FC2ブログ

降るがごとくの花の香に

午後からは雨と予報された休日
待ち合わせは酔うほどの薫りがこもった藤の花の下でした。
『遅くはならないと思うから。一つ目の太鼓橋を渡ったところの
                  弁天堂の前でまっていて。』
藤の花でつくられた祭壇のような弁天堂。
普段なら誰も足を止めないこの場所も
今日は俄カメラマンで溢れ返っていました。
fuji1.jpg


「待たせたかな」                      
山門側を眼で探していたわたくしは
背後からの声にびくっとして振り返ってしまいました。
「なんて顔してるの」                    
「だって こんな方から来るとは思ってなかったんだもの」   
「ちょっと早かったから先にお参りしてた。          
      思ったより時間がかかって、気が気じゃなかった。」
「一緒にお参りできない願い事でもあったのかしら?」     
「いや、想い合う男女が一緒に参ると神様がヤキモチを妬いて別れ
         させると言うからね。それは嫌だなと。はははは」
「わたくしも後でお参りしたいわ。お待たせしちゃうけどいい?」
「神様に見つからないように、こっそりと見守っていて上げるよ」
「こっそりね」                       
わたくしはこっそりと隣に立つ彼の指に小指を絡めました。
そこここでシャッターを押される沢山のカメラに映らないように。
fuji2.jpg


「この時期は忙しいんでしょう。」                 
「今年は連休もとぎれとぎれだから、いつもほどじゃないよ。」    
小指だけ絡めた指はいまは五指とも・・・
「祥子は今年は大丈夫なの?」                   
去年も一昨年も。わたくしには5月の連休はありませんでした。
去年の今頃は、まだ彼はわたしのいいお友達のひとりでしかなかったのに
うん・・・と眼を見つめて小さくうなづいて・・・
「この薫り、好きなの。お気に入りの日本酒の口に含んだときと一緒。」
問いかけの答えではない言の葉を口にしたのです。
「ははは、藤の精が聞いたら喜ぶな。」               
「どうして喜ぶの?」                       
「藤の花は酒をやると一層色が綺麗になるそうだ。切り花にしたときは 
           日本酒に挿しておくと花の持ちがいいそうだ。」
「ほんとう?」                          
「店に花を生けてくれる先生がそんな話をしていたことがあるんだ。  
聞いたときは冗談だろうと思ったが、
             こうしてここに居るとなるほどと思うよ。」
fuji3.jpg


「そうね。本当に酔ってしまいそう。」               
「耳たぶが赤く染まっているよ。」                 
花房を見上げたわたくしの耳元に口づけるように彼がそっと・・・
だ・め・・・・   
前後に沢山の人、あちこちに沢山のカメラ。
わたくしは声に出さず唇だけでこれ以上酔わせないで と
                  伝えるしかありませんでした。
「お行儀が悪いと祥子に嫌われるな。いいコにしていよう。」    
「もう・・・」                         
藤棚に沿って巡る回遊路を人に押されるようにそぞろ歩くふたりに、
お行儀の悪いことなど出来る訳もありません。
それなのに・・・してほしい・・・と思う はしたないわたくしも居て・・

「きれいだよ。ほら、まるで祥子の・・・」            
真珠みたいだ そう動く彼の唇に、真っ赤にほほを染めたわたくしに
    気づいた方がどなたも居ない事を祈るしかありませんでした。
fuji4.jpg


「あっ・・・」 大粒の雨が落ち始めました。

観光客もそれぞれに傘を広げてカメラをしまいはじめています。
急ぎ足で帰る人の流れに逆らって社務所へと抜け出した二人は
いつのまにかふたりだけ取り残されたようでした。
「予報通りだったね。傘は持ってる?」             
「ええ 折りたたみだけど。」                 
「良かった。まだ今頃の雨だと風邪ひくからね。」        
コートごしにわたくしを抱く腕の暖かさに人目も忘れて・・・
「祥子・・・」                        
ん・・・んぁ・・
重ねられた唇は腕よりも熱く・・・
「だ・め・・・」                       
薄く開いた眼に映った藤の枝に
絡み合う二人の肢体を見せつけられたような気がして
かすかにあらがっていた腕の力を・・・そっと抜いたのです。
fuji5.jpg



