FC2ブログ

木陰を抜けて

陽射しが重く熱が高まってゆく
油照りと称されるこの時期の気候だけれど
今年は少し質が違うよう

日傘を手に向かったのは
名前だけを告げられた東山の塔頭
眩し過ぎる道からほんの少し入っただけで
滴る緑がわたくしを迎えてくれた

  201507269320.jpg

「初瀬様とお約束なのですが」
「はい、お越しになってます。
 このまま庭園をおすすみください」
「ありがとうございます」

メモはこの街で行きつけにしている
珈琲専門店のスタッフに預けられていた
「なぜ、ここが?」
と首を傾げたわたくしに
「このお客様も常連さんのお一人なのです」
と微笑みながらスタッフはそう告げた

苔と白砂と飛び石の連なりを
ワンピースの裾を揺らして歩みを進める

陽射しの強さの分だけ闇は濃くなる
それを足元に敷き詰められたような
紅葉の影が証している

「加納様のことは何度かここで
 お見かけしていたようで
 先日、次はいついらっしゃるのだろう
 って聞かれたんです。
 多分今週末ですってお答えしたら
 もしお見えになったら
 このメモを渡してくださいって。
 そうおっしゃって置いていかれたのです」 

  201507269480.jpg

最後にお会いしてから
幾度かこの街にうかがっている
でもお会いすることはなかった

あの神社へ行けば
高い確率でお会いすることがわかっていたから
かえって足を向けることができなくなっていた

約束した訳ではないけれど
あの方を拒むことが
もう許されないような気がして

201507269801.jpg

竹林を映し込む池の飛び石
その先に落ち着いた茶室が見える
木立と流れのある池のおかげで
外界よりも涼やかな庭園

あの方はきっとそこにいらっしゃる
しんとした表情で

これまでよりもひと回り小さな池の飛び石を
竹の手すりに手を添えてゆっくりと進む
あの男性にお会いする時間を
少しでも引き延ばそうとするように


201507269739.jpg

「よかった お越しいただけて」
藍鼠の絽の着物をさらりと着こなした
初瀬さんがお茶室の入り口にいらした

「お待たせしてしまいましたか」
「いえ」
「素敵な池のある庭園ですね。
 錦鯉がみごとっ・・ぅぅん・・・」
たたんだ日傘を持つ左手を柔らかく引かれ
ひんやりとした唇を重ねられた
「あっ・・・だぁっ・・ぅぅ・・」
絡められた舌も
汗ばむワンピースの背中に回された手も
優しく冷たい
唇を味わうように
わたくしの舌から蜜が溢れていると
言わんばかりに
白い歯が愛おしい宝石かのように
男性の唇が、舌が貪ってゆく

「だ・・めぇぇ・・・」
木陰でわずかに下がったように思えた体温が
キスだけで上がってしまう
唇を離された時には
わたくしははしたなく絽の着物の肩に
顔を埋めていた

「中に入りましょう 涼しいですよ」
まるで何もなかったかのように囁く

  201507258006.jpg

足を踏み入れた茶室は
窓や戸を開け放しているだけなのに
不思議と涼しい
二階へと誘われて進むと
窓の外にこれまでの庭にはない
艶やかな色が広がる

「百日紅とこちらの池には蓮もあるのですね」
「花の名前がすらすらとその唇から流れ出る」
いつの間にか後ろに立った初瀬さんの腰が
わたくしの白いフレアスカートに包まれた
柔らかな丘に触れている
もう熱く昂ぶってさえいる

「心もとなげに飛び石を渡る様子も
 足元に戯れる錦鯉を愛でる視線も
 深い声で語る花の名も
 なんて艶めかしいのですか」
「あん・・・だめ」
抱きしめるように胸元に回された手は
ヒップに押し付けられる昂りが嘘のように
ひんやりと冷たい
「ここならどれだけ声をあげても大丈夫です
 その花の香りのような声を
 私に聞かせてください」

「そのためだけにわざわざ?ん・・・あっ」
男性の左手がワンピースの上から乳房の頂をやすやすと探り当て
指の腹で優しく嬲りはじめる
「いえ 祥子さんとお話しをしたかった
 1階のお茶室には玉露の用意もしてあります
 この季節の一番のご馳走である<涼>を
 あなたにプレゼントするつもりでした」
「あん・・だ・・・め・・」
右手が胸元の釦を一つずつ外してゆく
「でもあなたを見たら堪えられなくなった」
「はぁぁ・・・ん・・・」
「いい声だ もっと聞かせてください」
覆いかぶさるように右耳を舌が這う
左手と釦を外す右手と男性の舌に絡めとられて
わたくしはやはりもう拒めなくなってしまう

