FC2ブログ

夏の終わりに

薄紅の花脈が透ける花びらはまるで括られた女性の乳房のようだった。
微かな風にゆれるその姿は男の視線に身悶えするあの女性の身体のようだった。

P1017330.jpg


もうしばらく触れていないその女性を思い出したのは、徹夜仕事明けに通り抜けた不忍の池の畔だった。

いつもの黒いシャツの背中に当たる日射しが強かった。
疲れているせいだろうか・・・汗が滲む。
部門長として設計に携わるようになってからは、仕事の現場で汗をかくことはほとんどなくなった。

私が汗をかくのはたった一人、あの女性を責める時だけだった。
他の女との時には、そうだ・・・汗をかいた記憶すらない。

P1017441.jpg


あの女性の時だけは、助手席に彼女を座らせただけで身体が上気するのがわかった。
他の女なら20分以上咥えさせてはじめて立ち上がるものさえ、あの女性なら隣に居るだけで疼き出すのだ。

今年のような酷暑の夏も、あの吸い付くような肌は白いままだろうか・・・

P1017425.jpg


あの女性の肌はどんな季節でも白かった記憶しかない。
日に焼けたと恥ずかしげに顔を伏せた時でも、その肌は微かな赤みを浮かべただけだった。

そのくせ、縄や鞭には敏感に反応する肌だった。
赤い縄は解いてもいつまでもあの女性から離れるのを拒むように、縄の痕を鮮やかに残していた。
他の女の肌にはかすかな赤みすら残さない柔らかな革の鞭でも、あの女性の肌にはくっきりと軌跡を残した。
まるで、あなたの印の残っている間はあなただけのモノだと言っているかのように。

P1017369.jpg


背に残る鞭の名残を愛でるように、吊るしたままのあの女性を後から激しく責め立てたこともある。
乳房の根本に残る縄の痕をねぶりながら、やめてと喘ぐあの女性を貪るように貫き続けたこともある。

あの女性の胎内の感触は格別だった。
つぶつぶとした・・・いや蓮の花の花芯に惑わされてるのかもしれないな。
言葉では顕しきれない。
他の女なら1時間以上も責め立てられる身体のはずなのに、あの女性だとそうはいかない。
どれほど責め立てた後でもあっという間に追い上げられ・・・何度肌の上の紅い痕の上に振りまこうと決めていても、それを果たす事はできなかった。

P1017407.jpg


あの女性の中は・・・ だめだ 我慢ができなくなる。
他の女をどれほど酷く責め立てても、私のS性を満たす事はできない。
あの女性でなければ・・・

あの女性は、いまどうしているだろうか。
まさか他の男のものになってはいないだろうか。
連絡を・・・して みようか・・・

祥子・・・






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
邪心
倫理とやらから外れた恋であっても
泥沼の中に咲く蓮のような女性でありたい
一方で、告げる事の叶わぬ邪な欲望を捨てられない
あらゆる責めを浴びてずたずたにされたい
貪り尽くされたい
あの方に我を忘れていただく存在足りえぬ自身の格の不足を本作より知らしめられます。



2008/08/31 21:58| URL | かずみ  [Edit]
珍しく、男目線の作品ですね。
いまでも時おり読み返している”Fun Club”の呟きを思い浮かべてしまいました。

夏も終わろうとする頃。
いつまでもひまわりを独りぼっちにしてはおかれないだろう・・・と。
ひっそりと、覗きに参りました。
不安定な天候がつづいています。
ご自愛を。

2008/08/31 22:00| URL | 柏木  [Edit]
既に、葉があふれ、池は夏の終わりの様相を呈しています。
重たげにばらける花弁に、あの日を思い…。

薄紅のあの花は、凛と首を伸ばした女性を連想させますね。
極楽浄土の象徴も頷ける美しさ。大乗仏教の国では、蓮の蕾で聖水をふり、お参りするのですからね。

夏の名残を楽しめないお天気が続きますが、お身体ご自愛下さいね!


2008/09/01 06:49| URL | るり  [Edit]
是非、ご連絡をしてくださいませ・・・お互いにお忙しいお二人ですが、だからこそ、ジャズもワインも、秋に似合うものを堪能されては・・・祥子様もその黒いシャツの中にたぎる想いを、忘れていらっしゃらないのではないでしょうか?

