FC2ブログ

黒衣の情人 17

「そうか。それなら次にしなくてはならないことはわかっているね、祥子」
鞭打たれた痕が身内に運ぶ甘い痛みが、わたくしの表情に切なさを付け加えていたのかもしれません。
やさしくさすって下さっていたわたくしの両手を、長谷川さんはご自身の両膝に導き・・・そうなさってから、ゆったりとソファーの背に上体を預けられたのです。
「さぁ、祥子。しなくてはならないことを、僕の命令なくては出来ないような女じゃないはずだね、君は。」
「・・・はい。」
わたくしはしどけなく横座りにしていた脚を、揃えて引き寄せました。
ハイヒールの足を立ててその踵の上に腰を下ろします。
鞭の響きがまだ微かに残る上体を真っすぐに引き上げました。

そして・・・両手を長谷川さんのセーターの裾に伸ばしたのです。
黒の肌触りのいいカシミアのセーターの裾を少しだけたくし上げ、スラックスのベルトに手を掛けてから、改めて長谷川さんの目を見上げたのです。
それでいいんだ、と言う様に長谷川さんは大きく頷いてくださいました。
シルバーのシンプルなバックルのベルトを外し左右に垂らします。
前カンを引き開け、少しだけファスナーを下ろして奥釦を外します。
スラックスの中へ滑り込むわたくしの指先には、もう長谷川さんの熱い塊が触れました。
ファスナーを全て下ろし、黒のボクサーパンツのたった1つの前釦を外して半分だけ昂った塊を眼の前へと引き出すと、すぐに瞼を伏せて・・・わたくしは唇を手の中の塊へと被せてゆきました。

これほどに沢山の方達に可愛がっていただいた経験をもってしても・・・わたくしはこの様な明かりの中で男性の塊をまじまじと見つめることが出来ませんでした。
愛することが嫌いなわけではありません。
指で・手で・唇で・舌で・乳房で・脇のしたで・頬で・乳首で・・・太ももで・ヒップの深い谷間で・花びらを包む丘で・・・そしてもっと奥で・・・わたくしの全てを使って、熱く欲して下さる塊を愛し満足していただくことはとても幸せな一時なのです。
男性の方が望まれるだけのことをして差し上げられる熟した年齢になった今でも・・・なんと言ったらいいのでしょう・・・男性そのものであるその器官を見つめることは、わたくし自身をバージンの時と変わらない羞じらいの中心に引き戻したのです。
そう・・・まるでわたくし自身を視姦されているかのように。
見つめているはずなのに、見つめられるのと同じだけの羞恥を与えたのです。

たとえば、ほとんど照明を落としたホテルのベッドの上でしたら、あまり意識することもなく熱くひくつくこの塊を受け入れたことでしょう。
でも、ここは内装工事すら済んでいないビルの中なのです。
いまだにジャズを奏で続けるピアノの側で、衣服を脱いだ時にソファーの近くにあった照明の向きは変えられたままでした。そのせいでいまは、広い空間を縦横に走る幾つかの照明の光軸からもれた仄かな明かりだけが、それでもひどくあからさまに長谷川さんとわたくしを包んでいたのです。
わたくしは、長谷川さんが口づけてくださったのと同じ様に・・・彼の塊の先端に唇を彷徨わせ、舌先をちろちろと這わせることからはじめました。
「石塚Jr.にもこんな風にしてあげるのかい?」
れろれろ・・・ わたくしは言葉では答えませんでした。
否定の意味を込めて首を横に振ると同時に、舌先に唾液を乗せすべすべとした先端の中央を嬲る様に這わせたのです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
どんなに親密な間柄になろうといつまでも恥じらいを忘れない…これってポイント高いですね。

男心を掴んで離さないと思います。
女心はどうすれば…なんて考えたりして(笑)。

2007/01/20 18:49| URL | eromania  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/01/20 21:11| |   [Edit]
こんばんわw
コメントありがとうございました♪
あたし、SEXのときは恥ずかしくてあまり見れませんが
終わった後とかお風呂だったら
穴が開くほど見つめてしまいます(赤面)
だって、自分にないものだから珍しいんだもん。。。

2007/01/20 21:40| URL | ひなた  [Edit]
雪になるような寒空ですね
みなさまは今宵、暖かく過ごされておりますでしょうか。

eromania様
ふふふ、やはり男性はそういうものなのですね。
女心は人それぞれだと思いますわ。
わたくしは・・・こちらをご覧になって研究してみてくださいませ♪

ひなた様
コラボ企画でお忙しいなか、お立ち寄りくださってありがとうございます。
わたくしのブログはお写真ではないので、参加出来ない分いつもひなた様のブログにお邪魔してはふむふむ・・・と楽しませていただいております。
またこちらにも、お越しくださいませね。

2007/01/20 22:24| URL | 祥子  [Edit]
朝のまどろみの中と言うのなら別ですけれど、あからさまな光の中で…と言うのはなかなか慣れませんでしたね。
だめですね。羞恥心が麻痺してきて…。
”恥じらいを忘れない心”肝に銘じておかなくては…。

2007/01/20 23:53| URL | るり  [Edit]
いよいよ
握られ

含まれて・・・・・・

おとこの熱さと力強さを感じさせるために

握らせて

含ませる


男にとっては征服する喜びです

2007/01/21 02:49| URL | くろす  [Edit]
冷たい朝・・白い明かり
るり様
>慣れませんでしたね。
過去形でらしたんですね。
いまは、何の躊躇もなく好きな方の身体に手を伸ばし愛でることができる・・・というのも幸せな大人の愛の形の1つなのでしょうね。
わたくしは長い結婚生活の間ですら、とうとうその境地にはいたれませんでした。

くろす様
男の方は何度でも征服し続け・女は何度でも征服され続けるものなのかもしれません。
お逢いする度に一から征服されることを望むわたくしは・・・男の方にとって価値があるのでしょうか?それともただの手のかかる女でしかありえないのでしょうか?

2007/01/21 09:39| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)