FC2ブログ

黒衣の情人 38

「こっちもか?」
「あっ・あ・・ゆるし・て・・・」
今度は手前の乳房を踏みつけたのです。
「ゆるして?こうして僕の足で蝋を落としてるのに?何を許すというんだい、祥子。」
「あぁぁ・・・」
蝋燭の熱で敏感になった乳房は、ぐりぐりと踏みつける長谷川さんの足と自らの肋骨の間で柔肉を握りつぶされているような痛みと、先端を嬲られる快美感に晒されておりました。
固まった蝋を剥がされる軽い痛みの後、わたくしの呻きは次第に淫楽の色を帯びはじめてしまったのです。
「ここもか?」
柔らかな腹部を、長谷川さんの足が踏みつけます。
白いほとんど刺激を知らないわたくしのお腹の上で蝋がぱきっと割れる音がいたします。
「う・うっ・・・」
「ここは綺麗に剥がれる。」
きっと力加減をしてくださっているのでしょう。本気で踏みつけられたらわたくしは痛みで気を失ってしまったかもしれません。
それでも、内臓に埋め込むように繰り出される踵や指先に、わたくしは眉根を寄せ・・・呻きを殺す事ができませんでした。
「祥子、僕の足が気に入ったかい?」
「あぁっ・・・」
蝋を滴らせた場所を全て踏みつけた長谷川さんの足は、わたくしの頬を襲ったのです。
「これで祥子の身体から綺麗に蝋を落とす事ができる。」
「ゆるし・・て・・」
初めてでした。以前、乳房を年若いセフレに踏みつけられたことはありました。
でも、踏む力もそしてかつて踏まれた以外の場所を・・・それも顔を・・・<足>で踏みつけられることも、初めてでした。

「こうして身体に付いた蝋を落とすのに、いつもなら吊るして鞭で打つんだ。」
「いやぁ・・・」
「祥子は今日はもう僕の鞭に耐えたからね、なのに無傷のここや・・」
「あうっ」
顔の上の足が再び乳房を、それも踵で乳首を踏みつぶすように躙るのです。
「やわらかいこんなところまで・・」
「うっくっ」
足裏全体に力をいれて、ぐっと白い腹部にまるで埋め込む様に・・・踏みつけたのです。
「あの細革のバガラワで傷つけたくなかったからこうしたんだよ、祥子。」
「あぁっ」
もう一つの乳房を真上からずん・・と足裏が襲います。そして話しながらつま先から踵までゆっくりと掛けている体重の場所を変えてゆくのです。
「それとも鞭の方が良かったかな、祥子。もういちど蝋を垂らすところからやり直してあげようか?」
「いやっ・・・おねがい・・ゆるし・て・・だめっ・・」
またこの身体に熱蝋を浴び、背中に受けたのと同じ鞭を柔らかな身体の前面の皮膚・・・それもとても感じ易い場所に蝋が落ちるまで徹底して受けなくてはならないなんて、たとえ想像でもとても耐えられませんでした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
言葉や行為は厳しいけれど、優しい想いを抱えているのが伝わってくる…。

冷静でないと深く愛せない。
「冷静と情熱のあいだ」ですね(笑)。

2007/02/10 16:55| URL | eromania  [Edit]
eromania様
冷静と情熱のあいだ・・・それはS男性ならでは、ですね。
ノーマルな男性なら、情熱だけでも充分だと思いますわ。そういう嗜好を持たない男性に冷めた眼で見下ろされるのは、一瞬ぞっとするような想いに駆られるものですから。

2007/02/10 18:29| URL | 祥子  [Edit]
心を責める
柔らかなお腹や、魅惑的な乳房

そして、顔を

冷静に責められるのは

祥子さんの心を握っているからでしょうね。


祥子さんのこころがしっかりと征服されていく。

祥子さんのこころが濡れていく。

2007/02/10 23:48| URL | くろす  [Edit]
くろす様
心を差し出せると思える方だからこその、三たびの逢瀬でした。
踏みつけられる・・・日常では屈辱でしかない行為の持つ不思議な痛みは、くろすさんのおっしゃるとおりにわたくしを変えてゆきます。

2007/02/11 08:24| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)