「こんな陽射しの日が続くのに
 白くしっとりとした肌
 今日のワンピースよりも何倍も魅力的だ」
胸元をはだけられ肩から剥き降ろされたワンピースは
二人の身体に挟まれわたくしの腕の自由を奪う
「ゆる・・し・・て・・・」
庭の池に面した三方の窓は開いたまま
一番広い窓のまえに立たされたまま
ランジェリー姿を晒されてゆくなんて
「ほん・・とうに・・・はぁぁんん」
首筋を這う舌が背骨を降りてゆく
「汗をかいて・・・いる・・の
 はずか・・・し・・ぃぃぃ・・・」

初瀬さんの唇が降りてゆく分だけ
総レースの白のスリップも
ハーフカップのブラも
剥がれてゆく

「祥子さんの汗も美味です
 背中のやわらかな曲線を
 すべて舌で辿りたくなる」
初瀬さんの舌は言葉を現実に変えてゆく
「はぁぁ・・・・」
白い脇腹へと唇のついばみが動いた時
ストッ・・・足元にワンピースが輪になって落ちた
「あ・・・っ」
伸ばされた男性の指先が露わになった両の乳首を
捉えた途端大きく慄いたわたくしの身体を
抱きとめ青畳にうつぶせに横たえた

お会いして初めて初瀬さんの肌が
わたくしの身体から離れたのがわかった
純白の総レースのパンティとガーターベルト
そしてオフホワイトのストッキングだけが
上気した肌を覆う
青畳がうつ伏せの乳房を押しつぶし
男性の指で立ち上げられた乳首を無言で攻め立てる
羞恥で上げることのできない頬に
窓の外の驟雨の気配が伝わる

「一幅の絵にしたい
 和服も素敵だがこんな贅を尽くしたランジェリーも
 あなたには似合うのだね」
男性の素肌がわたくしの背中に触れた
「はずかしぃ・・・」
ほっそりとした若い女性の身体ではない
薄く年相応の脂肪を乗せた身体を
男性の眼に晒す羞恥
「綺麗だよ」
指が何の予告もなくパンティのクロッチを潜る
「やぁん・・ぁあ」
ちゅぅ・・・くちゃ・・・・
「こんなに濡らして 私に感じてくれていたね」
「はぁぁ・・・・ん・・・やぁぁぁ」
指が唐突なキスから濡れていた真珠にも
やわらかな花びらに
無遠慮に戯れてゆく
「もっと声をあげてごらん
 この雨音ならきっとだれも聞こえない」
「ゆる・・し・・て・・あぁあぁぁぁ」
「この女の香り たまらない」

「やぁぁっ・・・」
初瀬さんの手がレースのパンティを腰から剥き下ろしてゆく
「もう我慢できない」
両手をわたくしの腰に添えヒップだけを高く持ち上げた
「まるで性急な20代のころに戻ったようで恥ずかしいが
 祥子さんのせいだな」
「あっぁぁぁ・・・・」

男性の昂りがバックから蜜壺へ突き入れられた
「きつい あぁ締め付ける」
「はぁぁ・・・ん・・・やぁぁ・・」
かりの張った昂りが濡れそぼった内壁を抉ってゆく
「素敵な景色だ 
 白のガーターストッキングに包まれた
 祥子さんの大きく張った白いこの尻たぶ
 突きますよ」
「あぁぁ・・・・」
男性の先端が蜜壺の奥を突き上げる
「だめぇぇ・・・」
容赦なくわたくしの感じやすい最奥にねじ込むように
「何がだめなんです」
いつの間にか蜜壺が吸い込むように蠢き出してしまう
「ぃいのぉぉ・・・はぁぁん・・・ゆる・・し・・てぇぇ」
「私のがいいんですね」
「やぁぁ・・・ぁぁぁ あうっ」
パンッ 白い右の丘を初瀬さんの手が叩く
「私のがいいんですね?」
「や・・・っ あくっ」
パンッ 同じ場所にもう一度初瀬さんの手が振り下ろされた
「私のがいいんですね 祥子さん」
「あぁ・・いいですぅぅぅ・・・いっちゃ・・い・そぅぅ」
「素直になればいいのです
 祥子さんは痛みにも感じるのですね
 白い肌に手の跡が残るほど叩いたのに
 その瞬間わたしのをきつく締め付けて」
「あぁぁ・・ん・・・ちがぁぁぅぅぅ・・・」
パンッ 
「はぁっぅぅ・・・」
三たび同じ場所にいまはもう熱い男性の手が叩きつけられる
「ほらこんなに締める 蜜も溢れさせて
 いいんだろう」
パンッ 四たび
「はっあぁぁ・・・いっちゃぅぅぅ・・・」
きっと白い丘にはくっきりと赤い印が刻まれている
今夜は右を下にして眠ることはできないかもしれない
「そうだろう 私も逝きそうだ
 今度逢うときには祥子さんのこの身体が何に感じるか
 もっと試してあげよう」
「あぁ・・・あぁぁぁ・・・・ん・・・んぁ」
突き上げるスピードが上がってゆく
わたくしの蜜壺がきつく締め付け蕩け
青畳に擦り付けられた乳首のかすかな痛みまで
高みに昇れとこの身体を追い立ててゆくのです

