FC2ブログ

黒衣の情人 21

左右の手首を重ね合わせて二つ折りにした麻縄を掛けて括ってゆきます。綿縄とはちがう・・・しくっとした痛みが手首に走ります。
吊って鞭を打ったわたくしの手首を心配して下さった長谷川さんなのです。先ほどと少しだけ違う位置を縛り上げておりました。
「ぁぁっ・・・」
「動くんじゃない。」
後ろ手だけかと思っていた縄が、胸元に回って来たとき思わず声を上げてしまったのです。鞭でひりつく背を麻縄が走る痛みもさることながら、柔らかく白い肌の上をしゅっと・・・強く引かれる麻縄は想像以上の痛みを与えるのです。綿縄のような一瞬の熱感ではなく、ほんの少しの動きでも小さなとげに刺され続けるような感覚が続くのです。
マットな黒のガーターベルトとストッキング・Tバックにパンプスを履いただけの姿のわたくしは、高手小手に縛り上げられておりました。
長谷川さんの麻縄は、練られ・鞣され・・・わたくしの身体をしなやかに括り上げておりました。麻独特の色合いは肌に溶け込み、まるでわたくしが自らの意志で腕を後ろに回し・・・淫らなGカップの乳房を突き出しているかのように見せました。

「麻の感触はどうかな。」
「ちくちく・・します。」
「ふふ、そうか。祥子の肌には刺激的過ぎたかもしれないな。それとも初めてではなかったかな?」
締め具合を確認するように長谷川さんは縄とわたくしの肌の間に指を入れようとなさるのです。
くい・・と引かれるたびに、ちりちりと肌を刺す痛みがわたくしを責めます。
「ちがい・ます・・はじめてです」
「見た目で言えば、やはり黒か赤が祥子のこの淫らな身体には似合うな。」
「あぁ・・ん・・ゆるして」
伸ばされた長谷川さんの手が縛られたことで一層前に迫り出したGカップの乳房の先端の鴇色の蕾をつまみ上げるのです。
「縄が好きか?僕以外の男に縛られて、縄酔いするほどに開発されたか?」
びくっ・・・わたくしは身体を震わせてしまいました。
他の男性・望月さん・・・に幾度となく縛られて晒した痴態まで知られていたような・・・そんなことなんてあり得ないのに・・・気さえして怯えました。
それに・・・縄酔いする身体になっているなんて信じられません。
縄を掛けられて強引に取らされる淫らな肢体に羞恥を覚えても、縄の感触自体に感じるなんて・・・そんなはしたない身体になっているなんて思いたくもありませんでした。
「長谷川さん以外の方に縛られるなんて・・・」
「ないか?縄の心得がある男なら祥子のこの身体と従順な態度を見れば、縄掛けしたくてうずうずするはずだ。」
「・・・そんな。」
「そんな?」
「わたくしは、そんなに節操のない女じゃありません。」
「そうか。ずっと逢わなくても僕の縄を覚えていてくれたということなのか?こんなに。」
「あぁぁっ・・」
羞恥によりあわせたふとももの狭間へ・・・Tバックごしに透けて見える茂みの中の真珠へ長谷川さんは指を差し入れたのです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
麻縄は
動くたびにキシキシいうあの音たまりません。
綿ロープのように緩みも締りもしない。
そのままの状態のキープには麻縄ですねぇ。
きつく縛られたら最後まで・・・(∇〃)。o〇○ポワァーン♪

2007/01/24 10:54| URL | トン  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/01/24 14:17| |   [Edit]
縄酔い
 くすくす・・・「はしたない」?
ちょっぴり憧れてしまいますけど。
縄酔いするくらい上手な縛りになってもらいたい・・・。
今年は、その辺りをだんだんと・・・・。
(こっそり、洗脳したい(^.^; )



2007/01/24 18:17| URL | さやか  [Edit]
縄の感触をカラダが覚えている…縄酔いするカラダ。
計算されつくした計画的な痛みを施す…。

うーんいいコメントができない(笑)。力量と経験不足
が露呈されますねえ。

2007/01/24 21:52| URL | eromania  [Edit]
上手な縛縄師に縛られて、縄酔いしている方を見たことがあります。
全てを委ねて縛られ、吊るし上げられる…。目を瞑り、身体を預ける。
解かれた後、本当にくにゃくにゃの身体になっていました。
一度、吊るされたい…とも。
でも、私は重いから。やはり重いと身体に負担がかかるそうですものね。

2007/01/24 23:29| URL | るり  [Edit]
そう言えば・・・
今日、夕方の外出をしながら<夕焼け>を最近見ていない事に気づきました。
わたくしがそのタイミングに外出をしないのか、<夕焼け>そのものがないのか・・・。
『東京に空がない』と詠まれた詩をふと思い出してしまいました。

トン様
麻縄と綿縄の違いを身体でご存知なのですね♪
戒様のお手並み・・・一度見せていただきたいものですわ。
いくら鞣しても、麻縄には独特の感覚がありますね。

さやか様
『今年の目標』ですね♪
縄酔いするまで・・・ん~~たしかに緊縛する方の技術もあるかもしれませんが、縄テクニックだけの問題じゃないかも。
お二人でぜひそのところをとことん極めて下さいませ♪

eromania様
経験が全てではないと思うのですが・・・でも、知らないと想像もできないということもございます。
(といって、こちらに書かれている事が全てわたくしのリアルな経験だとは限りませんけれど(笑))
でも、想像してください。
たとえば、夏の麻のスラックスを穿いた時に、膝の裏の柔らかい肌にちくり・・・とするあの感覚。
ふふふ・・・そこから想像してくださいませ。

るり様
吊りは、技術です。
身体に負担をかけないように、加重ポイントを正しく分散させること。負担を掛けることのできる適切な場所を知っている事。過不足ない縄を掛けられる事。そして、吊るための最適な設備を有していること。
ある意味、緊縛と吊るしは時間との勝負でもありますから・・・これらの条件が必要になります。
全て揃えば、るり様でしたら決して不可能なことではありませんわ。

2007/01/24 23:54| URL | 祥子  [Edit]
縄酔
ああ、麻縄縛られていくときの感覚が体に蘇えります。「しゅっしゅっしっ」と音がして、体がぎしぎしに縛られていく感覚でいっぱいになりました。縄にても吊りにしても、信頼関係があってこそ、身を心を委ねることことができる行為ですから、そこにいっぱいの愛があふれ出るわけですねっ。


2007/01/25 03:32| URL | M破門中  [Edit]
M破門中様
ありがとうございます。
読んでいただいて、感覚が蘇ると言って頂けるなんて書き手としては最高の賛辞です。
信頼関係・・・というのは勿論のことですが、それに見合う技術や知識がないとしてはいけないのも事実。
その技術を磨く労を厭わないことも、愛していただいている証かもしれません。

2007/01/25 06:53| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)