FC2ブログ

ムーンナイト・アフェア 20

「きちんとお願いしてみろ!! 祥子。それまでは、やらないぞ!!」 
突き入れたまま奥を捏ね、子宮口に塊の先端をこじいれる動きを何度も何度もくりかえすのです。
「ごしゅ・・じぃん・・さぁっ・・まぁぁぁぁぁ」 
語尾が喘ぎに溶けるほどに・・・男性が両手で白い乳房を握りつぶすような刺激は、わたくしの花芯に直接響いたのです。
「あぁぁあああ・・ゆるしてぇぇ・いっちゃう・・ぅぅ」 
指の間から溢れる白い肌をも嬲るように力を掛け、手のひらでローターを一層強く乳首に押し付け・・捏ね回します。
ひく・・ひくと・・塊が出し入れ以外の動きを柔壁の中でくりかえすのです。
男性の射精衝動の訪れの間隔も次第に短くなっているようでした。
「だめだ!ちゃっんと言うんだ!!祥子。お前だけ勝手にいくなんて許さない」 
びりっ・・右の乳首のローターを引きはがすと・・跳ねる様に立ち上がった乳首を甘噛みするのです。
「ひぃぃぃ・・・っ・・あぁぁぁぁ」
ハスキーさを増しながらわたくしの声は限りなく音階を上げてゆきました。
「言えないのか! まだ足りないか! こんなに溢れさせて!! 言うまで何度でも責め続けてやる!!」 
くいくいと締め付ける内壁を再び大きなスライドで・・・かりで掻き上げるように抽送を繰り返すのです。
わたくしのホワイトアウトした思考には・・男性の求めている言葉が・・なかなか浮かんではきませんでした。そのかわりのように・・幾度も繰り返し容赦なく登り詰めさせられた身体は・・・耐えきれずに<あるもの>を求めはじめたのです。
「はぁぁぁ・・ごしゅじんさま・・の・・せいぃえきをぉぉ・・くださぁぁい」
男性の迸る精液の熱さとねとねととした・・白濁したあの・・重みを。
「しょうこの中を・・まっしろに・・してぇぇ いくぅぅぅぅ・・・」
「くれてやる!! 祥子 くっ!!」 
ぱん!ぱん!ぱん!!強く3度最奥に叩き付けると子宮口に直接注ぎ込むように精液を吐出したのです。
「あっ・・はぁぁぁぁ・・・・」 
快感に耐え切れず弓なりに反る白い身体は・・・赤い縄にいましめられた二つの白い乳房を男性に捧げる様に・・・浮き上がらせました。
「っく・・あぁぁ・・ぁぁ だぁ・・めぇぇ」 
ねだるような動きに誘われて男性の右手は射精の間中、右の乳房をきつく・きつく・・握りしめていました。
塊に貫かれた腰は愛液で濡れそぼったベッドカバーに押し付けられ、動くこともできません。
「はぁ・ぁん・・・ん・んん」 
かわりに肩と背が幾度もバウンドを繰り返し・・はしたなく白いGカップを揺らして左の乳首に貼付けられていたローターさえも・・振り落としてしまったのです。
追いつめられた快感は・・わたくしの身体に幾度もの終わらない絶頂を強いました。
「・・・はぁぁ・・・っ・・」 
男性を飲み込んだ身体の芯のひくつきが収まるまでどれほど掛かったことでしょうか。わたくしの理性はどろどろに蕩けた欲情にまみれて白く霞まされてしまったのです。
「ふっ・・」 
総指で握りしめるかの様に咥えこんでいた蜜壷の圧迫が和らいだところで、男性は微かなため息をつき上体を起こしました。
わたくしの胸縄からコントローラーを取りあげ、乱れた髪の中で弱々しく振動をくりかえす二つのうずらの卵のようなプラスチックの塊の動きを止めました。
それからゆっくりと男性が引き抜いた塊の先端には、二人の体液と・・一筋の紅い血液が混じっていました。あまりの快感に予定よりも早く・・月経が訪れてしまったのです。
ベッドサイドから乱暴にティッシュを引き抜くと男性はご自身と・・わたくしを優しく拭ってくださったのです。
 
「起き上がれるか? 祥子」 
「・・は・・・ぃ・」 
気を失っていたわけではありませんでした。ただ、過剰な刺激に忘我の縁を漂い・焦点の合わない瞳のわたくしを覗き込む様に、男性が声をかけてくださいました。
ゆっくりとわたくしの意識の中に長谷川さんの像が結ばれてきたのです。
起き上がろうとしながらも力が抜けた肩を抱き上げられて、ベッドの上に座る体勢にさせられました。
「縄を解くからな」 
ひりつく喉の痛みに声を出さずに首だけを縦に振りました。
シュ・・シュルッ・・・ アナルを男性自身で犯された時からわたくしの胸を絞り上げていた縄が漸く解かれたのです。ただ・・全ての縄を解き終わっても白いわたくしの肌には紅い縄痕がくっきりと残っておりました。