*********************************
物語を読ませていただいてから、興味を持った音楽もお酒も多く、その中に浸りスィングするときもございました。そしてその責めの多様さにも。
季節の変わり目、お元気に過ごされましたのちは、・・・物語にお会いできますこと、秘かに待ち望んでおります。


2008/09/01 15:18| URL | blue  [Edit]
大輪の蓮の花…女性の持つ豊かさ、奥深さを
象徴しているようです。

妖しくもあり、清々しくもある魅力の深さに溺れて
みたいもんです♪

お元気ですか?

2008/09/01 22:32| URL | dreamcat  [Edit]
久々のコメントになってしまったけど、
今回のストーリーに心が騒ぐのはなぜだろう?(笑)

熱いオトコの想いが俺の心とシンクロするのだろうか?
いや、そんなきれいなものじゃないかもな。

オトコの触手が蠢くというか、オトコ心を掻き立てるというか..
ストーリーに書かれたオンナ..『祥子』を味わいながら責めてみたくなる..

ふふ..


2008/09/02 11:57| URL | melto  [Edit]
透き通るような肌
白い肌に浮き上がる縄や鞭の跡・・・。
それを見ながら俺のものだとうめくように呟きながらはなたつ精・・・。
薄いピンクの花の中に閉じ込めてしまいたい。

夏の終わりから全国的に不安定な空。
祥子様も皆様もご自愛下さい。

2008/09/03 22:41| URL | 桜草  [Edit]
皆様ありがとうございます
お盆のころが花の盛りの蓮です。
撮影はその少し前、8月の11日でした。
ずっとその写真を前にどんなお話をと考えていたのですが、なかなか思いつかず・・・ふと浮かび上がって来たのが長谷川さんのつぶやきでした。
そういう眼で見ると、高貴で犯しがたい蓮の花が艶かしい女性の肌に見えませんか?

かずみ様
男性を虜にするには・・・女性が男性の虜にならないことかなと思う今日この頃です。(笑)
全てのボーダーを乗り越えても欲しい恋ならば、蓮の花のように背筋を伸ばし、泥にも風にも屈せず生きるしかないのかもしれません。
決して、楽な生き方ではないですけどね。

柏木様
こちらでは、久方ぶりの男性独白でした。
圧倒的な気温の高さと、強すぎる日の光をイメージした時に、明るすぎるからこそ出来るくっきりとした黒い影に長谷川さんを思い出してしまいました。
闇にも溶ける・影にも溶ける・・・まるで柏木様の世界の男性のようですね。(笑)

るり様
先日のコメントをいただいて、今年こそは蓮の花を見に行こうと心に決めました。
もう少しで茂っている葉も落ちて不忍池も秋の風情をただよわせるのでしょう。
しかし、いくら弁天堂があるからといって、蓮の花にこんな不謹慎なことを綴ったら罰があたるかもしれませんね(笑)。

blue様
こちらのブログから、楽しみの場を広げていただくきっかけを手にいれていただけたのなら大変嬉しいです。
それぞれの逢瀬の場や、それを取り巻く音楽や、お料理やお酒。
そういったものを一緒に楽しんでいただけるような殿方が、やっぱり素敵だなと思ってしまうのです。
若い時は、恋人だけいればだったはずなのに(笑)。
これも年をとったということなんでしょうか。

dreamcat様
蓮の花。
こうして皆様に見ていただくと、独特の魅力を持っている様です。
花の色に違いがあるわけでも、品種違いがあるわけでもないのですが・・・なんとも不思議な存在感のある花なんですね。
実は、先日鎌倉に伺った時に、あちこちのお寺に白花の蓮を見かけました。
透明感のあるその姿は、不忍池の蓮とはまた違う風情を漂わせていました。

melto様
お久しぶりでございます。
うずうずしている男心って、伝染するものなんでしょうか(笑)。
わたくしが描いた長谷川さんのように、男性の皆様が愛した女性のことを想ってくださることがあるのなら、女冥利に尽きるというものです。
そうして、次の逢瀬を夢見る。
逢瀬の後は極楽が・・・・(笑)