フォト・ストーリー・シリーズ第二弾(どこまで続くかは・・・(笑))
本当に雨が降り出す前のお写真なので空の色が優れないですが
かえって香りが地表にこもって、花の色が濃く見えた様な気がします。
もう白藤は終わりかけていたのが残念でしたが
こんなに見事の藤は久しぶりでした。

あっ、写真の未熟さは・・・ご容赦くださいませね。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
お久しぶりでございます。
 加納 祥子様
 お久しぶりでございます。
 ようやく少しずつアップされるようになって、本当にうれしく思います。祥子様が急にお休みになられてから毎日がさびしくてたまりませんでした。ほとんど毎日のように、訪問して今日もいらっしゃらないのかと思うとさびしく思っていました。祥子様もお忙しいとは思いますが、私のような絶大なファンも多いということで、今後ともよろしくお願いいたします。
 再開されてから少しブログの内容も変わってきたと思いますがそれはそれで、祥子様の別の一面も見せていただいているようでうれしいものです。
 写真もお上手ですね。女性らしく花を撮っていらっしゃって季節感いっぱいですね。私も自然を対象に少し写真をやっているのですが、なかなか祥子様のように良い構図が取れません。もっとも、今のようにカメラが進歩している時代に構図が駄目だというと全部だめということになってしまうのかもしれませんが……。それでも、デジカメの良いところは何枚も何枚もフィルムを気にせずにとりまくるとそのうち何枚かは、よいものが撮れることで、、それを楽しみに私は撮っています。祥子様の写真は本当に構図が女性らしくていいなと思っています。
 勝手なお願いですが、また以前のように待ち焦がれておりますので、アップの方よろしくお願いいたします。

2008/05/01 17:40| URL | オーバーチュア  [Edit]
桜の次は藤の花♪をテーマにショートラブストーリー、お見事です。

抱きすくめられて、KISSというより口づけですね。

2008/05/01 22:05| URL | dreamcat  [Edit]
お久しぶりです。

なかなか、大人の匂いが感じられるショートストーリー..

衣に包んだ祥子の衣服をすべて剥ぎ取り、
匂い立つようなその花に酒を垂らすと、
藤の花ごとく染まっていくのだろうか..

女の匂いと入り混じる酒の匂いに酔わされながら、
その蕾をゆっくりすすりながら味わってみたい..

そうすれば、祥子の花も赤く染まりながら開くのだろうか..

そんな男の声が聞こえてきそう..




2008/05/02 12:52| URL | melto  [Edit]
季節に敏感な祥子さんのことですから、近々桜の続編が・・・とひそかに期待しておりました。
一瞬、ご一緒にお花見しているような錯覚に・・・
あくまで錯覚ですね。(笑)
藤の花に祝福されながらりある祥子さんと肩並べて歩いた幸せな殿方がうらやましいです。

高貴な色の可憐な揺らぎ。
たんのうさせていただきました。


2008/05/03 07:08| URL | 柏木  [Edit]
祥子さん、お久し振りです。お元気なご様子、なによりです。
五月に入って一気に藤が目立つようになりましたね。
この連休は天気がいまいちで・・・でも、雨の藤も趣があります。
房としてみる藤は流れるような美しさですが、マメ科の花なので、花一つをじっくり見ると、マメ科独特の花の形に、思わぬ妄想を引き出されてしまいます。

2008/05/04 13:25| URL | masterblue  [Edit]
味わい深い一話です。
藤の花言葉は
「あなたの愛に酔う」「至福のとき」
あの方を慕う思いに酔う幸せに感謝しながらも
あの方の愛に酔う、至福のひとときを感じたい
叶わぬ夢を捨てられない私です。





2008/05/05 23:25| URL | かずみ  [Edit]
私も藤の花を堪能してきました。
何なんでしょう…あの香り。
紫に煙る花房…
お天気が崩れる前、特に
空気の中に、あの藤の香りが満ちて
心の底を擽られる様…。

花をめぐるショートストーリー、お次は…?

