FC2ブログ

スーパーブルーブラッドムーン

「この部屋なら一番月に近いはずです」
そう告げてあの女性を誘った

地球に最も近く上がる・満月が・赤く染まる
35年ぶりの天体ショー

「月を楽しませてくれるのでしょう?」
窓辺のテーブルに置いたシャンパーニュを片手に
微笑むあの女性は月よりも妖しく微笑む

20時30分から始まった月の幽かな陰りは
2時間で清純な姿をダークなワイン色に変えていた
「もうよろしいでしょう
 身体が冷えてしまいます」
「今夜は月を見せて下さる約束でしょう」
「あと2時間私たちに待てと言うのですか?」
「お約束ですわ」

  201801310859.jpg

グラスを満たすワインを月と同じ色に変えた
「わかりました
 お待ちしましょう でも」
窓の外の月を映すあの女性の黒い瞳を覗き込んだ
そのあとの時間が
どれほど狂おしくなっても知りませんよ
その想いを込めて・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)