FC2ブログ

黒衣の情人 20

わたくしはソファーの前に・・・長谷川さんの足元に跪いていたそのままの場所に、両手で胸元を押さえたままでゆらり・・と立ち上がりました。
「お仕置きが堪えているようだね。」
髪は長谷川さんの手で乱されたままでしたが、鞭の痕の痛みはまだ残っておりました。
いつもなら、痛みを痛みだけでわたくしに与えることを長谷川さんはなさいませんでした。あくまで気の遠くなるほどの快楽の代償か、淫楽と共に溶かし込む様にして与えられるのはずなのに・・・今回だけはどうもその不文律も違うようなのです。
<お仕置き>は正にその言葉通りのようにわたくしに与えられたのでした。

「手を下ろしなさい、祥子。」
険が有る訳ではないのに、有無を言わせない強い声が飛びます。
わたくしは、辛うじて胸元を覆っているサテンとレースから手を離したのです。
ファ・・サ・・ 足下に、真紅の花びらを散らしたようにランジェリーは落ちてゆきます。
痛みとご奉仕を差し上げる事しか許されていないはずなのに、わたくしのGカップの先端は明らかな悦びの印をあらわしておりました。
「ますます熟してきたようだね。綺麗だよ、祥子。」
ソファーに腰掛けたままで、長谷川さんは羞恥に揺れるわたくしの白い乳房を見上げながらそうおっしゃいました。
先ほどまで、わたくしの口唇の中で猛々しく昂っていた塊は、もう元の装いの奥に隠されていたのです。
「後ろを向いてごらん。」
わたくしは、その場で長谷川さんに背中を向けたのです。
ひりつく鞭痕が両肩から滑らかな白い背、Tバックのパンティのせいで剥き出しになったヒップの丘、ストッキングの上の剥き出しの太ももまで赤く這っているはずでした。
「すまないね。しばらくはパーティドレスは着られないな。まぁ、夏じゃないからいいだろう。祥子のその身体なら、剥き出しの肌よりも首もとまでぴったり覆ったシルエットのドレスでも充分にそそられるだろう。ドレスをこの手で引きはがしたくなる、今夜のスーツスタイルみたいにね。」
「ぃゃぁ・・・」
長谷川さんの視線が、鞭痕を這うのがちりちりした痛みで解る様でした。左の肩先からウエストのガーターベルトを通ってストラップ添いにヒップの丸みの下へ・・・そしてストッキングに区切られた反対の太ももへ・・・。
見られることでわたくしはまた・・痛みが身体の中へ疼きとなって溜まってゆくようでした。

「祥子。」
「はい・・」
ソファーに座っているとばかり思っていた長谷川さんの声が、思いがけず近くでして・・顔だけを振り向かせたのです。
「あぅ・・・」
微かに動いた左肩に合わせて揺れた左腕を、次いで右腕を後ろに捻り上げられたのです。
「動くんじゃない。」
わたくしの足元に流れるように落ちたのは・・・麻縄・・・だったのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
こんばんは^^
すごく冷静で礼儀正しくて・・そんな長谷川さまって素敵だって思いますヽ(^◇^*)/
そして・・・このつぎのプレイにうつるインターバルもドキドキします・・・次は何をされるんだろうって((((o゜▽゜)o)))
わたしの小説のSさまも長谷川さまくらい素敵だったらなっ・・・もっとがんばれ・・・って・・・σ( ̄◇ ̄;) ワ、ワタシ?

2007/01/23 22:08| URL | 悪夢☆  [Edit]
こんばんは。
相変わらずの毎日更新、頭が下がります。

お仕置きの最中なのですね。
麻縄の登場で続きがますます楽しみ。

話は変わりますが、今日、雪がちらちら舞っているのを
見ました。なんとなく祥子さんを思い浮かべてしまいました。
正確にはサイト・文章から思い浮かべた勝手なイメージですけど。

淑やかに
零れ舞う雪
君浮かぶ

お粗末でした(^^ゞ

2007/01/23 22:27| URL | えいと  [Edit]
ちりちりと突刺すような視線の痛さと鞭痕、どちらが痛むのでしょうか。

痛みはやがて甘く疼く…うーん深いなあ。

2007/01/23 22:41| URL | eromania  [Edit]
曇り空の朝
このところ春の様な日差しの日が続きましたが、今日は思わぬ曇り空です。

悪夢様
長谷川さん・・・登場回数があまり多くないせいもあってあまり人気も高くないのですが、素敵な魅力的な男性ですよね。
以前にあるSの方が『Sはね、冷静でなくちゃいけないんだよ。危ないからね』とおっしゃっていらしたことがあります。
長谷川さんのクールさはまさにそれ・・・なのでしょうね。
悪夢様は魅力的な女性が書けるのですから、きっと魅力的なS男性も書けますわ。

えいと様
街でも雪の便りが聞かれる様になりましたね。
コートの肩にふんわりと乗った雪の結晶が綺麗に見えた時、子供の様ですがとても嬉しくなってしまいます。
素敵な俳句ありがとうございます。
ふと、そんな風に思い出していただけるなんて、わたくし幸せものですわ。

eromania様
痛みは・・・それが衝動的な暴力ではなくて・・・計画的に与えられたものであればあるほど、後に染み渡るような感覚を与えてくれるものです♪

2007/01/24 09:02| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)