FC2ブログ

紫の影

待ち合わせは社家の中にあるカフェでした
初夏の陽射しの注ぐガラス張りのお席でいただく珈琲は
いつもより深い煎りのもの
クリームとシュガーをほんの少し加えて
この街ならではの味を楽しむことにしました

「お待たせしましたね」
ゆったりと会釈をして
向かいの席に腰を下ろしたのは二人の男性
一人はカジュアルなジャケットスタイルですが
お若い一人の方は揃いの羽織の着物姿

   201505066301.jpg

「そう言えばこちらの神社で今日は神事がありましたね」
「ええ、父の替わりに出席していました。
 そのせいで待ち合わせが遅くなって申し訳ありません」
着物姿の望月さんは袖口を押さえながら
クリームポットに手を伸ばすと
漆黒の中に白く一筋をしたたらせてゆきます

「かまわないのよ。こんなに朝ゆっくりしたのは久しぶりだから」
美貴さんもやはり普段はめったに手を出さない
砂糖壷に手をかけていました
「いつも早起きですからね祥子さんは」
「ふふふ 美貴さんがおねぼうさんなだけです」
珍しく2つもシュガーを入れた美貴さんは
想像よりも甘い珈琲に口元をわずかに歪めた
「わかりました 明日も絶対に祥子さんに寝坊をさせてあげます」

   201505066293.jpg

「ふふふ まだこんな時間ですのに」
土壁にしだれる能舞台のような影向松に
やっと高くなった陽が葉を白く照らす
「一服されたら早いうちに行きませんか」
「ああそうだな かきつばたは早い時間がきれいだからな」
「いつもならまだ早いのではないの?」
この時期はまだほとんどがつぼみだった記憶の方が多いのです

「今年は珍しく早いみたいですよ」
シンプルな町家の中で
新鮮に見える白と黒のバリスタスタイルの女性が微笑んでいました
「ごちそうさまでした」
「ごちそうさま もう九分咲きらしいですね」
「ええ ほんとうにいつもより1週間早いですね
 これからおいでになるのですか?」
「はい」
「いってらっしゃいませ」
着物の立ち姿と同じりんと背筋を伸ばして見送って下さいました

   201505066394.jpg

「以前にもいらしたことがあるのですか?」
「ええ こんなに近くなのに随分道に迷ったけど」
「珍しいですね 祥子さんが迷子になるなんて」
歩く傍らを流れる水音も陽射しの下では涼しげに聞こえます
「このお休みの最後のころにくるのだけれど
 いつもつぼみばかりで
 でも3つ4つ咲いている初花が清々しくて
 蜻蛉がつぼみに止まっている様子も可愛くて好きなの」
「さほど大きくはない場所ですが、たしかに異空間ですよね」

   201505066491.jpg

入り口の育成協力金に美貴さんが3人分を入れて
国の天然記念物というかきつばたの沼の縁へと進みました
「もう二番花、三番花が咲いていますね」
一面のかきつばたの中には
もう昨日一昨日に花期を終えたものも含まれていました
「こちらは花殻を摘みませんから」
「この姿が切ないですね」
この街の庭園には様々なものがあります
こちらのように自然のままにされるところも
花がおわった後の花殻を毎日きちんと摘まれるところも

「つぼみも花殻も盛りの花も花なのですけれどね
 わがままなのは人の方かもしれません」
そうつぶやいたわたくしの肩を
優しく抱いてくださったのは美貴さんでした
「祥子さんの花殻なら僕がいつでも摘んであげるよ」
「ありがとうございます」
彼を振り仰いだ耳元に
もう一つの声がささやいたのです
「祥子さんはまだ花の盛りです
 枯れたりしません」
背中の着物姿から伝わる熱が
肩に触れる手より力強く感じるのです

   201505066440.jpg

「昨日はどうされていたのですか?」
「大江までいってまいりました」
「また遠くまで」
「つつじが綺麗でしたわ」
元と同じ道を美貴さんに片手を預けて車まで戻る
「それじゃあそろそろ川床に向かうか」
「はい」
「また遠くまで」
「この時期ならまだ静かだからね」
この姿ならまだ涼しいかもしれないけれど
二人と一緒なら大丈夫かもしれないわ
わたくしは青紅葉の涼やかな川床を思い浮かべました
スポンサーサイト
[PR]

コメント
カキツバタの黄色
祥子さん、こんにちは。
ちょっと出遅れてしまいましたが、昨日拝見させて頂きました。

カキツバタは私のブログにも、最近アップしましたが、なかなか、野では見られませんね。

私が一番印象に残っているのは、奈良法華寺で拝見したカキツバタ。
凛とした黄色が、印象的でした。

お話については別の方に譲るとして、今回のお話で、どちらへ出かけたかいくつかヒントが入ってますね。そうか、祥子さんはそんなところで‥‥‥と、そっと羨んでいます。

M.OOKIさんによろしくお伝えください。

2015/05/19 16:18| URL | やまゆり  [Edit]
やまゆり様
黄花杜若はこの時期
京都でもみられるそうです
とM.OOKI さんがおっしゃったていました
今回は撮影出来なかったのを
残念に思っていらしたようです

比較的に短い時間で集中的に撮影されるので
こういうこともあるのでしょうね

いつかこちらでお見せ出来る日が
来るのが楽しみです♪

2015/05/22 16:35| URL | 加納 祥子  [Edit]
祥子さん、いつもお世話になってます。
私のブログへの心温まるコメントもありがとうございます。

相変わらず、過去作品読ませて頂いてます。
どれも本当にエロティックで、そそるものばかり。
お恥ずかしながら、作品を読みながら、オナニーしてしまうことも度々です。

ああ、祥子さんにフェラチオしてもらいたい・・・。
(下品なコメントだったらごめんなさい・・・)

2015/06/06 22:10| URL | 和巳  [Edit]
和巳様
おはようございます
コメントをいただけて嬉しいです

以前のお話を楽しんでいただけて良かったです
和巳様の言葉は最高の誉め言葉です
ありがとうございます

よろしければお気に召したお話に
一言で結構ですのでコメントを残して下さいませんか?
和巳様のコメントを楽しみにしています

2015/06/07 07:21| URL | 加納 祥子  [Edit]
祥子さん、こんばんは!和巳です。

了解いたしました。
私が、思わず、オナニーしてしまった作品、それは数多くあるのですが、、、率直な感想をコメントしていきたいと思います。

今、私の体調がこうなので、普段はなかなかペニスも勃起しません。。。
でも、祥子さんの作品、いや、男に嬲られる祥子さんの姿を読んだり、思い出すと、こんな体調でも、私のペニスは元気になります。

男にとって、ペニスの勃起はすごく大事。
そんなペニスへの元気をくれる祥子さんに大感謝です!

2015/06/11 20:58| URL | 和巳  [Edit]
和巳様
ありがとうございます
早速お気に入りの作にもコメントを
いただきありがとうございます
 
男性の率直なご感想が
何よりのご褒美です

ご無理をなさらないように
気の向くまま
お聞かせいただければ嬉しいです
本当にありがとうございました

2015/06/12 05:04| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)