FC2ブログ

ひらりひらり

「かわいい〜」
おもわず出た一言にはっとして
あわてて口元を手で押さえたのは私の秘書だ
スポンサーをしているこのイベントに
どうしても顔を出して下さいと連れてこられた
「好きにしていていいよ。出口で待っていてくれ」
関係者への挨拶はきっと口実だろう
「でも・・・」
「そうだな、15分後に」
「・・・はい」
うす暗い会場の向こうから会釈をする主催者の姿を見て
彼女は私の側から離れていった

     1407189263.jpg

「恐れ入ります。お運びいただきまして」
「今年も盛況ですね。おめでとうございます」
目の前の水槽の色が変わってゆく
浮かび上がっていた赤が青く・・黒く・・・

型通りの挨拶を交わす同世代の主催者の目には
私の濃紺のスーツに差した白いポケットチーフだけが
ライトアップされた金魚の尾のように映っているのだろうか
「せっかくですから、ゆっくりご覧になってください」
「ありがとうございます。そうさせていただきます」
すっかり板についた法被姿の背中を見送った

     1407189609.jpg

「山崎社長」
入れ替わりのように秘書の抑えた声がした
うす暗がりからライトの中にふっと華奢な白い頬が浮かぶ
「君か、ゆっくり見ていればいいのに」
「ご一緒します」
水槽の中で群れ泳ぐ金魚のようにそっと寄り添ってくる
会場をまだ半分も巡っていない
次に主催者と会う時のためにも
     今日は見ないで帰るわけにはいかないだろう
増え始めた人を避ける様にして改めて歩を進める

     1407180138.jpg

「足許に気をつけて」
振り返った私に秘書が微笑む
きっと可愛いのだろう
社内でもファンが多いと聞く
彼女に会う為に社長室に足を運ぶ社員もいるらしい

でも・・・
私を惑わすことが出来る女性はまったく違うタイプだ

     1407189863.jpg

ひらりひらり・・・
金魚の透ける尾が私の視界を横切ってゆく
背の高い白く柔らかなあの女性の胸元をおおうレースのように

このうす暗がりの中でもひとり
ハイヒールのまま迷うこと無くすっと歩いてゆく
照明に照らされた彼女の横顔を揺れる黒髪が覆う度に
見失うのではないかと私だけが不安になるのだ、きっと

     1407180354.jpg

決して群れたりしない
ただ一人ここに閉じ込められても凛としているだろう
そして男の指が触れるその時だけ
その白い背中を、たおやかな腕を、やわらかな胸元を
ひらりひらりと柔らかくひらめかせるのだ
ほら、もっと触れたいのでしょう・・・と

あの繊細な白い肌の奥が
    揺れる白い乳房だと解らぬように
似つかわしくない扇情的な
    ピンクのライトの下に閉じ込めてしまおうか
私だけがその姿を鑑賞できるように
私だけがその繊細な肌と柔らかなふくらみを
すべすべと撫でられるように

     1407189747.jpg

それともあの女性のためには
         輝く玉座が相応しいのか
多くの男がかしずく妖しく美しい水槽で作られた玉座
その中心で微笑むのを私は見ているしかないのか

  1407189523.jpg

「あっ、社長っ・・・」
とっさに触れた細い指をつかみ取る
近くにいた秘書が小さな段差につまずいたらしい
「大丈夫か?」
「はい ありがとうございます」
「君は社に帰りなさい」
体勢を立て直した秘書の小さな顔が少しこわばる
何か失敗をしたときに良く見せる表情だ
こんなことで叱ったりしないのに・・・
「次のアポにはここから行くから帰っていいよ。
     今日は社には戻らない。あとは宜しく頼む」
「あっ、はい。わかりました。失礼します」

もう少しここに居よう
邪魔はもうされない
あの女性の幻影に麻のスーツ姿で昂る私を
    ここならきっと隠してくれるに違いないから
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
おかえりなさい
祥子さん、こんばんは。
忙しい状況は峠を越しましたか。

幻想的な写真とともに、男目線の物語も少し進んだようですね。

私の方は、やっと第四コーナーを回り、バックストレッチに入ったようです。
下書きは終わっているので、できるだけ早く更新し、次のストーリーに入りたいと‥‥‥願ってはいるのですが。

やっと独り歩きが出来るようになりました。

2014/07/19 22:56| URL | masterblue  [Edit]
masterblue様
実はまだ忙しさは絶好調で・・・
まだ「ただいま」にはなれてません

ちょっと覗いてみました
っていう感じです 申し訳ありません

お元気になられたようでほっといたしました
わたくしもmasterblue様のように
コンスタントにアップ出来る様にはやくなりたいです♪

2014/07/21 11:01| URL | 加納 祥子  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/26 18:00| |   [Edit]
ご無沙汰しております
祥子様

本当に久しぶりにこちらを訪れました。

もう覚えてはいらっしゃらないでしょうね。
『唐紅』の頃から読ませていただいて、
『夢のかよひ路』でコメントさせていただくようになった、りんです。

しばらく訪れない間に、新しいお話もたくさんあり、
“淑やか”の世界が電子書籍になっていたり、祥子様、ますますご活躍なのですね。

昨夜眠れずに、思い立ってこちらに訪れ、
再び『夢のかよひ路』を拝読しておりましたら、涙が止まらなくなりました。

おそらく今、私が年下の男性に恋をしているから。

心が揺さぶられてしまいました。
祥子様にお礼を申し上げます。

また寄らせていただきますね。


2014/07/27 21:36| URL | りん  [Edit]
りん様
ご無沙汰いたしておりました。
お元気でいらっしゃいますか?

少しずつですが、このblogも進化しております。
なかなか忙しくてたまの更新ですが、ぜひまたお立ち寄りください♪

ありがとうございました。
厳しい夏に負けないようお過ごしください。


2014/08/01 00:09| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)