FC2ブログ

ムーンナイト・アフェア 18

ぺちょ・・れろぉん・・くちゅ・・ わたくしの怯える瞳を見た途端に、堅さを増した塊にあらためて舌を這わせはじめたのです。
男性の膝に頭をのせての口戯では・・・唇に塊を含むことができません。
舌を這わせ、舌の堅さを変え、ピンポイントに・・・やわやわと・・唾液をたっぷりと載せた独特の感触で・・・男性の性感を高めてゆくしかないのです。
「ふふ 熱心に舐めているじゃないか。美味しいか?祥子」
「・・・はい。おいしい・・ですぅ・・ごしゅじん・さまぁ・・」 
唇で塊を挟み込み・・舌を幹に添って縦に動かしながら答えました。
「祥子は別れた夫にもこんな風にしてたのか? おねだりの為に、淫乱な人妻だな」
「そん・・なこと・・な・ぁい・・でぁぁぁぁぁ」 
ヴィーーン 否定の言葉は、敏感な乳首に直接貼付けられたローターの振動に・・飲み込まれてしまいました。
「あ・・ぁあぁぁぁん・・ゆるし・・てぇ・・」 
唇を男性の塊から離さない様にするのが・・精一杯でした。
舌を使う余裕すら、その一瞬わたくしは持つことができなかったのです。
 
「止めていいとは言ってないぞ、祥子!! 続けろ。その淫乱な舌でのご奉仕をな」
男性の左手が背中に流れる柔らかな黒髪に差し入れ、わたくしの顔を・・・昂り先走りさえ垂らし始めた塊に押し付けるのです。
「はぁぁ・・っつ・・くちゅぅぅ・・・んあ」 
ぺちょ・・ 舌先を動かそうと開ける唇から、はしたない喘ぎがもれてしまうのです。
赤い縄で絞り上げる様に胸縄を掛けられたGカップのバストは、普段以上に敏感に・・・刺激を快感に置き換えて伝えてまいりました。
それもクリップで挟まれ・バラ鞭で打たれ・・・先ほどまではシーツに押し付けられて何度も何度も自らの重みで擦り上げられた敏感な状態からの玩具での責めなのです。
通常のセックスでは優しい快感しか与えられない敏感な部分を、今夜はこれでもかと責めたてられていたのです。
「これはお仕置きだよ、祥子。さっきアナルで逝った時に勝手にローターを落としただろう。出していいとは一言もいってないからな」 
コントローラーを右胸の上に掛けられた縄に挟み込みながらそう言うのです。
「ちゅ・・くちゅ・あぁはぁぁん・っぅつぷぅぅ・・」 
両胸の先端を二人の男性に同時に舐められているのと同じ快感が、身体の芯を通って・・・わたくしの花びらの間に流れ込むのです。
「ん・・くぅふぁあん・・ふ・・くちゅ・・・」 
疼きを押さえようと・・太ももをきつく閉じ合わせました。
直接刺激されているわけではないのに・・・先ほど2つともに男性の塊を胎内に入れられた時の余韻がまだ生々しく残っているかの様に、乳首への刺激はわたくしの蜜壷から新たな愛液を汲み出しはじめたのです。
「ゆるし・・てぇ・・おかしく・・なっちゃ・うぅ・ん」 
男性の塊はまるで今日初めて口戯を行った時と同じほどに、堅くそそり立っておりました。
ひざまくらをして、横向きになったままで唇と舌での・・奉仕・・を行うにはどうしても乳房が自らの重みで撓み・・・その度に玩具がまた新しい刺激をわたくしに与えるのです。
そのうえ・・・しっかりとテープで止められているのです。
堅くしこり立とうとする乳首の性質が、わたくしを裏切る様に・・より強い快感へと自らの敏感な先端を伸ばすのです。
 
