FC2ブログ

照り返し

庭の白砂が眩しいほどに日差しの強い日になった
この土地に来ているはずのあの女性を
南にぽつんとある花の楽園に誘った

     1305066203.jpg

久しく逢っていない
春には美貴と望月くんが嵯峨野に誘ったと言っていた
昨晩は石塚さんと祇園で一献傾けた
綺麗どころを前にして二人が言葉すくなだったのは
今日私が逢う女性のことを思ってのことだった

     1305065717.jpg

昨年より1週間早く開いたあやめが見事だ
まるで彼女の訪れを待っていたかのように
せせらぎは季節になれば十二単を着た麗人が
曲水の宴を催すための雅な流れ

     1305065831.jpg

案内のままに進んだ先には
一瞬八重桜かと見まごうほどのあでやかなつつじが出迎える
今日の彼女のランジェリーは何色だろう 
ナチュラルストッキングに包まれた柔らかな脚を見ながらふと思う
そして洋服屋なのに今日の彼女が着物姿でないことを
とてももったいないとも思ってしまう

     1305065945.jpg

木立の中の路を進んでいるのに
時折差し込む強い日差しが彼女の肌を舐めるたび
白い肌が照り返すうるわしい輝きと
赤く陽に灼けてしまわないかと気が気でない

     1305065910.jpg

だれも知らない白い肌と赤い日焼けの
コントラストを一人楽しみたいと思う欲望と
この白い肌に早く触れたいと思う欲望がせめぎあう

ほら、もうすぐそこだ
あでやかなつつじに囲まれた座敷まで
部屋に着いたら雪見障子などおろしてしまおう
なによりも艶やかな彼女の姿を一人楽しむために
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
貴女の白い肌を想うと
陽射しにさえも激しい
嫉妬。

白い肌
朱に染め上げるのは
私の仕業でなくては。

2013/05/25 23:02| URL | dreamcat  [Edit]
dreamcat様
他の男性の視線だけでなく
日差しにまで嫉妬なさっていたら
身がもちませんことよ

ふふふ でも思って下さるのは
とても嬉しいです

2013/05/27 09:49| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)