FC2ブログ

SnowWhite 1

大晦日の午前11時21分。
わたくしは、大きめの荷物を1つ持って武蔵五日市駅の南口に降り立ちました。
年末年始を一緒に過ごそうとご連絡くださった方との待ち合わせのためでした。
最初は都内までわたくしを迎えに来るとおっしゃった方に、中央道の渋滞のなかわざわざお越しいただくまではないと、ここでの待ち合わせをすることに決めたのです。
お約束は11時30分。
まだ新しい感じなのに手書きの駅名看板・レンガづくりのような駅舎がどこかほっとさせる印象を持った駅でした。
南口前のロータリーは、バスやタクシーがぽつりぽつりと・・・左手の奥にある駐車スペースには、帰省する家族を迎えるためでしょうか、何台かの車が停まっておりました。
待ち合わせまで、あと数分。ロータリーを見回しても、心当たりの車などありません。当たり前です。わたくしはどんな車が迎えにくるのか・・・何一つ聞いていなかったのですから。
駅前を吹く風は、暖冬だと言われている東京にあって、山の厳しい冷たさを感じさせるものでした。そう、今年のお正月に訪れた雪の別荘の空気感に似ている・・といえば言えたでしょうか。

1枚革のリバーシブルになったミンクのロングコートの襟を掻き合わせたところで、クラクションが2つ鳴らされて、ミラノレッドのパジェロが眼の前に停まったのです。
「すまない。待たせたかな。」
「いいえ、まだお時間の前ですもの。お手数をお掛けします。」
わたくしが逆らう事のできない、深くて豊かな声は・・・桜の時期からなにも変わっていらっしゃいませんでした。
「あの、荷物は後ろに入れてもいいですか?」
「ああ、そうしてくれ。」
いつものお仕事用のバンは助手さんに運転させている高梨さんが、きっちりとシートベルトを締めて、パジェロの革のシートに収まってらっしゃいます。
わたくしはショートボディのリアドアを開けて、手にしたバッグをリアシートに置き、それから助手席に改めて座りました。
当たり前のようにシートベルトを締めるわたくしを確かめてから、ゆっくりと車を発進させます。
パジェロは駅前のロータリーを右へ、真っすぐに進んでゆきました。

「お元気そうでよかったわ。お言葉に甘えてここまで来てしまいました。」
「うれしいよ。祥子さんとこうして一緒に過ごせるなんて。」
「わたくしの方こそ。こちらは高梨さんの別荘なの?」
「ははは、そんなに優雅なもんじゃないよ。そうだね、どちらかといえば、本宅だ。」
「本宅?」
眼の前を流れる標識には<檜原街道>という文字が見えました。
警察署を過ぎ住宅街を抜けてゆくのですが、道の先には杉の木に覆われた山がそびえているのです。
「祥子さんとは、いつも六本木のアトリエでばかり逢っているからね。ここは、本当の自宅になるんだ。祖父から譲られた土地でね、気に入っている。だけど仕事にはあまりに不便だから、六本木にいることも多くてね。」
「そうでしたの。ご両親もこちらに?」
「いや、いまは弟夫婦と福岡で暮らしている。もうこの年齢で里帰りでもないからね。それに年があければまたすぐに海外生活だ。だから毎年正月はここで過ごしているんだよ。」
「去年もあの第九の後?」
「そう、祥子さんが帰ったあとここに戻ってきた。」
<本宿>と書かれた信号の手前には、大きな檜原村役場の建物と左手に曾ての本陣にあたるのでしょうか・・・立派な和風の建物がありました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
こんにちわ
新しいストーリーがいよいよ始まり、またまた楽しみです♪
過去のお話も、ちょこちょこ読ませていただいてますが、まだ追いつけておりません。
どのお話も、祥子さんの文才が羨ましくなります^^

2007/02/16 10:12| URL | ゆうこ  [Edit]
ゆうこ様
新しいブログのスタート準備に手間取って、ようやく今日からスタートした新しい物語です。
いままでのお話のようにドラマティックに二人きりの時間・・・というタイプではなくて、こう気心の知れた仲の良い夫婦的な時間の過ごし方になりそうです。
それぞれのお話が面白いのは、文才などではなくて、こういう時間のイメージをくださる男性キャラクターのおかげですわ♪

2007/02/16 13:26| URL | 祥子  [Edit]
こんばんは。
久し振りに、冬らしい寒さでした。

今度の年越しは、高梨さんとですね。
どんな年末年始か、楽しみです。
長谷川さんとは一味違う責めに、奥深さを感じています。

2007/02/16 20:30| URL | masterblue  [Edit]
桜の時期から何も変わっていない…このフレーズひとつで思い出すということは少しは通になったのでしょうか。

さて物語の展開も川柳も楽しみ!