「あ・・ぁん・・くちゅ・・はぁぁ・・ぺちょ・・」 
一言も返事をしてくださらない男性に、わたくしはご奉仕を再開するしかありませんでした。
唇を開くたびに漏れるのは、次第に舌音よりもわたくしのはしたない喘ぎ声になっておりました。
堪えられないのは声だけではなかったのです。
太ももの狭間は、わたくしにもわかるほどに蜜を溢れさせはじめておりました。
疼きを押さえ込もうと両脚を擦り合わせ・・・このはずかしい状況を悟られまいと・・・脚を身体に引きつけるような仕草をしてしまったのです。
「ふっ こっちはどうなっているのかな、祥子」 
男性の左手がわたくしの腰の側から・・・太ももの狭間までついと差し入れられたのです。
「あっ・・だ・めぇ・」 
ぴちゅぁ・・ 抗いの声と愛液の奏でる水音が同時に響いてしまいました。
「これじゃお仕置きにならないじゃないか。ん?どうなんだ祥子!!」 
男性は右手でわたくしの髪を掴み後に引くと・・口戯のために半開きになっていた唇に、濡れた中指を押し入れるのです。
「うぅ・・ぐぅっ・・ なぁ・・ ちゅ・・ちゅぷ・・」 
舌先には、ほんの少し酸味のあるわたくしの愛液の味が広がりました。
男性の塊から溢れる体液だけではなく・・・自らが出した体液までもを舌で清めさせられる屈辱は・・もうわたくしに怒りではなく、妖しい疼きしか与えませんでした。
口唇に差し入れられる指が1本から2本になり・・・わたくしは・・男性の指の股の白くやわらかい皮膚までもを、フェラチオと同じ繊細さで自然と舌を這わしてしまったのです。
「ふふ 自分の愛液が美味しいか、祥子。こっちを見るんだ!!」 
口腔の指を引き抜くと顎を掴み顔を仰向けます。
「・・い・ゃぁぁぁ・・ゆるして・・ください・・はぁ・・ん・・ごしゅじんさまぁぁ」
男性の表情に焦点があうまで・・少し時間が必要でした。
その言葉を聞いてはじめて自分が口にしていたものを認識し・・・耳までを朱に染めたのです。

「祥子、膝立ちになるんだ」
「あぁ・・ぁぁあん・・」
男性はわたくしを引き起こすと、ベッドの中程に膝を突かせ上半身をおこしました。
たふ・ん・・と動くGカップの白い乳房の先を、新たな刺激が襲うのです。
「これじゃ 物足りないか?祥子」 
胸縄に挟み込んだツインローターのスイッチを・・・わたくしの敏感な左の乳房側だけ・・強くするのです。
「やぁぁぁ・・・だめ・ぇぇ・・」 
膝を崩しそうになるわたくしの両手を掴むと、左手にもった縄で素早くくくり・・・縄端を天井の梁にかけるのです。
「立っていろと言ったろう。暴れると痕になるぞ。おとなしくしているんだ!」 
くぅいっ・・縄が引かれ・・・わたくしは両手を合わせたまま梁に向かって上に引き上げられてしまいました。
そして、ようやく膝を付けている姿勢を強制的に取らされました。
「はぁ・・ぁぁ・・・ぁぁあ」 
腕と共に引き上げられた乳房は・・白く張りつめ・・乳首の敏感な先端は面積を増した様に・・より一層機械特有の疲れをしらない振動を受け止め・・・わたくしの喘ぎを引き出すのです。
「いい姿だな、祥子。ボールギャグでも噛ませれば一人前の奴隷の姿だ」 
室内のほのかな照明は・・二筋の赤い縄だけがはしる背中からまぁるく隆起する腰のラインをほの白く照らしておりました。
「はぁ・・うっ・・っ」 
わずかに影になったわたくしの表情を満足げに眺め、背中からの灯りを三日月のように受け止めるGカップの乳房の丸みの外側を指でなぞるのです。
触れるか触れないかの指の感触は、ローターの振動をより淫らに変えるのです。
 
「どうして口枷をしないかわかるか? 祥子」 
くちゅ・・・舌先を吸い上げるように唇を貪ると・・男性はわたくしから3歩背中側に離れたのです。
バシィ!・・「はぁぅっ・・・」 
何の予告も無く、背中に鞭が打ち下ろされたのです。
パッ・ンッ!! バシッ・!! 「ひゃぁぅ・・やぁ・・」
「その声が聞きたいからだよ 祥子」 
パシ!・・・ また一打・・・ 「ゆる・・し・・てぇ・・ひぃぃ・・」 
ピシィ!・・パシィッ!! 「はぁ・・うぅ」

