FC2ブログ

夏の香り

ケヤキ並木のバス停の信号を渡り
柔らかな土を踏みながら民家の中の畑地を進む
突然あらわれたのは
見渡す限りの向日葵

     1208263190.jpg

私と変わらないほどの背丈の花の中を
ここを教えてくれたあの女性の
つばのひろい帽子が揺れている

     1208263259.jpg

いつもの自宅に迎えにいった
レクサスの後部座席ではなく
ロードスターの助手席に腰を下ろしたあの女性の
薔薇を思わせる香りを感じただけで
太陽を直視したときと同じ目眩がした

     1208263589.jpg

向日葵の花畑は巨大な迷路
花と花の間をいくつか曲がると
あの女性と私の他にはだれも見えない
声すら聞こえないこの瞬間
私はあの女性の手を引き
唇を重ねた

     1208263294.jpg

「だめ・・・」
久しぶりのあの女性の唇の柔らかさに
私の唇はそのまま
すべすべとした首筋から耳へと
キスを繰り返す
「あん・・・ほんと・・に・・・だめぇ」

     137150108.jpg

つばの広い帽子が足許に落ち
祥子さんの身体が
びくん・・・と震え
力が抜けたように私に委ねられたところで
唇を離した

足許の帽子をひろった途端に
レースのスカートの裾から女が香る
「あっ・・・だ・め・・」
もう我慢できない
彼女の手を掴んで車に戻る
ふたりきりになれる場所まで
あとどのくらいこの誘惑を堪えたらいいのだろう

コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)