FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花の道

梅雨に入るにはまだ少し間がある涼やかな日
初めて川沿いの紫陽花の小道を見つけた

  201805282187.jpg

日差しを遮るほどの大樹はない
そのせいだろうか
早咲きの紫陽花の花色が他所よりも
鮮やかさを増していた

201805282363.jpg

「幕末の歴史好きな方なら
        きっと喜ばれるでしょうね」
「あまりお好きではないですか?」
「わたくしは同じ歴史でもものづくりの皆様の
        歴史の方に興味がありますわ」
ふふふ と微笑むこの女性の目指す場所は
もう少し先に見えるはずだ

201805282404.jpg

ゆらりゆられて
差しつ差されつ
いつかこの柔らかな肌を腕の中に
そんな時間を夢見たくなる場所

  201805282609.jpg

歴史の英雄たちと重ね合わせた
男のロマンなどという安っぽい言葉は
この女性の前では使いたくはない

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
紫陽花
台風が運んで来たのか、蒸し暑い朝です。
しかし、マンションの下では、紫陽花が真っ盛り。大きなてまり咲きの、色とりどりの花の中に、どなたが降ろしたのか、墨田の花火や金平糖という園芸種も、しっかりと咲いています。

これから雨の季節、でも紫陽花には雨が似合うのかも知れません。

2018/06/09 09:39| URL | masterblue  [Edit]
Re: masterblue様
紫陽花の色が深まる間も惜しむように
激しい暑さや日差しや雨や雷が襲うようになりました

梅雨といえば「しとしと」という擬音が
よく似合ったものですが
今はもう違うのかもしれないと思う
今日この頃です

2018/06/27 17:57| URL | 加納 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。