FC2ブログ

黒衣の情人 12

「ぁっ・ぁあっ・・・」
右手も同じでした。
白く薄い内側の皮膚の上を長い縄が走ってゆくときの、肌を焼くような摩擦熱も・・・長谷川さんの力強い縄さばきだと格段に熱が宿るようでした。
手首を括るだけのことなのです。
使われた縄もただの黒の綿縄でしかありません。
なのに長谷川さんの縄は、まるでわたくしに幅広の黒革の手錠を巻いた様に、美しいフォルムを見せていたのです。

「こちらにおいで。」
長く垂らされた縄尻を拾い上げると、長谷川さんは片手にまとめてわたくしを窓の近くまで、柱1つ分だけ歩かせたのです。
真紅のスリップの裾は、普通にしていても辛うじてガーターストッキングの留め具を隠すほどの丈でした。
その下に秘められたままのマットブラックのレースのブラもTバックも・・・長谷川さんは何一つ乱そうとはなさいませんでした。
まるで紅いスリット入りのミニドレスを身に着けて長谷川さんと街中を歩いているだけのように、わたくしは背筋を伸ばして一歩を踏み出したのです。
一歩、また一歩。
膝を曲げることなくすいと伸ばす脚元からは、いつしか不用意に大きな音が響いてまいりました。
コツ・・コツ・・ もうわたくしの足元には、あの瀟酒なペルシャ絨毯はありませんでした。
打ちっぱなしのコンクリートの床をハイヒールが進んでゆくのです。
ジャズ・ピアノの音が響くだけの・・・地上の騒音も届かない空間に、自分自身が立てる大きな音は、まるで・・このはしたない姿を見てください・・・と哀願しているかのようでした。
「そのまま、窓に向かって立ちなさい。」
「・・・はい。」
歩みを止めることが出来て、わたくしはほっといたしました。
長谷川さんの声に促されるままに、わたくしは大きな一枚窓へと身体の向きを変えたのです。

既にわたくしは両手に縄を掛けられておりました。
長谷川さんなら、わたくしにあと1~2本の縄をかけてここに吊るされるおつもりなのでしょう。
望月さんとは違う・・・長谷川さんの厳しく・強い縄はわたくしのはしたないM性を引き出すスイッチでした。
肌の上を縄が走って灼くような痛みを与えられたり、神経や血管を圧迫しないように細心の注意を払いながらもぎりぎりまで締め上げるその縄は、わたくしに甘えや媚びではない真の哀願をさせるだけの力を持っていたのです。
縄の食い込む痛みと拘束されて身動きできない身体と心をこの方に嬲られて、羞恥に悶えるわたくしの様をご覧になるのが・・・快楽系のSだとおっしゃる長谷川さんがお好みになる行為の一つでした。

工事用照明が交錯する真っ暗な空間を透かし見れば、天井の剥き出しになった鉄骨の梁が、そこだけは先ほどまでの空間よりも幾分低めに渡されておりました。
「・・っ」
長谷川さんは手首を括った縄尻を、柱と梁のわたくしからは見えない交点へと投げ上げます。
落ちて来た縄端をするすると引くと、わたくしの左腕を真っすぐに斜め45度に引き上げ、柱に数回巻きつけて縄端を留めました。
「んっ・・・」
右手の縄は左手よりも強く・・・ハイヒールの踵がほんの少し床から浮き上がるほどに引かれてから丹念に結び留められました。
これで終わりではなかったのです。
再び左手の縄が解かれ・・・右と同じほどにきつく引き上げられて・・・わたくしは、黒のハイヒールでつま先立つ様に立たせられたのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
綿ロープは
肌が焼ける感じがするんですよね。
この間軽くなのに縛られたとき・・・(*ノェノ)キャー

2007/01/15 16:07| URL | トン  [Edit]
こんにちは。
早いものでもう15日です。最近1日が早く思えるのは私だけでしょうか? その慌ただしい中でも時に急かされる事なく、まったりと一人で物思う時を持ちたいものですね。
さて、縄が登場しましたが、祥子さんの白い肌を染める縄化粧では無く、お仕置きの拘束具ですね。
祥子さん、信頼されてる長谷川さんですが、まだ完全に堕ちていないご様子、心中複雑でしょうね。
いっそ全裸で緊縛されて素を飛ばせたなら、まだ厳しいお仕置きにも耐え凌ぐことも・・。
被虐のヒロインとして舞い踊る祥子さんの姿が目に浮かびます。                ・・縄指導・・


2007/01/15 17:23| URL | 縄指導  [Edit]
Y字型に吊られたのでしょうか。
思いっきり引き上げられても、祥子さんの胸なら、まだ豊かに盛り上がっているのでしょう。
ハイヒールを脱がされると、辛くなりますね。

2007/01/15 19:50| URL | masterblue  [Edit]
ハイヒールの爪先立ち…このぎりぎり感が縄捌きの
確かさを伝えてくれます。

ぎりぎり…できそうで実は難しい。

2007/01/15 21:53| URL | eromania  [Edit]
縄を手にした長谷川さんに・・・
多くの方が魅了されているようです。
魅力的なのはクールに縄を捌く長谷川さんでしょうか。
それとも・・・縄を掛けられているわたくしでしょうか。

トン様
ご経験になられたのですね。
肌を走るあの熱感は、経験なさらないとわからないものですね。

縄指導様
わたくしも一日が早く過ぎるのは縄指導様と同じです。
前回は、様々な姿態に括られたので今回も同じ様にされるのかと思っていたのです。
でも・・・こんな理性の残っている状態に吊られるからにはなにか訳があるのだと思います。
いったい、なにをお望みなのでしょうか。

masterblue様
おっしゃるとおりの姿にさせられてしまいました。
ハイヒールは履いたままにしてくださいました。
その理由は、床が打ちっぱなしの荒れたコンクリートだからのようです。
そうでなければ、この姿勢のままつま先からどんどんストッキングが伝染していってしまうことでしょう。

eromania様
ぎりぎりにゆるみのない様に縄を引き・留める。
その技術は独特のもののようです。
わたくしのこの姿を・・・長谷川さんはどんな思いで見つめてらっしゃるのでしょうか。


2007/01/15 23:40| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)