FC2ブログ

陽がふたたび昇るまで

歴史のある洋館の内装は丁寧な保存にも関わらず疲弊していた
建築当時の記録を残しそのころのまま復元する
僕にとってもなによりも難しくやりがいのある仕事が巡ってきた

     1205207338.jpg

全ての部屋を調査し
使われていた壁紙や腰板の記録を残し再現をする
ほとんどの部屋の工事は薔薇のライトアップのイベントまでに
ようやく終えることが出来た
暗い二階の部屋から見下ろす庭園は
昼間の繁華街かと思うほどに人で溢れかえっている

     1205207638.jpg

あの女性をここに呼び寄せたのはまだわずかに明るい時間
いま彼女は全ての内装を取り払われたこの2階の部屋の
アンティークな椅子に拘束されている
ランジェリーとハイヒールだけの姿で

     1205207708.jpg

僕の耳元には4つの玩具の出す微かな振動音と
口枷の内側で抑え込んでも艶めく彼女の喘ぎが聞こえる
拘束されているだけきっと身の内に快楽を溜め込んでいるだろう
重量感のある椅子が彼女のおののきに合わせて
時折かたかたと鳴る

     1205207754.jpg

あと少し このライトアップのイベントが終わるまで
僕も心の中のS性を閉じ込めておくから
外の人たちが居なくなるまで
そこで膨れ上がる悦楽にもだえておいで
この洋館で日が昇るまで
祥子の声が枯れてしまうまで
逝き果てさせてあげるから

コメント
夜の洋館に薔薇・・・。
吸血鬼が出てくるのかと思いましたよ。
^^;

2013/05/26 07:51| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
そうですね(笑)
まさにヴァンパイアの居城に相応しい
たたずまいの都内の名所です

吸血鬼はおいでにならなくても
たくさんの一般の方がおいでになる庭を見下ろす部屋で
こんないけないことをする
長谷川様がいるだけでも・・・素敵ではないですか?

2013/05/27 09:52| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)