FC2ブログ

SnowWhite 41

Tバックを奪われた下半身は、桜色のナイティとガーターベルトの中に漆黒の茂みを一層際立たせていることでしょう。そのただなかに差し入れられた高梨さんの指は、蜜でしとどに濡れそぼっているに違いないのです。
そして、シャッターの合間に摘まれ・揉み立てられる乳首は、きちんとナイティを身に着けているが故に唾液に透ける様が一層淫らにカメラの向こうの視線をそそっているような気がいたしました。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ぁぁあ・・・いぃぃ・・やぁ・・・」
裾を踏まれたナイティは、わたくしの動きを押さえ込んでおりました。
ひたすら続けられるのではなく、シャッターの切られるタイミングに合わせて間を置いて与えられる快感は、フラッシュにあからさまに晒される羞恥とともにわたくしを身悶えさせるに充分だったのです。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「やっ・・・」
何度も頂きの途中まで押し上げたあとで、ふいに高梨さんはベッドの上から離れられたのです。
わたくしは、思わずベッドの上にうつぶせてしまいました。
身体の前面に散りばめられた・・・はしたない淫らな女の証をレンズから隠したかったのです。

ジィィ・・・パッ・カシャ
その動きの間も、カメラも閃光も一時も止みはいたしませんでした。
乱れた長い髪の隙間から、先ほど間接照明だとばかり思っていたものが・・・プロ仕様のフラッシュだとわかっただけでした。
「後ろ姿も綺麗だよ。祥子の背中に流れる黒のロングヘアは、まるで水墨画のようだよ。」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「それにその桜色に光る腰のまるみ・・・うつぶせて際立つ肩先から肩甲骨のライン・・・」
高梨さんの言葉に、自分が無防備に晒した姿を思い知らされたのです。
わたくしの豊かな乳房は、伏せた背中にも妖しい陰影を作り出していたようでした。
「だめだ!動くな。」
脚を引き寄せ、身体を縮こめようとするわたくしを、強い声が呪縛します。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「祥子の腰のくぼみからヒップにかけてのラインは、目の毒だな。」
ぐいっ・・・
ベッドの上に乗った高梨さんの剥き出しの腕が、わたくしの腰だけを強引に引き上げたのです。
うつぶせていたわたくしは、ナイティに包まれたヒップだけを高く上げるはしたない姿勢を瞬く間に取らされてしまいました。
「動くんじゃない」
せめて上体を・・いえ腕だけでも引き寄せようとしたわたくしに、有無を言わせぬ彼の声が飛ぶのです。
高梨さんの手は、腰を覆っていたストレッチサテンの裾を一気に捲り上げたのです。
「いゃぁぁぁ・・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
ワン・・ワン・ワン・・ 
シャッター音の向こうに、白雪の鳴き声が小さくくぐもって聞こえます。高梨さんとわたくしの、次第に激しくなる声に眠りを醒されてしまったからでしょうか・・・。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)