2008/05/07 23:33| URL | るり  [Edit]
皆様ありがとうございます
GWが終わり、一気に初夏らしい気候になりました。
皆様いかがお過ごしですか?

オーバーチュア様
本当にお久しぶりでございます。
長く留守をいたしまして誠に申し訳ありませんでした。
僅かずつでもアップできたらと想い再開いたしました。
のんびりペースですが、また可愛がっていただければ幸いです。
オーバーチュア様もカメラをなさるんですね。
わたくしもデジカメで撮り放題している派です。
いつもはお仕事でしか使わないカメラなので、撮影の勝手が違うんですが(笑)
お写真もストーリーも、ゆっくりですが進めてゆきます。
どうかお楽しみになさってください。

dreamcat様
観光地に突然に降り出す雨。
クモの子を散らすようにたくさん居た人たちがいなくなるその瞬間。
花の下のエアーポケットでのお話でした。
肌のあたたかさが嬉しい季節もそろそろおわりですね。

melto様
藤の花をお酒に挿すのではなくて・・・わたくしの花をお酒に浸すのですか。
口移しに飲まされるよりもずっと酔いが早く回ってしまいそうです(笑)
もしかしたら、それは男性も同じなのかもしれませんけれど。
~酔って 酔わせて また酔わされて 好いた 貴方と夜を過ごす♪~
お三味線をつま弾きながらちょいと都々逸でも♪な気分です(笑)

柏木様
一緒にお花見♪ 素敵ですね。
登場人物の眼に映る景色だけを写した写真です。
だからいま一緒に画面を見ている柏木様とわたくしは、肩を並べてお花見散歩をしているようなものです。
わたくしも久しぶりの見事な藤を楽しませていただきました。
喜んでいただけてとても嬉しいです。

masterblue様
男性は藤の花を見ると、どうもそこに視線がいってしまうようですね。
同じ豆科でもスイトピーならお花が大きいせいか、そんな連想もなさらないものなのでしょうけれど。
藤の小さなお花だからリアルに感じちゃうのかも・・・なんて
ちょっと考え過ぎかもしれないですね。(笑)

かずみ様
花言葉ありがとうございました。
藤棚に囲まれた庭園にいると、まさにその言葉通り藤に酔ってしまいそうです。
もちろん隣にいる彼にも♪
かずみ様も素敵な恋をなさっているのですね。

るり様
先ほどるり様のブログにもお邪魔してまいりました。
わたくしのお写真が東の藤なら、るり様のお写真は西の藤。
建物との調和もあでやかな、はんなりしたお写真を楽しませていただきました。
こんな景色はぜひ恋するあの方とご一緒したい・・・そう思ってしまうのは罪じゃないですよね、るり様♪


2008/05/08 14:22| URL | 祥子  [Edit]
お元気そうで。
economyです。
ちょっと、何だっけ・・・「正しいH小説の薦め」にご挨拶に行った帰りです。(失礼なヤツ・・・私ね。)
 まさか、「どなたでございましたか?」とは書かれないと思いますので続けます。

 祥子さん、正直もう止められたかと思っていましたが、ますます鋭利な刃物かのような筆で安心致しました。
 ・・・上、読んでない。(失礼な奴・・・私。)
 お客様の反応を3,4読んだだけですが、大変な人気ですね。これからも是非、頑張ってください。
 


