FC2ブログ

黒衣の情人 11

「ふふっ、まあいい。さぁ、まだ途中だよ。早く祥子のランジェリー姿を見せなさい。」
グランドピアノの開けられた反響板に、わたくしの衣服を掛けるとご自身はまるでそこが指定席だとでも言う様に、再び先ほどと同じ椅子に腰を下ろされたのです。
「こっちを見なさい。」 
スカートに隠されていたシャツの6つ目の釦を外そうと視線を下ろした時です。長谷川さんから厳しい声が飛んだのです。
「いつものように、女王様然としてこちらを見るんだ。できるね、祥子。」
わたくしは改めて背筋を伸ばし、凛と表情を引き締めて・・・長谷川さんを見つめ・・・そのまま釦を外していったのです。
全ての釦を外した肌触りの良い超長綿のメンズシャツは、わたくしは白い肩から滑り落ちてゆきました。
暖められているとはいえ直接素肌に触れる馴染みのない空気に、わたくしはさっと肌が粟立ちました。

「きれいだ。本当に祥子の白い肌には濃い色のランジェリーがよく似合う。」
長谷川さんは立ち上がると、室内にいくつか置かれた工事用の照明を直接わたくしに向けられたのです。
強い光は熱を含んで、わたくしの肌を真っ白く浮き立たせました。
「まぶしいわ。あなたが・・見えない。」
言葉通り、わたくしの視界は指向性の強い工事用の照明に白く霞み、長谷川さんの姿を見失っていたのです。
わたくしは一人きりにされたような心細さと、ランジェリーだけの姿の羞恥心から思わず胸元を腕で覆ってしまったのです。
「隠そうとするんじゃない!」
長谷川さんの強い声に、わたくしはふたたび腕を最初のように身体の側面に垂らしたのです。
ペルシャ絨毯は黙々と自動演奏を続けるピアノの音と相まって、長谷川さんの靴音を完璧に殺しておりました。
まっすぐ前を見つめ続けるわたくしの視界は、強すぎる光に遮られてあまりの眩しさにいつの間にか軽く瞳を閉じていたのです。

しゅるっ・・・・ 
かつて聞いたことのある音が左のソファーのあったあたりからいたしました。
あれは、縄を捌く音でした。
しゅっ・・・しゅる・・ 
長谷川さんは以前お逢いした時も綺麗に縄を束ねて、管理していらっしゃいました。そして、それを使うときだけ束になった縄を解き、二つ折りになさるのです。

「お仕置きだよ。祥子。」
長谷川さんが明かりの中から姿をお見せになったとき、彼の手には2本の黒い縄が握られておりました。
「おねがい・・おしおきは・い・や・・・」
猿臂を伸ばすと、後ずさるわたくしから掛けたままになっていた眼鏡を取り上げたのです。
一旦ピアノの譜面台にツルをたたんで置くと、大きな歩幅で一気にわたくしとの間合いを詰めました。
「手を貸しなさい。」
長い1本の縄を肩に掛けると、もう一本の縄の二つ折りにした輪の部分を持ってわたくしに近づかれたのです。
長身の長谷川さんが持っていても、縄尻は彼の黒革のブーツによりそって蛇のようにとぐろを巻いているようでした。
「ゆるして・・」
それほどの長さの縄でどのような拘束を科せられるのか・・・わたくしは恐怖心からまた一歩後ずさったのです。
この限りある空間から逃れることはできないと解っておりました。それでも、お仕置きだと口にされるこの方に素直に従うことは・・・できなかったのです。
「あっ・・・」
「手間の掛かるお姫様だ。」
あと一歩、間合いを取ろうとわたくしが思ったのと、長谷川さんの大きな手がわたくしの手首を掴み取ったのは同時でした。
瞬く間に黒い縄はわたくしの手首の5センチほど上に回され、必要以上に引き絞られない様にと縄止めをされたあと力を分散するかのように二本取りのまま3度巻き付けられたのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
工事用の仮設照明は、硬質な光の矢を放つものです。
決して柔らかく包んでくれることはありません。
祥子さんの躰の隅々にまで、その矢を射込んでくる筈です。
手に絡んだ縄を、長谷川さんがどう捌いても、祥子さんは毅然と受けて下さいね。
縛り手と受け手の息の合った演技が、この舞台を引き立てます。
かぶりつきで、見せて貰ってますよ

2007/01/14 09:10| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
おはようございます。
工事用の投光器の明かりは、なんて・・・硬いのかと思ってしまいます。
そしてなぜか粒子のように思えてしまうんです。なぜなのでしょうね。
長谷川さんの縄・・・避ける事など出来ないと解っても嬉々として手を伸ばす事はできなくて。
信じている方でもやはり一歩下がってしまうんです。

2007/01/14 09:28| URL | 祥子  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/01/14 14:18| |   [Edit]
言葉では拒否しつつも先の展開を促し待ちわびる。

互いの本性を露にするというのはこんなにもどきどき
するものなんですね。

2007/01/14 16:05| URL | eromania  [Edit]
eromania様
身体でも心でも・・・露にするのは簡単にはゆきませんもの。
するんって、なんて言う事もなくオープンにされたものに、真実の<露>が存在するかどうかはまた別ですから。

2007/01/14 16:17| URL | 祥子  [Edit]
手首に縄が巻かれていく・・・それをじっと待っている・・・
縛られたらもう抵抗できない・・・何をされても・・・
祥子さんと長谷川さまの息遣いが聞こえてきそうなシーンです・・・・((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪

あっ・・・わたしの描くSさまって・・・酷いだけかも・・・
あくまで脇役になってしまいます・・・
もっと素敵に描けたらいいなって思いますφ(^∇^ )

2007/01/14 20:20| URL | 悪夢☆  [Edit]
悪夢様
縄が触れればもう抵抗できませんものね。
拘束具と違って、緊縛に時間のかかる縄。
だからこそ、悪夢様のおっしゃるように長谷川さんと共有できる時間と空間が出来上がるのかもしれません。

悪夢様のブログはきっとそれだけMの女性たちが素敵なんですわ。


2007/01/14 23:29| URL | 祥子  [Edit]
縄の魅力
 パタン、しゅるしゅるしゅるしゅる・・・・・・。
最初のひとまきの前の縄を捌く音が
もうすでに、縛られる前に私を捕らえてしまっています。
手首を握られてくるりと縄が巻かれ
肌の上を縄が滑っていき
ぎゅっと締め上げられる瞬間。
相手の目の中にさやかを欲しがっている事を
確かめたくなってしまいます。

2007/01/15 04:02| URL | さやか  [Edit]
差し出す快楽
暴力的な拘束のための縄ではなく、行為のための緊縛は括っている時間すら交わっているのと同じなのかもしれません。
でも、Sの方はとても冷静で・・・・冷静だからこそ安全でもあるのですが・・・愛の欠片を探そうとしても見つけられなかったりしてしまうんです。
この瞬間には・・・


2007/01/15 07:53| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)