「ん、ローターの振動が弱すぎるのか? 鞭の痛みを快感に溶かすんだ。わかるな、祥子」
右手に今日初めて使われたのと同じバラ鞭を手にしながら、わたくしに近づくと玩具の2つのスイッチをMAXにまで引き上げたのです。
「あぁぁ・・はぁん・・だめぇぇ」 
先ほどとは音色の違う声がわたくしの口元から漏れます。
「そうだ・・背中の痛みをその快感に溶かすんだ。ふふ、祥子の白い背中に紅い鞭痕が綺麗に咲いている」 
わたくしの耳元で・・まるで催眠術のように言葉を囁くのです。
「おね・・がぁぁひぃぃ・・やめ・て・・えぇ」 
たった一度・・・胸を打たれただけでも、その衝撃の強さはわたくしを怯えさせるに十分だったのです。
想像を超える痛みもそうですが・・その痛みさえ快楽に変えてしまう・・・わたくしのM性が開花してしまうことが恐ろしかったんです。
「祥子にはできるはずだ。痛みさえ快感に変えられる、ほら!」 
膝立ちした太ももの間に手を差し入れて、抜き出したその掌は・・わたくしの蜜でしっとりと濡れていました。
「さっきよりも濡れてるじゃないか」 
愛液で濡れた手を、腕を吊るされ引き上げられながら・・・なおたわわに揺れる白い乳房に拭う様に擦り付けるのです。
「祥子、お仕置きだといったろう。祥子の真っ白な背中と尻に鞭で紅い絵を書いてやる」 
「あうっ・・ゆるし・・てぇぇ」 
手のひらをローターの上に当てた男性は握りつぶすかの様に・・掴み切れない乳房に指を食い込ませて言うのです。
「気が済むまで打たせてもらうぞ」 
「やっ・・・それだけは・・あぁぁ・・」 
鞭の痛みにどれだけ耐えられるものか・・わたくしには想像もつきません。
「祥子が僕だけの奴隷になると言えば10回で許してやろう。どうだ?」 
冗談とも言えない口調で先ほどの言葉を繰り返すのです。
ふるふる・・とわたくしは首を横にふるしかありませんでした。
「ふっ それじゃこれを限りかもしれないからな。気が済むまで打たせてもらうよ」
気丈に・・でも、鞭への恐怖を滲ませるわたくしの表情をじっと見つめるのです。
「一つだけチャンスを上げよう。僕の鞭を数えるんだ。30まできちんと数えられたら止めてあげるよ」 
えぇっ・・・30・・も・・・そんなことできない。
「あぁ・・許して」
「そのかわり間違えたらもう一度1から数え直しだ。30きちんと数え終わったらその手を解いてやる」
怯えるわたくしの顔を引き寄せると・・またディープキスを重ねるのです。手を縛り上げ・胸縄で引き絞られたGカップの乳房の先端にツインローターをテープで止められた・・・淫らな奴隷姿のわたくしに・・・
「膝を開くんだ。もっと!」 
男性は閉じているわたくしの膝を肩幅ほどに開かせると、先ほどの位置に戻ったのです。
 
「さぁ いくぞ!」 S性の齎せる喜びに酔った声が響きます。
バシッ!・・ 「ひぃ・・とぉつぅ・・」
バシッ!・・ 「ふた・・ぁぁぁつ・・」 
一打ちごとに、まだ鞭を受けたことの無い場所を鞭の先端が舐めてゆくのです。
バシッ!・・・「みっ・・ちゅうぅぅ・・はぁぁ・・いたぃぃ」
バシッ!・・ 「よっつ・・ぅぅ・・」 
胸縄が走る細い場所は鞭を避けることができるのですが、その起伏がいくつにも分かれた先端を時間差で脇腹に当てるのです。
パァン!・・ 「ひぃぃ・・いつぅつ・ぅぅ」