2008/05/08 23:08| URL | economy  [Edit]
二人きりにする為に雨粒を撒くとは…
まったく‥神様も粋な事をする‥

そして灰色の空と花の紫。
コレはコレで‥少し梅雨空が好きになれそうな
組み合わせだな、と。

しかし藤の花…なぜか美味そうに見えて。
多分なにかの実とゴチャ混ぜになってしまったせいかな‥
まずはゆるりと皮ごと、ですね‥‥


2008/05/09 00:46| URL | HAIREI  [Edit]
お久しぶりです&ありがとうございます
economy様
>「どなたでございましたか?」
などと失礼なことはもうしませんわ(笑)
お久しぶりでございます。お休みの間もコメントをいただきありがとうございます。
いまはぼちぼちの更新なので申し訳ないのですが、今後ともぜひお立寄りいただければ幸いです。

HAIREI様
藤の花 巨峰に見える 我の眼に・・・ですか(笑)
見まつがい・いいまつがいですねぇ。
藤が終わるころには美味しい果物が並ぶようになるのでしょうから、きっとこれは神様の予告編なのでしょうね♪

2008/05/09 12:14| URL | 祥子  [Edit]
今日は読みに来ました。
ecoちゃんでーす。
 休日の終わりの酒が気分を躁にさせています。
 言い換えれば、飲む前はかなりの鬱だったとも・・・。
 ちょっと、読ませて頂きました。私は自分で書くのは下手ですが、論評は上手で確かな様ですので。
 
 藤の季節です。幾つか目にするカレンダーもこの題材を目にします。しかも、かなりの難関であると映像でも活字でもと聞いたか、読んだか。
 実はあなたの書いたものを読むのは初めてです。前も書いた?たぶん初めてじゃないかと。

 うーん、これは当然、前置きありですよね。  「祥子」はもう男に抱かれているのでしょうか。つまり、その描写があった後、その前?
 私には良くわかりませんでした。

 これって大事な事だと思います。たぶん、抱かれる前だと思うんですが、そうだとすると、(もう記憶ですが)「1年前はそんな関係は想像もつかなかった」と言う様な記載があった様なで説明でき、今後も読者は読みそうです。当然、こっちなんでしょうねぇ。
 抱かれた後だとツマラナイか逆に非常に面白い内容です。男女の心理描写は書き手の醍醐味でもあり、読み手の都合でもあります。
 SMが題材のはず。
 
 少し紳士的で女に手を掛けないサディスト。 少しマゾヒストで男に手を掛けさせない淑女。好きな設定です。
 フォト小説だと書かれているので、これが始まりなのでしょうか。
 そうだとすると、私の書き方に良く似てますねぇ。(大笑)
 
 で、これから抱かれる「祥子」は何を男に期待されるのでしょう。私の書き方は常にこれです。
 任せる・・・はもう、飽きました。でも、女性にはこう書きたい部分が多い様です。
 たぶん、祥子さんはこの辺を打ち破っているから、多くのファンがいるのだと・・・。

 任せられても引き受けますが、私の場合、木っ端微塵にするのはご存知の通りです。
 
 続編は覗きに来ます。
 と言うことで、突然、お休みなさい。眠い・・・。


2008/05/12 01:35| URL | economy  [Edit]
初めまして。
ヒーリングと言います。

藤にラブストーリ
ロマンチックですね。
それにしても
加納さんの写真の素晴らしいこと。
私も藤の写真を撮ったりしましたが、
こんなに見事には撮れませんでした。


2008/05/13 16:52| URL | ヒーリング  [Edit]
管理できなければ止めるべき。
祥子さん。
こういうものは管理できなければ止めるべきです。私の知っている全ての名の知られている方は、どんな方法を取っても「お休み」と書かなければ、3日の対応なしはありません。
 それができない人は消えるか、「サークル活動」を始めるようです。

 有料で暢気にやればとも思います。有料の方が脳天気でいられるはずです。(そちらは法的に時間で縛られますが。)

 多くのお客様がいて今があるはず。
 少し、考える時じゃないですか。
 同じ歳。何かとほんとに忙しい。
 キーなんて叩いている暇はない、が実状ですが、私はコメントに関しては極めて敏感に対応しています。
 できない、なんて会社じゃ許されないでよう。
 時間は少し掛かります、はあるにはありますが・・・。

