FC2ブログ

黒衣の情人 32

「さぁ、どんなお仕置きをしようか。」
「ゆるして・・ください・・」
「玩具を何本飲み込めるか試してみるか?」
「だめ・・でき・ない・・・」
長谷川さんは、男性の形を模したものだけでも十数本もの玩具をお持ちでした。以前は順番に太さと長さを増してゆくものを1本ずつ飲み込まされたのです。
それでも、後半はわたくしの中を一杯に満たしてしまうほどに大きいものがいくつもあったのです。試さなかったものの中には、わたくしでさえ飲み込むことのできない大きさのものもあるとあのとき既に聞かされておりました。
なのに・・・それを一度に数本もなんて・・・不可能です。
「いや、窓に貼付けることのできるディルドーがあったな。照明を付けた窓に貼付けて立ちバックの姿勢でそれを祥子の奥まで出し入れさせようか。百回がノルマだな。」
「あぁぁ・・・そんな破廉恥なこと・・・だめ」
明かりを点ければ、わたくしの姿を見られてしまうかもしれません。なのに窓に向かって・・・秘部を全て曝け出してディルドーを自ら飲み込む。それも百回も。
あまりの破廉恥さに、わたくしは気が遠くなりそうでした。
「鈴をここに付けて・・」
「あっ・・」
再び強い指の力で乳首をつまみます。
「鈴の鳴った回数で数えればいいな。」
「いやぁぁ・・・」
「どれもだめなのか。それじゃ、いままでまだ一度も祥子にしてないことにしよう。」
「おねがい・・ゆるして・・・」
いままで、したことのないこと。
未知の行為に理由のない不安がわたくしを襲いました。
「祥子の身体は素直だね。本当に怖い事にはこの柔らかい身体がきゅっと堅くなる。そんなに怖いかい?」
「・・・はい。」
一通り・・・多分Sと言われる方が好まれる行為はこの方からは仕込まれておりました。これ以上のことは・・・想像もできませんでした。
「僕が祥子が本当に嫌うことをした事があったかな?」
「・・・いい・え。」
「じゃ、どうすればいいのかわかっているね、祥子。」
唇を重ねて、はじめてのお仕置きの恐怖におびえているわたくしの唇を潤すと、長谷川さんはじっとわたくしを見つめたのです。
「おねがいします。どうか・・・いけないしょうこに・・おしおきを・して・・ください。」
それだけ言うと、わたくしはどれだけ大それた事を言ったのかを思い返して・・・目を伏せてしまいました。これでもう、この後の責めから逃れることなど出来なくなってしまったからです。
「もう暖まったね。それじゃ、出よう。」

長谷川さんに促されて、わたくしはジャズを奏で続けるピアノのところまで、バスローブだけを羽織った姿で連れ戻されたのです。
先ほど押しのけられていた大理石のテーブルが照明の真ん中に置かれていました。
少し離れたところには数本の黒の綿縄がソファーの上に禍々しく置かれていたのです。
「ここに座りなさい。」
長谷川さんが指差したのは、大理石のローテーブルの短辺でした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
今までしたことのないこと…。
eromaniaが今まで見たこと聞いたことのないことが
これから始まる!?

2007/02/04 17:56| URL | eromania  [Edit]
eromania様
ふふふ そんなに未知のことではないと思います。
なさったことはなくても、お聞きになったりご覧になったことはあるかと。
どうぞお楽しみになさってください。

2007/02/05 07:30| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)