FC2ブログ

秋雨の間に

例年なら青空が専売特許のような季節なのに
今年は雨が長引いていた
鬱々とした気分で珍しくかけた電話に
あの女性は「秋雨もいいものですわ」と
いつもの声で囁いた

201710217108.jpg

だからここに誘うことにした
まだ紅葉には早いはずなのに
ほんのりと染まった一枝が二人を迎え
足元には名残の萩が小動物のように戯れる
今日この女性をここにお連れしたのを
喜んでいるかのように

201710217291.jpg

「見事な竹林ですね こんなに何種類も」
「ええ庭師の自慢の一つです」
金明孟宗竹、黒竹、孟宗竹、亀甲竹
いつもの歌うような声で竹の名前を
一つずつゆっくりとつぶやく
俺にはもう愛語のようにしか聞こえない

201710217121.jpg

結い上げた黒髪と大島の肩に大粒の雨が落ちた

「庭は明日でも逃げないから
          もう部屋に行こう」
差しかけた和傘の下でしなやかな香りが
やんわりと俺の体に寄り添う
ああ 今夜はあの竹のように
     この柔らかい身体を縛り上げたい

201710217931.jpg

人払いをした応接で
彼女を座らせることもせず唇を奪った

目の前の大粒の雨も
夏の名残の芙蓉の花も
秋の深まりを告げるツワブキの花も
彼女の眼には見えていない

このまま塩瀬の帯を解きたくなる欲望が
秋雨よりも激しさを増した

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
肌寒い長い秋雨が続きました。どうやら、秋も落ち着いたようです。
雨に濡れた緑は、木々の葉も、地を覆う苔も生き返ったように鮮やかに濃さを増します。
小ぬか雨も、大粒の雨も、それぞれの風情を持ち、しっとりとした時間をもたらせてくれますね。
素晴らしいお写真が、その濃密な時間に彩りを添えてくれているようです。

2017/11/04 11:25| URL | masterblue  [Edit]
Re: masterblue様
一雨ごとに秋が深くなる。
今年はそのような気配ですね。
お誉めいただいたお写真は
青紅葉と紅葉の狭間のこの時期だけの景色を
切り取ってくださった
M.OOKI様のおかげです。

masterblue様に一つお願いがございます。
最近コメントを頂くのに
ブログのURLを最初にご記入いただいておりますが
masterblue様のブログのURLであることを明記していただくか
URLとしてご登録いただけるようお願いいいたします。
masterblue様のブログの最初は刺激的な画像や広告がございますし
何も知らない方が突然ご訪問になって驚かれたり
誤解を受けるのも望ましくないと存じます。

誠に恐縮ですが、お心遣いを賜りたく
宜しくお願い申し上げます。



2017/11/04 13:45| URL | 加納 祥子  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/04 18:09| |   [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/04 19:27| |   [Edit]
Re: masterblue様
コメントのご配慮ありがとうございます。
URLのリンクはどうぞ今まで通りになさってください。

淑やかな彩は何も変わりません。

どうぞ、ゆったりとお過ごし下さい。


2017/11/06 08:07| URL | 加納 祥子  [Edit]
改めてご挨拶
先日来、ご迷惑をおかけしました。
原因を調べましたら、クッキーに残っていたものが、何故か変な所で表示されてしまったようです。プラウザをIEからクロムに変えたためかもしれません。

ご返事を頂き、安心しました。
こちらでは、従来通りのお付合いをお願いします。
やはり、祥子さんとmasterblueが心地よいです。

2017/11/08 17:09| URL | masterblue  [Edit]
素晴らしい女性を伴い歩くのは、身の誉れ・・・そんな言葉が思い浮かびました。
最高のアクセサリイ・・・という殿方もおいでかもしれませんが、やはりご婦人はモノではなくヒトでありますので。。

しっとりと落ち着いた秋のお庭の情景――歩いてみたい場所だなあと、心かきたてられました。

2017/11/12 06:47| URL | 柏木  [Edit]
感想
和巳です。

『蝉時雨の庭外伝』、購入・読ませて頂きましたので、感想です。


官能描写が相変わらず素晴らしいです。
まるで祥子さんの美しくエロティックな体とフェラチオを味わうかのようにたっぷりと読ませて頂きました。
(それ程までに私の感覚に深く食い込んでくる文章です)
どの官能シーンも秀逸で、思い出しても勃起します。

各々の作品の詳細については、
ネタバレの危険性があるので追加でコメント(シークレットモード)させて頂きますね。


ところで、
「電子出版のお知らせ」の記事で、(静かな公園の)「ベンチでゆったり読んでいただけたら・・・」とご記述されてますが、
それは無理というものですよ。
読みながら、勃起ペニスを擦り付けたくなってしまいますもの(笑)

下品な感想ですみません。。。

2017/11/20 09:48| URL | 和巳  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/20 10:04| |   [Edit]
RE:masterblue 様
改めてのご挨拶恐縮でございます。

わたくしはいつでも変わらずここにおります。

どうぞ宜しくお願い致します。


2017/11/25 09:27| URL | 加納 祥子  [Edit]
Re: 柏木様
きっと男性はいつの世もそんな風に思っていらっしゃるのでしょうね。

わたくしでお役に立てているのかどうかはわかりませんけれど(笑)

街の中で一歩踏み入れると現れる秋のお庭、
機会があればぜひお立ち寄りいただければと存じます。

2017/11/25 09:29| URL | 加納 祥子  [Edit]
Re: 和巳様
電子書籍をご購入いただき誠にありがとうございます。

楽しんでいただけましたようで、ホッと致しました。

この外伝には一つ秘密があります。
それは「わたくしが誰のものか」という根本的な設定です。
和巳様はどう思われたでしょうか?

答えは「この外伝に登場するどの男性でもない」
そして、でも「祥子の心を独占している男性が存在する」のです。
この外伝に登場している男性のうちこのことに気づいているのは
きっとただ一人だけだと思います。

こちらのブログではアップしていないお話です。
注目していただいてとても嬉しいです。

ありがとうございました。



2017/11/25 09:38| URL | 加納 祥子  [Edit]
望月さん、ですね。
心奪われるとまではいかないまでも、心引かれ心からセックスを楽しんでいる男性がいるとしたら。

「祥子さんが誰のものか」
興味深い命題ですね。
「サファイアの夜」の冒頭部分や「ショートショート」の幾つかの作品に、その答えが垣間見えるような気がします。

2017/12/04 03:50| URL | 和巳  [Edit]
Re: 和巳様
答えは、心の中に。

2017/12/19 17:17| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)