FC2ブログ

SnowWhite 34

「い・ゃぁ・・」
カシャ・・・ カシャ・・・
「今度はバックで、牝犬のように腰を上げさせてねぶってやろうか。」
「だめ・・・ゆるし・て・・・」
カシャ・・・ カシャ・・・ カシャ・・・
「何を言わなくてはならないかさえ、わからないのか?」
ふる・ふる・・・・ わたくしは首を横に振ったのです。
言わせたい言葉はわかっておりました。でも、あまりにはしたない内容をどう口にしていいのか・・・考えもつかなかったのです。
カシャ・・・ カシャ・・・
「解っているはずだ、祥子なら。さぁそこに跪いて言うんだ。」
「・・・ぁぁ」
言葉にしようとして、躊躇する・・・その表情までも高梨さんはカメラに納めてらっしゃいました。
一眼レフデジタルカメラを構えていらっしゃるいまは、ズームアップさえ彼の手で操作されているのです。シャッター以外の機械音のしない撮影は、わたくしのどこを狙って切られたものかすら想像できないのです。
シャッター音が響く度、わたくしは産毛を逆撫でされているようでした。

カシャ・・・ カシャ・・・
「これからは・・・」
「これからは?」
「祥子を・・・ゆずるさんのお口で・・・・ あぁっ・・・」
わたくしはこれ以上の言葉を紡ぐことができないまま、両手で顔を覆ってしまったのです。
カシャ・・・ カシャ・・・ カシャ・・・
「どうした。ぞんなに難しいことじゃないはずだよ。他の女なら嬉々としてベッドで微笑みながらねだるくらいなことだ。」
「ゃ・ぁ・・・」
「祥子には、出来ないか。確かにそうだな。」
カシャ・・・ カシャ・・・
「俺を見るんだ、祥子。」
顔を覆った両手をゆっくりと下ろしたのです。そして・・・恥じらいに朱に染まった顔を上げました。
「これからは逢う度にご主人様の口で祥子をねぶってください、これなら言えるだろう?」
カシャ・・・ カシャ・・・ カシャ・・・ カシャ・・・
「これからは・・・おあいするたび・・に ごしゅじんさまの・・おくちで・・・しょうこを・・ねぶって・・して・・くださ・い」
シャッター音とカメラ越しの高梨さんの眼差しは、わたくしに視線を落とすことを許してはくれませんでした。はしたない懇願の言葉への躊躇いを表す事ができたのは次第に細くなってゆく声だけだったのです。
カシャ・・・ カシャ・・・
とろぉ・・・
自ら口にした言葉と、カメラによる視姦がまた一筋わたくしの太腿へと愛液を滴らせるのです。
両手を胸元を隠す様に合わせ・・・跪いた聖女のような姿で、ナイティの裾が膝元までをすっぽりと覆っていなければすぐに高梨さんのカメラに見つけられてしまうほどにたっぷりと、潤いは内ももを流れ落ちてゆきました。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
言葉責め
 恥ずかしいことを言われたり
自分で言ったりするのが苦手なんです。
あまりに、近すぎる関係だから?
それともそういう性格なのかしら。
祥子さんは、どの男性にも
無理矢理言葉を奪い取られてますよね。
揺さぶってみたくなる。
そんな女性なのでしょう。

2007/03/20 14:52| URL | さやか  [Edit]
お久しぶりです・・・(*^-^)
風邪大丈夫ですかっ・・・
わたしはDSに嵌ってました・・・単純なゲームほど嵌っちゃいます・・・
今日は休みだったから、一気読みしました・・・高梨さんの責めって長谷川さまと全然違いますねっ・・・わたしはワンパなSさましか描けないから・・・すごいって思いました・・・でもシャッターの音とストロボのライト・・・羞恥心がすごく煽られるかも・・・・(^ー^* )

2007/03/21 21:40| URL | 悪夢☆  [Edit]
言葉責め
もうこれは・・・頭脳戦だと思うのです。
理性がしっかりしているときのディベートならいくらでも付き合いますけれど、こんな風に一方的にもうろうとさせられてなおかつ・・・ですから。
でも、どうして男性ってこう女性の口から言わせたがるんでしょうね。(いえ、こういうの好きですけれど♪)

2007/03/23 14:17| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)