FC2ブログ

花の寺

長い初夏のお休み
本当ならもう少し早くいただいて
数年ぶりに開花したという藤の花を拝見する予定でした

気候のせいか、お仕事のせいか
気がつけばもうお花も終わり

そこで普段は訪れることのない
北へと一人向かったのです

   201505066160.jpg

田植えの終わったばかりの水田がまばゆい山間に
その花の寺はありました

白い花房が清々しい藤
花期の難しいこの花を見たのは久しぶりです
苔むした山門の手前には
葉桜となった見事な枝垂が・・・
ひと月前ならきっとあの神社と同じ
あでやかな紅色を見せてくれていたに違いありません

   201505065965.jpg

「あら・・・まぁ なんて」
「見事なもんですね」
山門をくぐった先の
景色を見上げて絶句したわたくしの隣で
制帽を持ち上げて賛同してくださったのは
最寄の駅に到着してからその先の交通手段が全くないと知り
急遽お願いしたタクシーの運転手さん
「私もめったにこちらには来ないもので
 いやぁお客さんのおかげでいいものを見せてもらいました」
「お参りしてきますので少し待っていてください」

ゆっくりと花に囲まれた石段を上ってゆく
明日いつもの街で久しぶりに美貴さんとお逢いする

桜の最後の一日に起きたことは
わたくしには何の変化も起こしていないはず
あの方達とお逢いする場に偶然いらしたりなさらなければ

   201505066057.jpg

境内にはほとんど人影はない
訪れる車はほとんど地元No.
市内から2時間程度の距離にある
見事な花の寺はわたくしの心を優しくいやしてゆく
スポンサーサイト
[PR]

コメント
みごとな
祥子さん、こんにちは。
見事な白藤ですね。場所の詮索はしないことにしましょう。お話の中ではマイナーな所のようですね。

それに下の2枚のお写真、躑躅でしょうか。
花が大きいので、大紫躑躅かあるいは石楠花かと想像をめぐらしていたのですが、悪い癖ですね。
ただ、写真が訴える美しさを楽しめばいいのに。
上下のバランスの絶妙さに、またまた勉強させて頂きました。
下の2枚はM.OOKIさんの作品でしょうか。もしそうなら、また私の感想をお伝えください。

2015/05/16 14:52| URL | やまゆり  [Edit]
やまゆり様
こんにちわ
今回のお写真もすべてM.OOKI様のお写真です。

場所は京都府の北の方の寺院で
躑躅のが見事に植栽されていたようです。

お写真でいうと「構図」になるのでしょうか。
レイアウトの見事さを感じますね。
やまゆり様のお言葉、お伝えしておきます♪

2015/05/16 16:05| URL | 加納 祥子  [Edit]
”らくほく”という言葉だけで、雅さとのどかさが同居したような雰囲気を感じますね。
春風もなんとなしになまめいていて・・・暑すぎず。肌寒くもなく。

いつの年も。
いちばん佳い季節というのは、つかの間で往ってしまうものですね。

たいせつに過ごしたいものです☆

2015/05/18 09:51| URL | 柏木  [Edit]
柏木様
洛北はなかなか足を向けることが叶いませんが
伺うことが出来ると思わぬ麗しさを
見せてくれる土地という印象があります

「もう終わりね」と諦めないで
良かったと改めて実感した初夏でした



2015/05/19 05:11| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)