FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽玄な桜の下に

昨日までの暖かさが嘘のような花冷えの日
迎えに来た車が見慣れぬ街を通って連れてきてくれたのは
見事な枝垂の1本桜の下にたたずむ鄙びた庵

     1204072378.jpg

「大石内蔵助が蟄居していた庵だそうですよ」
「本当にひっそりとした場所だこと」
「今では住宅街ですが、あのころはなにもない場所だったでしょうね」
「目印は丘の上のこの桜だけ?」
「かもしれない。花の時期になると、夜毎忍んでくる女性もいただろうね」

     1204074016.jpg

「あん・・・」
しだれかかる桜の下の作られたかのような薄闇の中で
わたくしは唇を奪われてしまう
「だめ・・ん・・・・」
蟄居の<謹慎>のための場所で求められる快楽の・・・キス

     1204086554.jpg

お願い・・・見ないで・・・
車の運転席で待っているあの人にも
そして、ここに蟄居していたという方の霊にも祈ってしまう
「・・・ばちが・あた・・る・わ」

     1204085004.jpg

膝がくずれ落ちそうになるまで繰り返されたキスの後
連れて行かれたのはとある寺院の塔頭にある湯豆腐のお店
「肌寒い日だから湯豆腐で暖まりましょう」
そしらぬ顔でそういう男性を
目元を桜色に染めたまま責めるように見上げる
「祥子さんを求めて当たる罰ならいくらでも引き受けますよ。なぁ望月」
「はい。もちろんです」
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。