FC2ブログ

SnowWhite 28

「指先まで快感を堪えようとするその手も綺麗だが、手を下ろしなさい、祥子。この家には僕と祥子の二人きりだ。まわりには家がないだろう。それにこの家は木造だが壁が厚い。外には祥子の声は漏れない、大丈夫だ。」
ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ
「あぁぁっ・・・いっ・ちゃう・・・」
高梨さんの愛撫は始まったばかりなのに・・・。
わたくしはとうとう膝を頽れさせてしまったのです。

シャッター音は止まっていました。
高梨さんに凭れ掛かる様に、荒い息を吐きながらわたくしは突然に訪れた絶頂の余韻に漂っていたのです。
「どうした。まだ、何もしてないだろう。」
ざらざらとわたくしの乳房を高梨さんのお髭が擦りあげます。
「わから・・ない・・の・・・ や・・はずかしい・・わ」
「カメラに感じたのか?」
昨年のお正月に、美貴さん・山崎さん・石塚さんに嬲られながら望月さんのカメラで写された時には、激しい羞恥は感じたものの性感を高めるという点ではあまりカメラを意識することはありませんでした。
でも、今夜は・・・
「祥子、返事はどうした?」
高梨さんの前にぺたんと膝を付いて、わたくしははじめて彼の言葉の意味を理解しました。
条件反射のようにふる・ふると首を横に振ります。それは、真実そうだったのではなく、自らの痴態を記録に残される恥辱に感じる・・・はしたない女だと思われたくなかったからです。
「いや、嘘だろう。調べればすぐわかる。」
「えっ・・・」
「こっちだ。」
眼の前のわたくしを抱きしめると、そのまま高梨さんは立ち上がり・・・彼の背後にあるベッドへと誘うのです。
ベッドはカバーも上掛けも全て外されて、真っ白なシーツだけになっていました。
「あぁっ・・・だめっ・・」
わたくしの身体を、ベッドの上に乱暴に横たえるのです。
まろびでたままの乳房を両手で覆ったわたくしは、後ろ向きに倒された恐怖感に・・・バランスを取る為に咄嗟に脚を開いたのです。
その瞬間を高梨さんは見逃しはしませんでした。
オフホワイトのパジャマ姿の大きな身体をわたくしの両脚の間に割り込ませると、捲れ上がったナイティの裾を両手でたくし上げていったのです。
「おとなしくするんだ。」
ジィィ・・・カシャ
左手だけではだけられた胸元の・・・辛うじて先端だけを覆い隠し、右手を伸ばしてナイティの裾を元に戻そうとしたのです。その一瞬の姿を先ほどとは違う位置にあるカメラのシャッター音が狙います。そういえば、先ほどもシャッター音が聞こえた場所は・・・1つではなかったような気がいたします。
「いや・・・いくつあるの?」
「教えたら、おとなしくするか?」
「・・・はい。」
このままどこから撮られているのかわからない不安のまま痴態を晒すなんて、わたくしには出来ませんでした。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
壁が厚いという事=音が周りに聞こえにくい

そう考えると安心感がありますね。
(だからこそ大胆にもなれるのですが)

レオパレスなんか壁も床も薄いから、
うるさいのなんの・・・

住人同士の仲が悪いのは納得の一言です・・・

2007/03/14 07:55| URL | よしちょ  [Edit]
えっ!?
もういってしまって・・ビックリです。
そうゆうものなのでしょうか。。
自分自身のことなのに、エッチに関しては謎だらけで、
こうしていってしまうことに憧れちゃいます。

2007/03/14 10:21| URL | ゆうこ  [Edit]
よわいんです・・・
よしちょ様
そうですね。山の中、隣家とは離れているとはいっても却って街の騒音などほとんどない場所ですから、声には敏感になってしまいました。
家の中の声がほとんど洩れないとうかがって、ようやくほっとできたのです。
その瞬間・・・いってしまったのですが。
ログハウスのように厚みのある木を積み上げた家は、その点では信頼性が抜群です♪

ゆうこ様
わたくし・・・お胸が弱いんです。
それもこんな風に羞恥責めされてしまうと、お胸だけで逝ってしまいます。
もちろん軽くなんですが・・・。
恥ずかしいですわ。

2007/03/14 14:44| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)