桜草様
久しぶりのちょっとSMテイストなお話、いかがでしたでしょうか。
長谷川さんが語るとほんの少しの言葉でも強くアブノーマルの香りを感じさせるような気がします。
日焼けのあとのお手入れに精を出さなきゃと・・・ちょっと女心が焦るお話でもありました。ずぼらしてちゃだめですね(笑)。


最近は激しい雷や雨が続いて、体調を崩される方も多い様です。
わたくしは忙しさにかまけてなんとか元気でおります。
皆様もどうぞお元気にお過ごしくださいませ。

2008/09/04 15:34| URL | 祥子  [Edit]
祥子さん、お帰りなさい。
やっとコメントを入れられました。

蓮の花に託した男目線のお話。
まるで、復帰を待っている男共の代弁のよう。

まだ、縄の痕も、鞭の腫れも消えていないのなら・・・

>連絡を・・・して みようか・・・
>祥子・・・

思いは同じです。





2008/09/04 19:37| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
お久しぶりでございます。
長谷川さんの登場と同時に・・・なんて、なにか意味深ですね♪

長編復活まではもう少しお時間をいただくかもしれません。
でも、masterblue様をはじめとして皆様がお待ちになってらっしゃるお気持ちは痛いほど伝わって参りました。
いつか・・・ そうですね 花のお写真シリーズが一段落するころに。

そんなに待てない!!とお叱りを受けそうですね(笑)。

2008/09/06 11:17| URL | 祥子  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/08 01:01| |   [Edit]
蓮の花は女性の……
 祥子様
 久しぶりの官能的な文章、堪能いたしました。
 しばらく旅行に出ていましたので、コメントが遅れてしまいました。
 申し訳ありませんでした。
 旅行中は祥子様のブログが覗けないので、祥子様の事ばかり考えていました。
 帰ってまず最初にしたことはPCを立ち上げ、こちらのブログを読ませて頂いたことです。
 更新されていたので、大変うれしく思いました。
 それにしても、大変幸せな男であることよ!
 祥子様をそんなに自由に出来るなんて……
 でも、私もこの男性の目を通して、祥子様のヴィーナスのようなヌードを想像できて、得をしたような気にもなりました。
 蓮の花の写真も大変奇麗ですね。
 花を上から撮るばかりでなく、下から上に向って太陽光線を透かして撮るという、高度なテクニックも駆使されて、本当に感心いたします。
 蓮の花は、すぐそこらあたりで簡単に見られる花ではないので、一番暑い時期の撮影も、大変だったでしょう。
 この幸せな男性は蓮を女性の乳房に例えましたが、他にも女性の体のいろいろな所にも、似ているなと私は思いました。
 それでは、祥子様、9月の中旬とはいえ、まだまだ暑い残暑の中、御自愛くださいませ。
 

2008/09/12 17:16| URL | オーバーチュア  [Edit]
大変ご無沙汰しました。
リニューアルしたパパのお部屋にも
ぜひお越しください。

ここ・・じっくり読ませてもらいますね。

2008/09/16 02:49| URL | えろぱぱ  [Edit]
いつもみています
はじめまして、いつも参考にしています。これからも遊びにきます。

2008/10/24 02:00| URL |   [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/07 10:18| |   [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/12 00:23| |   [Edit]
お久しぶりです
かなりのレイアウトの崩れのため・・・
新しいのを作っていたのですが・・・
ちぃと恥ずかしくてなかなか公開に踏み切れず^^;;
やっと・・・覚悟?して公開しました(笑)
お手数おかけしますが・・・リンク貼り直しお願いしまぁ~す<(_ _)>


コピペですみません。

2008/12/08 21:38| URL | トン  [Edit]
ご無沙汰しております~m(__)m
こちらはまだ季節がとまってしまっているようでちょっと不思議な感じですね。
今年こそはまた新作が拝見できるかなと、のんびりお待ちしております~♪

祥子さんにとって良い年になりますようにお祈りいたします☆

2009/01/02 22:38| URL | 熟桃  [Edit]
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくです

2009/01/04 15:27| URL | トン  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/04/07 22:50| |   [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)