FC2ブログ

黒衣の情人 25

「祥子は本当に胸が弱いんだね。ああ、もう下の踏み段まで滴っているよ。」
ぽたっ・たっ・・・ 「ぁぁ・・・みない・で・ぇぇ・・」
左右の乳房を同時に同じタッチで嬲られるのは、美貴さん達と共に過ごしたときくらいしかあり得ないことでした。
いまは、水が・・・そのあり得ない感覚を再現してゆくのです。
ぽたっ・・・ 「ゆるし・て・・くだ・・さぁ・いぃぃ・・・」
「何を許すんだい?祥子」
ぽたっ・・・ 「おねがい・・もう・・あぁぁ・・・だ・めぇ・・」
「まさか水滴で逝ったりしないだろうね。」
ぽたっ・・・ 「あぁ・・・おねがい・・ぃぃ・・」
「何がお願いなんだい?」
ぽたっ・たっ・・・たっ・・ 「みず・・を・・とめて・ぇぇぇ・・」
「だめだね。祥子が嘘ばかりつくからだろう。」
ぽたっ・・・・ 「ついて・・ぁあ・ん・・ないぃぃぃ・・・」
「いや、ちゃんと答えるまでは許さない。」
ぽたっ・・・ 「あぅ・・・」
「僕の手を離れている間、誰に調教された?」
ぽたっ・・・ 「されて・・ま・せん・・んぁぁ・・・」
「それなら、なんで鞭や縄にこんなに感じるんだ?」
ぽたっ・・・ 「はぁぅ・・・」
「祥子が淫乱なMだからか?」
ぽたっ・・・ 「あぅ・・・ちが・・ぅ・・」
「そうか、違うのか。だったら他の理由があるんだろう。ノーマルの女なら泣き叫ぶだけの責めに感じるほどに身体が熟しているわけを聞かせなさい。誰に調教された!」
ぽたっ・たっ・・・ 「ごしゅじん・さま・だ・け・・・」
「本当なのか?」
ぽたっ・・・ 「ほん・・とうぅぅ・・です・・あぁ・・」
「見られるだけで、鞭打たれるだけでぐっしょり濡らすのはどうしてなんだ。」
ぽたっ・・・ 「あぅ・・・しょうこ・が・・えむ・だから・ぁぁ・・」
「Mなだけじゃないだろう。」
ぽたっ・・・ 「ぁぁ・・いん・らんな・・えむ・だから・・ですぅぅ・・」
「よく、こんな熟した身体で今日まで我慢出来たものだ。他の男に満足させられてたんじゃないのか?」
ぽたっ・・・ 「ご・しゅじん・・さま・だ・からぁぁ・・・・」
「ん?はっきり言いなさい。祥子。」
ぽたっ・たっ・・・ 「ごしゅじん・さま・に・・かわい・がられたかった・・んで・・すぅぅぅ・・・」
ぽたっ・・・ 「ぁぁ・・ゆるし・・てぇぇ・・」
水滴の落ちてゆく余韻さえわたくしの身体の芯を揺さぶるのです。
「水滴に嬲られて祥子は逝くのか?」
ぽたっ・・・ 「はぁぁ・・・い・くぅ・・・」
今度立て続けに水滴に襲われたら、わたくしはもう快感を堪える術を持ってはいませんでした。
「ちゃんとお願いしなさい、祥子。」
ぽたっ・・・ 「ぁっ・・ごしゅ・じんさまぁぁ・・すいてき・・で・・いくぅ・・いんらんな・・しょうこを・・・おゆるし・・くださ・・い」
「よし、逝け!祥子。」
ぽたっ・たっ・・・たっ・・・・ 「い・・くぅぅぅぅ・・・」
ぎしっ 麻縄が上げる大きな軋みと共に、わたくしは胸を反らせて水の拷問に達してしまったのです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
痛みと快感がひとつに融合して調和するとき、
筆舌に尽くしがたい快楽の刻(とき)が訪れる
のでしょうね。

知りたいような知りたくないような不安感…。

2007/01/28 15:58| URL | eromania  [Edit]
胸に水滴を当てられただけで、逝ってしまったのですね。
長谷川さんの執拗な追及のためでしょうか。

祥子さんのGカップを、ピアノを弾くように指先でタッチし続けたらたらどうでしょうか。
どんな音で鳴ってくれるか、いけない想像をしています。


2007/01/28 22:24| URL | masterblue  [Edit]
達してしまった瞬間に・・・
eromania様
知ってしまうまでは、不安しかないです。
が、知ってしまえば知る前には戻れません。
eromania様、本当の不安は・・・戻れないことなのでしょうか。

masterblue様
お恥ずかしいですわ。
水そのものの衝撃だけでないことは、もうmasterblue様には気付かれてしまっているようですね。
言葉の魔法、ですね。

masterblue様の指先は、どのくらいわたくしを狂わせるのでしょう。
ピアノになってみたいと、いけない欲望に囚われてしまいそうです。

2007/01/28 23:40| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)