 それと同じ。また、半年位後に来ます。
 あなた以上に忙しいのは間違いなく・・・。(忙しい素振りを見せるのは嫌。忙しいふりはもっと嫌。・・・実際はやっぱり身動きできない。45ねぇ。そんな歳です。)
 

2008/05/15 01:42| URL | economy  [Edit]
どうぞごゆっくり
ゆっくり読ませて頂いております。
懐かしい人のアルバムを見るように昔の話を読み返したり…

いろいろな場所がありますのでコメントで構って頂きたい方はそういう場所に行かれれば良いのでは、と思います。
ここは交流メインではなく、画廊のように気に入ったものがあれば立ち寄る場所。
何年も長く読者でおりますが、このゆっくりした場所だから、居心地が良いと思ってます。

どうぞ祥子さんのペースでどうぞ。

2008/05/15 06:06| URL | りあ  [Edit]
次は紫陽花?
また、しっとりとして艶っぽいストーリーですね。
画像の藤を見ながらあれこれ想像してしまいました。


ところで「~すべき」とか「~しか」とかいう言葉は、
こういう場所には似つかわしくない感じですね~
ここは浮き世のしがらみから離れた、
幻想的で美しい祥子さんのお庭ですし。


世の中いろいろあって、それが面白い。
更新の仕方も、コメントの返し方も人それぞれ。
その違いの妙を楽しむのも成熟した大人のたしなみかなぁ...と。
「すぐにコメントを返さないなんてけしからん!」なんて、
短絡的でステレオ・タイプな感じもそれもまた面白いですけれど♪


5月の藤の次は6月の紫陽花でしょうか。
ゆっくりゆっくり楽しみにしておりますね☆

2008/05/17 18:37| URL | 熟桃  [Edit]
申し訳ございません & ありがとうございます
economy様
留守にしている間に何度もご訪問いただきありがとうございます。
そして丁寧な物語へのご考察も大変参考になりました。
このショート・ショートは、小さな個別の物語のようでありながら、実は一つの恋物語の様々な側面を取り上げたものです。
こちらの一編だけをご覧いただく限り、仰るように読めるのだと改めて勉強になりました。
ありがとうございます。

更新頻度とコメントへのレスに関しましては、現状このようなタイミングでしか対応できず申し訳ございません。
復活時にも以前のようには出来ない旨、お客様にはお話ししたつもりでしたので・・・。
今後しばらくは、わたくしの都合ですがこのような頻度でのご挨拶になると思います。
どうかご容赦くださいませ。

りあ様
こちらでこのようにお話させていただくのははじめてでしょうか。
コメントありがとうございます。
少しずつの更新で申し訳ございませんが、ゆっくりと新しいストーリーを編ませていただいております。
また気が向かれたときにでも、お立ち寄りいただけたら嬉しいです。
これからもよろしくお願い申し上げます。

熟桃様
フォトストーリー・・・実は2つばかり素敵なお花の写真を用意しているのですが、なかなか物語にならず(笑)
申し訳ありません。
今年のお写真はリアルタイムにわたくしが撮ったものを使わせていただいておりますので、少しシーズンがずれますがお楽しみいただけたらと思っています。
次回は、少し艶っぽいお話を♪
もう少しだけお待ちください。

2008/05/20 13:21| URL | 祥子  [Edit]
ヒーリング様
ずっと以前にコメントを頂戴していたのに、お返事もしないままで失礼いたしました。
久しぶりにゆっくりと自分のブログを読み返すことができて・・・やっと気づきました。
本当に失礼なことをして申し訳ございません。

この後のフォトストーリー・シリーズもお楽しみいただけてますでしょうか?
今年は季節とともに花を追いかけて、いつもより季節を感じる日々を過ごせている様です。

ぜひ、またコメントいただければ嬉しいです。
これからもよろしくお願い申し上げます。

2008/08/02 22:37| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)