muchi.jpg
 
はじめて柔らかな白い尻肉へ革が食い込みました。脂の乗った場所の鞭音は違うのだと・・気づくことなど出来ませんでした。
パァン!・・ 「むっつぅぅ・・ゆるし・・てぇぇ」 
パァン!・・ 「なな・・はぁあん・・つぅぅ」 
ぎしっ・・梁に吊られている縄の音がします。
バシッ!・・ 「やっ・・つぅ ・・ゃぁぁ」 
「妖しくなってきたな祥子。ちゃんと数えろ! いつまでも打たれたいのか」
一段と力を込めた一打が振り下ろされたのです。
バシッ!・・ 「ひぃぃ・・・とぉぉ・・」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
こんばんは(*^-^)
祥子さん・・・こんばんは(⌒∇⌒)
コメントありがとうございました・・・でもちょっと来ない間にすごい量のアップです・・・・ちょっとまねできません・・・っていうかうらやましいです・・・o(*^▽^*)o~
ムーンナイト・・・すごくSMで好きです・・・最新のしか読めなかったけど・・・鞭打ちのシーンすごいです・・・痛いっていうのすごく伝わってきて・・・・また最初から読みたいです・・・・ヽ(゜ー゜*ヽ)

2006/02/27 22:19| URL | 悪夢(あむ☆)  [Edit]
鞭の痛みと重なる快感が漏れて悶え苦しむ様子に、一度擦らせていただきました^^



2006/02/27 22:34| URL | Gay  [Edit]
こんばんわぁ
やっと帰還いたしました・・・

あいかわらず祥子さんの小説はドキドキもんですねぇ^^

川柳のほうもほんといつも応援してくださってありがとうございます。

もしよければ一度お話しませんか?
いつもココのチャットにいますので^^
http://clubreika.blog45.fc2.com/

2006/02/27 23:08| URL | 悪鬼  [Edit]
祥子さん
こんばんは^^
読むのに時間がかかってしまいました。

今の菜月にはとっても毒な読み物です(T_T)
だってご主人様にいつ逢えるか分からないんだもん・・・

思わず自分を合せてしまいます(*^_^*)

2006/02/27 23:31| URL | 菜月  [Edit]
コメントありがとうございました。
お返事が遅くなってもうしわけございません。
イラストをアレンジしてアップしていたものですから・・・なんて言い訳をして
どうかお許しくださいませ。


悪夢様
いらっしゃいませ 悪夢様。
今はmsnからのお引っ越し中なので・・・旧作の再アップですから
結構なペースと量でアップさせていただいています。
新作になりますともう少し一話が少なくなるでしょうか(笑)。
そうなっても見捨てないでいらしてくださいね♪

Gay様
鞭の痛みと衝撃は・・・特別ですね。
心理的な効果もあるのかもしれません。
わたくしのはしたない姿に感じていただけるなんてありがとうございます。
その姿をイラストアレンジでアップしてみました。
身悶えるわたくしを感じていただけたらうれしいです。

悪鬼様
研修おつかれさまでした。
心愛様との時間を少しは持つことができたのでしょうか?
これからは出張も多いとか・・・悪鬼様のブログのファンとしては
お休みも増えるのかしらとドキドキです
新しい職場でますますご活躍くださいませ。

菜月様
いえいえ お時間がかかるなんて・・そんなこと。
ムーンナイト・アフェアは長編ですので
菜月様のお時間を裂いていただけたなんてありがとうございました。
主様とお逢い出来るまで・・・の慰めに使っていただけたら
そう心から願ってしまいますわ。
お優しい主様がいらっしゃるだけでもわたくしにとっては羨ましいことです♪

2006/02/28 08:59| URL | 祥子  [Edit]
ご訪問ありがとうございます・・・
僕のブログに訪問してくださいましてありがとうございます
うわ~・・・ものすごく読み応えのあるブログですね
最新の記事を読ましてもらいましたけど・・・
SMプレイの描写が・・・ムクムクとうずいてしまいましたw
過去記事もじっくりと読みに伺いますね
リンクさせていただきたいと思います
よろしくです

2006/02/28 14:07| URL | まーくん  [Edit]
まーくん様
いらっしゃいませ。 コメントありがとうございました。
いまはお引っ越し中なので順に旧作からまとめてアップしております。
閑話休題に簡単な作品のご紹介もアップしておりますので、
ご参考にしていただければ・・・と思います。
これからも宜しくお願い申し上げます。

2006/02/28 18:08| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)