2007/02/16 20:49| URL | eromania  [Edit]
和風!
 そうお聞きするだけで
なんだかどきどき・・・・すごーく楽しみです。
さやかも車で迎えに来てくれる人と
どこかにお出掛けしたいなぁ・・・・。
夜のドライブが大好きなんですもの。


2007/02/16 23:44| URL | さやか  [Edit]
子供達が小学生の頃、田舎の無い都会っ子に自然を体験させようと、毎月の様に檜原村へ出かけたのを懐かしく思い出しました。
東京とは思えない鄙の里。
お二人だけで過ごすお正月は、どんな事に…?
楽しみにしております。
川柳の方、早速、エントリーにして頂いて有難うございます。
皆様との交流の場になって、とても楽しいですね!

2007/02/17 00:19| URL | るり  [Edit]
なんだかとってもしとやかな、
大人の時間のはじまりってカンジでどきどきしますね^^
あたしは年くってるくせに騒がしいので
『しとやかさ』を学んで好きな人をびっくりさせてやりたいです(爆)

2007/02/17 02:47| URL | ひなた  [Edit]
まだ武蔵野の面影を色濃く残す界隈が舞台ですね。
この季節なら・・・そらぞらとするほど透き通る静謐のなかにあったことでしょう。
人によっては、寂しい光景と映ることもあるのかもしれないのですが。
あの、清々しくもぴぃんと張り詰めた冷気。
どこか、想いを惹かれます・・・。

2007/02/17 07:52| URL | 柏木  [Edit]
高梨さんファンの皆様、お待たせいたしました♪
masterblue様
SとかMとひとくくりにされてしまいがちですが・・・こうしてお届けすると同じSの方でも風情が違うのが良くわかっていただけると思います。
昨年のお正月とはちょっと違う高梨ワールド、どうぞお楽しみくださいませ。

eromania様
川柳のほうにも投句ありがとうございました。
eromania様も少しずつ淑やかmania様に変化中?(笑)。
暖かくて・剛胆で・・・・少年らしさを失わない、高梨さんとの時間です。
今回はとってものんびりムードですが、ぜひお付き合いくださいませ。

さやか様
ふふふ、和風♪
和風で夜のドライブといえば<夢のかよひ路>でしたが、今回は昼のそれも高梨さんのお家に行くまでの短い間のドライブです。
まだはじまったばかりなのに・・・次回作はドライブにしようかと、ちょっとだけ考えてしまいました(爆)。

るり様
檜原村、行ってみてはじめて森と山に抱かれる時間を実感出来る場所だとわかりました。
川柳にもご参加ありがとうございます。
こちらですと、コメントでのやりとりしかできなくて・・・ああして皆様と交流できるのはとても楽しいです。これからもよろしくお願い申し上げます。

ひなた様
ふふふ、そっと・少しずつお見せになってくださいね。
そうじゃないと機微のわからない男性は『ひなた、今日は元気がないけどお腹でも空いてるのかぁ?』とか言いそうですから(笑)。
パートナーを思いやる仕草から、しとやかにすると効果的かもです。
って・・・淑やかってこうしてお話すると、最終兵器みたいですね(笑)。

柏木様
柏木様の世界なら、きっとヴァンパイアのお邸がどこかの森の奥にひっそりと・・・な感じですね。
夜になると、車道にある街灯だけしかないんです。
ほかは全て暗闇の中。
ふふふ・・・まだ明るい昼の陽の中ですのに、柏木様にコメントしているとついつい夜のイメージになってしまいます。

2007/02/17 10:13| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)