FC2ブログ

SnowWhite 46

「お食事の準備ができましたわ。暖かいうちにいただきましょう。」
「わかった。白雪をベランダに上げてから行くよ。」
「はい。あっ、あの。」
カシャ・・ カシャ・・
玄関に入りかけて振り向いたわたくしの姿までカメラは捉えてゆくのです。
「なんだい。」
「お餅はいくつ?」
「とりあえず、3つかな。」
「はい。じゃいらしてね。」
カシャ・・ カシャ・・ カシャ・・
シャッター音は玄関の扉が閉るまで続いていました。
お餅を3つとおっしゃっていましたが、一度には盛り切れません。美味しく焼けるように冷蔵庫からあと2つお餅を出して常温に戻しておくことにしました。
そして、ピッチャーに入れた水をベランダにある小テーブルに出しておきました。
きっとこれで気付いてくださるはずです。
わふ・わふ・・・わん・・
まってろよ。
ベランダに白雪と高梨さんの声がします。
白雪の朝ご飯の支度をして、高梨さんが戻ってらっしゃるおつもりなのでしょう。
昨日のようにベランダからいらっしゃるのかと思いましたが、高梨さんは玄関から入ってらしたようです。そして10分ほど、リビングにはお戻りになりませんでした。

「ありがとう。出しておいてくれたんだね。」
そういって、リビングにいらした高梨さんは着流し姿でした。
「あら、お似合いだわ。」
「ははは、恥ずかしいな。とにかく食事にしよう。」
照れた風に頭を掻いている高梨さんに、紺のウールのお着物はとてもお似合いでした。
暖かなお雑煮のお椀をテーブルに運んで、わたくしは昨晩と同じ席に正座をすると三つ指をついてご挨拶をしたのです。
「あけましておめでとうございます。」
「・・あけましておめでとう。今年もよろしく頼みます。」
一瞬、高梨さんが戸惑われたのがわかりました。
それでも落ち着いた、甘くて丸いあの声できちんと新年の挨拶を返してくださったのです。
「お出掛けするっておっしゃったから、形だけお屠蘇です。」
掘りごたつのようになったリビングのテーブルに脚を下ろして、わたくしは塗りの器を高梨さんに差し出したのです。
「ありがとう。こんなきちんとしたお正月は本当に久しぶりだよ。」
「わたくし流なので、手抜きですけれど。」
一番大きな杯を手にした高梨さんに、お屠蘇を注ぎます。
「ご返杯。いや、この杯でいいだろう。」
一気にお屠蘇を飲み干した高梨さんは、彼の選んだものよりも一回り小さい杯に手を伸ばしたわたくしにご自分の使われた杯を差し出したのです。
「礼儀には叶わないかもしれないが、そうしてくれたら、嬉しい。」
「はい。」
同じ器から・・・同じ場所から同じものを頂戴する。
ただそれだけのことにこだわる高梨さんのお気持ちを微笑みながら受け取ったのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
本当のお正月
 本当にお正月らしいお正月。
 身も清められる思いでしょう。
 それに比べて、我が家の正月は……。ああ、情けない、情けない……。

2007/04/02 13:38| URL | オーバーチュア  [Edit]
オーバーチュア様
そんな風に仰らなくても。
愛するご家族が揃って迎えられるお正月でしたら、それで充分幸せで・・・羨ましいものですわ。

2007/04/02 20:02| URL | 祥子  [Edit]
昨年末、デパートで屠蘇酸を買い忘れ、近所を探し回りました。
最近はみなさん、本当のお屠蘇でのお祝いをなさらないのでしょうか?
ほんのり甘い、漢方の香りで”ああ、新年だ…”と、気持ちが改まる気がしますが。
最近は、お元日のお膳を整えるのに忙しく、自分の着物も、ましてや主人のも、おサボりをしています。
やはり、良いものですね!


2007/04/02 20:31| URL | るり  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/04/02 20:50| |   [Edit]
>同じ器から・・・同じ場所から同じものを頂戴する。

何よりの幸福、何物にも代えがたい幸福…やな。


2007/04/02 20:59| URL | dreamcat  [Edit]
いいものなんですけれどね
るり様
そうそう・・・屠蘇酸でお屠蘇を作る事を知らない方も沢山いらっしゃるようです。
たしかに、元旦の乾杯はお車さえ運転しないならビールでも日本酒でもいいのですが、あの一年の健康を願う飲み物を用意するという気持ちはまだまだ大事にしたいと思うのです。
きっと、大人がそういうことを子供達に伝えないから・・そういうことになるのでしょうね。
このブログを好奇心からご覧になったお若い方が、少しでもこういった日本の風習に興味を持っていただけたらいいのにと思いますわ。

dreamcat様
たとえば、結婚式の契りの杯も決して同じ器からではないんですけれど(笑)。
なんとなく、間接キス♪な雰囲気がゆうべの出来事に重なって、気恥ずかしくてくすぐったい想いをいたしました。

2007/04/03 11:49| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)