「だめぇぇ・・・いっちゃぃまぁぁすぅぅ・・・」
「ああわかるよ どこに欲しい」
「こぉの・・ままぁぁ・・・・くださぁぁぃぃぃ」
「いいのか?中でいくぞ」
「中に・・・祥子のぉ・・・なか・・に・・・」
「奥に出してやる」
「あぁぁ・・・いくぅぅぅ・・・いっちゃぅぅぅ・・・・」
突き上げられた子宮はこの男性の精液を欲して
かりの張った先端に熱いキスを繰り返している
蜜は太ももの内側を滴り落ち
青畳を汚さないかと気が気ではなかった
「おね・・がぁぁぃぃぃ・・・いっしょ・・にぃぃぃ・・・」
「ああ 逝くぞ」
「いっちゃ・・ぅぅ・・・・いくっぅ」
激しい突き上げを最奥で止めて
男性のみっちりとした先端から精液が吹き上がる
「しょ・・う・・こ」
「はぁぅぅ・・・いぃぃぃ・・・」
身体はピクンピクンとこの性急な絶頂に
男性と引き離されても打ち震えていた

  201507231416.jpg

いつの間にかあの激しい雨は止んでいた
ここに来たときの激しい日差しは
雨雲の名残に遮られていた

「先に降りていますから
 落ち着いたら降りてきてください」
男性はうつ伏せのまま震えるわたくしの側に
いくつかの冷たいおしぼりを置いて
階段を降りていった

1階のお茶室は一層涼やかだった
「どうぞ」
「いただきます」
差し出された白磁の茶器を口元に運ぶ
「おいしい まるで上等なお出汁みたい」
「玉露を氷で水出しにしてみました」
瞬く間に干してしまった器に
おかわりを注いでくれる
「ありがとうございます」
ゆっくりと喉を滑り降りる甘露を味わうと
正面に初瀬さんの眼差しがあった

「先ほどからあの蓮の花をみていました
 まるであなたのようで」
池の面に強い雨に打たれた八重の蓮の花が一輪
「あの花が美しかったのでお見せしようと
 ここでお茶を用意していたのです
 でも 私はいけない大人ですね
 許していただけますか?」
わたくしはゆっくりと頷きました
「よかった またお誘いしていいですか?」

「初瀬さんのことをもっと教えていただけるなら」
わたくしは見ることのできなかった
蓮のほころぶ花のように
わずかに頬を染める男性に微笑んだ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
久しぶりに‥‥‥
久しぶりに祥子さんの甘い声を聴きました。
それにしても、敏感なそして妖艶な‥‥‥
そして、手で痛められる度に、まるで階段を上るように高まってゆくM性の性‥‥‥
次はどのように初瀬さんにいたぶられるのか、アップされたばかりですが、もうかなり首が長くなっています。

ps:偶然にも、今日、私も氷で水出ししたお茶を飲みました。玉露とはゆかない安いお茶ですが、程よい渋みと甘さのミックスが、立秋とは名ばかりの暑さを癒してくれました。

2015/08/08 21:46| URL | masterblue  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/08 22:59| |   [Edit]
畳に擦れる、白のストッキング・・・
伝線してしまったりは、しませんでしたか?
でも・・・
ふくらはぎにツツ・・・ッと走るかすかな裂け目も、なかなかそそられる眺めではあるのですが。^^

久々登場なのにお下品で、すみませぬ。
(^^ゞ

2015/08/17 07:54| URL | 柏木  [Edit]
読みながら
初瀬に自分を重ねる。
文字だけで勃起したのは久々だ。
中に出して…といわれると
男はその言葉だけで感じてしまう。
卑怯なくらいに
淫猥なツボを押さえてくる。

2015/08/18 01:48| URL | ぱぱ  [Edit]
masterblue様
側に居るだけで汗がにじむほどに暑いのに
肌を重ねてしまう
その一時を楽しんでいただけて幸いでした

このような時間を
初瀬さんとだけ持っているわけではないですが
きっとまたいつかお届けすることもあるかと思います

気長にお待ちくださいませ

2015/08/22 16:12| URL | 加納 祥子  [Edit]
柏木様
畳替をしたばかりのようでして
ストッキングは無事でした

同じ伝線させるのであれば
イグサのささくれよりも
柏木様の牙のほうが素敵ですわ♪

2015/08/22 16:14| URL | 加納 祥子  [Edit]
ぱぱ様
ぱぱ様の感じやすいポイントを
言葉で撫でさすり・・・
昂ぶってくださるのがとても嬉しいです

もっと暑くなってくださいませ



2015/08/22 16:16| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)