nawa.jpg

「そこに立ちなさい」 
ベッドサイドまで手を引かれ、仄かな中庭の灯りに向かって立たされたのです。
「肩幅に足を開いて両手を頭の後で組むんだ、祥子」 
手首にまだ微かに紅い痕を付け、だるさすらのこる腕をゆっくりと頭の上で組みます。
身体の前面にはGカップのたふ・・ん・・と揺れる乳房の上下に紅く縄の痕が、背中には30回の鞭打ちの火襷のような痕が・・・いまはもうほんの微かではありますが残っておりました。
「足を開け。聞こえなかったのか、祥子」 
今日待ち合わせ彼の車の助手席に乗り合わせたときから嬲られ続けて、わたくしはもう理性などすっかり麻痺させていたのです。男性の言葉の通りに脚を開きました。
つっ・・・わたくしの胎内に放たれた精液と経血が左の内股を流れてゆきます。
「おねがい・・です お風呂に・・」 
二人の体液だけが溢れたと思っていたわたくしは、あまりのはしたなさに脚を閉じ腕を下ろそうとしたのです。
「動くな、そのままだ祥子。またお仕置きをされたいか!」 
お仕置き・・・縛られて吊るされ鞭打たれた記憶が・・わたくしの動きを止めました。
「ゆるし・・て・・見ないで・・」 
うつむくと同時に肩から乳房にしなだれかかる漆黒のロングヘアと、秘所の茂み以外のわたくしの身体は・・・脚の間を滴り流れる淫らな液体さえもが・・・紅と白の彩りだったのです。
 
「祥子、良く耐えたな。良かったよ」 
ボクサーパンツだけを身に付けた男性は、わたくしの回りを品定めをするかのように歩くと・・・満足げに頷いて、漸く許しの言葉を口にしたのです。
「生理がはじまったみたいだな。辛くないか」 
髪をなでる男性の手の感触にうっとりと身をまかせていたわたくしは・・その言葉で我に帰ったのです。
「あっ・・・いや・・」 
膝まで流れた体液に混じる赤い色を、はじめて認識してとっさに脚を閉じ腕を下ろしたのです。その時期特有の子宮のにぶい痛みを感じてはいたものの・・・責めがもたらしたものだと・・疑ってさえいなかったからです。
「ふっ 予定外だったのか?祥子」 
うつむいたわたくしの顎を引き上げる様にして長谷川様が質問をなさったのです。
「・・・はい」 
目元を赤く染めて・・・答えました。
「身体がそこまで反応してくれるとはな。可愛いやつだ、ますます気に入ったよ祥子」 そしてこの夜でもっとも優しいディープキスを・・くださいました。
「お風呂に入っておいで。朝までもう数時間しかない、ゆっくり眠ろう」 
広いバスルームに連れていくと・・・わたくし1人を残して長谷川様は部屋に戻ってゆかれたのです。



祥子からの手紙-8

こんばんわ 長い・長い夜が・・・漸く終わりました。
 
わたくしがシャワーで身を清め・・・掛け流しになっていたお風呂で痣のついた身体を十分にあたためてから出ると、そこにはなめらかなシルクのスリップとTバック、そしてひっそりと生理用品がバスタオルとともに用意されておりました。
ひりつく背中さえ、やさしいスリップの感触が癒してくれるようでした。
ベッドに戻ると・・・淫らな体液で濡れていたカバーは外されて・・・白いシーツをめくりあげて長谷川様が待っていてくださったのです。
ベッドに腰掛けたわたくしに・・・2度・・口移しで冷たいミネラルウォーターを飲ませると「少しでいいから休みなさい」と言いおいて、男性はバスルームに向かわれたのです。
 
そのまま寝入ったわたくしは次の朝、彼の腕枕で起こされるまでの数時間・・・泥の様に眠ってしまいました。
 
翌朝・・・言葉通り、長谷川様は切り刻まれたランジェリーの替わりを・・もう一組プレゼントしてくださったのです。
ブラウスの袖口から見える赤い痕を指でなぞって 「祥子 また連絡するよ」 そう仰った理知的な横顔が印象的でした。
 
縄痕は・・・1週間ほど消えませんでした。
 
わたくしにはM性があるのでしょうか。
そして次に長谷川様に誘われたとき・・・わたくしは応えてしまうのでしょうか。
 
あの夜の疼きはまだ身体の芯に残っているようです。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
祥子様
イラストがあまりにも美しく・・・祥子様を実に見事に表現していて感動いたしました。

最後の激しさと・・・一筋の血・・・

そして1週間消えなかった縄の跡・・・・

官能という言葉だけで言い表すのは無智でしょうか・・・


2006/03/01 22:30| URL | 桜草  [Edit]
桜草様
ひと言でこの夜をあらわすなら・・・やはり<官能>なのだと思います。
身体だけで感じるのではなく、脳でも感じさせられてしまう・・・
そんな一夜でした。 身体がはしたない・女としての反応を示してしまうほどに。

イラスト 楽しんでいただけてうれしかったです。
こんな風に文字と絵をコラボレーションできたらと
HAIREI様にお願いして、つくりはじめた<大人の絵本>です。
相応しいアレンジができたら・・・これからもアップをしてゆきます。
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ♪

2006/03/02 01:17| URL | 祥子  [Edit]
こんにちは。
何故こんな素敵な長編を
毎日のように更新出来るのでしょう。

素晴らしすぎます・・・。

こんなに題材をお持ちなら
官能小説を出版出来るような気がしますが。。。

尊敬してしまいます。

2006/03/05 18:19| URL | 藍鷹 麓斗   [Edit]
藍鷹 麓斗様
こんなに毎日長編を更新できているのは
いまだにmsnからのお引っ越しの途中だからですわ。
旧作をリメイクしながらの転載ですから
ある程度の量をまとめてアップできているのです。
完全に新作になってしまうともう少しペースダウンしてしまいます。
できるだけ毎日アップするように心がけてはいるのですけれど。

出版・・・憧れますね。
出来たらよろしいのですが♪

2006/03/06 01:08| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)