FC2ブログ

SnowWhite 6

「ははははは・・・。この土地の人間とは祖父の代からの付き合いがある。人目に触れる場所であまり無茶なことはできないからね。その分だけ紳士だよ。それに、祥子さんのことはちゃんと迎えたかったしね。」
「ありがとうございます。そう言っていただけるとうれしいわ。それに、キスも。」
向き合う様に身体に腕を回している高梨さんの、二人の唾液で濡れて光る唇に・・・わたくしは左手の中指を這わせたのです。
「はは、ずっと溜めてたからな。そんな思わせぶりなことをするとすぐに襲いたくなってしまう。」
「もう、お食事でしょう。」
「祥子さんを先に食べるか。」
「ん・・だめ。」
駄々っ子のようなキスは、まるでサモエド犬の白雪が甘えるのと同じです。
キスを重ねれば、我慢できるのではなくて・・・より欲望が勝ってしまうことを解ってらして、わたくしの身体をまさぐりながら・・キスを続けるのです。
「祥子さんらしくないな、こんなスカート。せっかくの柔らかな身体が台無しだ。」
そうおっしゃりながら左手は膝丈のスカートを次第にたくし上げてゆくのです。
「お料理・・できなく・・なっちゃう・わ。」
「ああ、それは困る。祥子さんの手料理が食べられると聞いて材料しか買ってない。生野菜だけ齧るのはちょっと寂しいしな。」
「3日間は、あなただけのものです。だから、ね。」
それでも止まらない高梨さんの左手に、わたくしは右手を被せる様にしてそれ以上の淫らな行為を押しとどめたのです。

ふっと微笑んだ高梨さんの眼は、すぐに<しかたないね>というふうに和みました。
「ああ。じゃ、リビングに戻ろう。」
「すぐに行くわ。先に戻っていらして。」
わたくしは高梨さんの足元に落ちたバックを拾い上げ、白いエプロンだけを取り出してベッドの足元へ置きました。
そして、ようやくベッドルームをゆっくりと見回したのです。
いつもお逢いするレジデント棟の生活感のないお部屋とは違う・・・高梨さんらしい暖かさのあるお部屋でした。
木組みの壁や天井のせいもあるのかもしれません。
シンプルなインテリアのセンスにはかわりはないのですが、包み込むような安心感がその部屋にはありました。
「焼きたてのパンが堅くなるまえに、食事にしよう。」
「はい。」
リビングから高梨さんが呼ぶのです。
さきほどまでの駄々っ子がまるで別人のようになった彼の声に、わたくしはベッドルームのドアを閉めて高梨さんの待つリビングルームへと戻ったのです。

キッチンにはシュンシュンと音を立ててお湯が沸いておりました。
テーブルには、何種類かのペストリーと新鮮な野菜サラダが並んでいました。
「飲み物は珈琲でいいかな?」
「はい。あの、わたくしがいたしましょうか。」
「いや、窓側の席に座っていてくれればいいよ。」
床に座卓のような高さに置かれていたダイニングテーブルの足元は、掘りごたつのようなつくりになっていました。
もともと天高のある建物ですが、こうして腰掛ける事で一層空間を広く感じることができます。足元も木で覆われていて、仄かに暖かくさえ感じるのです。
「寒かったら、そこの膝掛けを使ってくれ。」
ペーパードリップ式の珈琲セットのようです。高梨さんは慣れた手つきでたっぷりの珈琲を落としてゆきます。
いつもと違う高梨さんは、ここが彼の真の生活の場なのだということを実感させました。
お湯であたためた2つのマグとサーバーをもった高梨さんが、向かい側に腰掛けます。
「どうぞ。」
「ありがとうございます。」
珈琲は注がれただけで、いい香りが立ち上ります。
「いただきます。」
少し厚手の陶器が伝える熱は、指先から美味しさを伝えてきました。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
とてもほのぼの…そして大人の雰囲気に和みますね。モテ・メニュー楽しみにさせて頂きます。祥子様のコーディネートも非常に参考になり、女性らしさの欠けた私には助かります。。小物アイテムの紹介も出来たら…何て図々しいですよね。笑
上品な女性を目指したいものです…

2007/02/21 13:03| URL | 柚  [Edit]
柚様
ふふふ、柚様にそんな風に褒めていただくと、なんだかとっても恥ずかしいです。
実は、わたくしは小物ってほとんどと言っていいほど付けません。
いまは指輪も時計も穴をあけていないのでピアスもしません。イヤリングはお仕事で電話をする時に、カチカチと音がして相手に不快な想いをさせるのでしなくなりました。
爪も短く摘んでいますし、ネイルもいたしません。
メイクも、この年齢なのですが基礎だけのノーメイクです。
たまに身に付けるのは、男性にプレゼントされたときのアクセサリーと長い髪をまとめるためのヘアアクセくらいかも。
・・・・というのが実情です。
ごめんなさい、がっかりさせてしまったかもしれませんね。

それでも、これからはアクセを付けたりした時はちゃんと書く様にいたしますね♪

2007/02/21 19:53| URL | 祥子  [Edit]
祥子様、1日に2度もごめんなさい。。とっても丁寧に詳しくお知らせ頂き恐縮でお便りせずにはいられませんでした・・・
がっかりなんて。そんな事ありません!むしろ飾らない美しさを教えて頂けて嬉しいです。
化粧品も含め服、bagなど何が良いのか解らずジプシーな私ですが、自分に合った物を見付けていけたらな。と思いました。

祥子様の、ありがとうございました,。*・;”☆

2007/02/21 20:26| URL | 柚  [Edit]
柚様
いまは、いろいろな情報が飛び交っていて・・・本当に迷いますね。化粧品なんて、いくつあっても足りないような気がして。
似合うものと好きなものは違うと言われることがありますが、わたくしは好きなものだけでいいって決めてます。
基礎化粧品でもアクセサリーでも、自分が気に入ったもの・肌に合うものを使うのが一番です。
不思議なのですが、石もの(宝石でも貴石でも)は波長のあわないものに触れるとぴりぴりと電気が走る様に嫌な感触が肌に走ったりします。丁度肌に合わない化粧品を付けた時みたいに。
逆に合うものは、ほんのりとそこだけ暖かかったり・清水が流れ込むように爽やかな感じがするものです。
そんな、自分に合うものを少しずつ増やして行かれたらいかがでしょうか。

2007/02/21 20:57| URL | 祥子  [Edit]
>キスを重ねれば、我慢できるのではなくて・・・より欲望が勝ってしまう

あぁぁ!そーです!そーーーですっ(鼻息荒)
もしあたしなら。。と想像したら
お料理をほったらかしてまず一回戦してしまいそうです(爆)

2007/02/22 02:51| URL | ひなた  [Edit]
ひなた様
ふふふ、きっといつもの彼の部屋でしたらそのままベッドの上だったでしょうね。
でも高梨さんもここでは少し抑制を効かせてくださっているみたいなんです。
その理由は・・・今日のアップになるんですけれどね♪

2007/02/22 08:28| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)