [Edit]
NoTitle
件の映画は未見なのですが。
あたかも目の当たりにしているほどのリアリティを感じました。
こういうときの説明ってどうしても冗長になりがちなのですが。
くどすぎず飛びすぎずの適切なリズムを伴って語られていましたね。
まさに通奏低音、という印象でした。
おかげで、映画を視ていないからといって興をそがれることなく読み進むことができました。
高尚な世界からどんなふうにクライマックスにもつれ込んで行くのだろうと、ドキドキしながら読んでいたのですが。
さすが。
いつの間にか、華の嵐・・・という感じのエンディングですね。

スケジュールの関係で、年越しの感想となってしまいました。
今年もドキドキするようなお話のアップ、期待しております♪

2007/01/02 23:39| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
ありがとうございます。
年末年始のお忙しいなか、漸く第九を全て読んでいただけたのですね。
映画の素晴らしさをどれだけお伝えできていたか心配でしたが、柏木さんにこんな風に言って頂けるだけでほっといたします。
ぜひ、DVDになったときでもご覧になってくださいませ。

2007/01/03 12:44| URL | 祥子  [Edit]
はじめまして♪
はじめまして~!



2007/05/24 09:33| URL | ペ・マン  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)