FC2ブログ

初雪 11

「こんなに破れていては身に付けていてもしかたありませんでしょう。ストッキングを脱がして差し上げますよ、祥子様」 
山崎さんがわたくしの両足首を抑えると・・・シェフの指がガーターベルトの留め具を右の脇から一つづつ外してゆくのです。
「おねがい・・やめて・・このままで部屋に戻ります。許して」 
先ほどの <だめ> が招いた・・・より淫らな責めを逃れたくて、今日はじめてお逢いしたシェフに哀願を重ねたのです。
「さぁ反対側です。脚の向きを変えてください」 
このままでは外すことのできない左脚の留め具を見せろと迫るのです。
「やぁ・・ゆるして」
「この姿で僕たちと望月の待つ部屋に戻るんですか?誰がくるかわからないホテルの廊下とエレベーターの中を、破れたストッキングと・・・ドレスの前を落として乳房を露にしたままで・・・ですか、祥子さん」
「それもいいですね。こんな格式の高いホテルで露出ですか。どこで誰に見られるかわかりませんが、ふふ そそられますね」
「ちがうわ・・・帰る・・の・・」
「あんなに美味しいお料理を作ってくれたシェフに選んでもらいましょう。ホテル内で露出しながら祥子さんを嬲っていただくか、ここでシェフが望むようにするか」 
石塚さんがグラスを手に、わたくしが抗えない・・・そんな選択を口にします。
「そうですね。私がそのようなことをしているのを社内で知られる訳にはいきませんから、 残念ですがこの場で祥子様に私の希望を叶えていただければそのほうがうれしいですね」
そしてわたくしの脚を、指先で触れるか触れないかの微妙なタッチで撫で下ろすのです。
「ぁ・・ぁあ・・」
「祥子様 脚の向きを変えてください」 
わたくしは脚を反対側に倒すしかなかったのです。
最後の留め具を外すと・・・左、次いで右の足首を引き・・・無惨に伝線したストッキングをすーっと引き下ろしていったのです。
ウエストに巻き付いたガーターベルトの先が・・・わたくしの腰でゆらっと・・揺れました。

「ナフキンでは祥子様の白い肌が傷ついてしまいそうですね。取って差し上げましょう」 
シェフと石塚さんが左右の手首のナフキンを解いてくださいました。
でもそのまま自由にしてはいただけなかったのです。
伝線したストッキングで・・・わたくしの手を頭上でひとまとめにして・・・そのまま括ってしまったのです。
テーブルから起こされた上半身は、真っ暗な夜景を浮かべる窓を背景に浮かび上がっていました。 
たふん・・白い乳房が揺れ・・胸元を覆っていたビーズに彩られたシルクがはらりと・・・淫らな姿を浮かびあがらせてしまうのです。
ダイヤとプラチナのかんざしでシンプルに結い上げてある髪は・・・さきほどの責めでいく筋かほつれ・・・首筋から胸元にまで後れ毛が落ちかかっていたのです。

yakei22.jpg

「あぁ なんて姿なんですか」 
「おねがい・です・・見ないで・・・」 
黒のシルクのストッキングでくくられた手首を胸元に引き寄せて・・・最後の被いさえ取り去られた白い乳房を・・・隠したのです。
「美貴様 どこまで許されるのですか?」 
シェフの視線はわたくしからほんの僅かも外されることはありませんでした。
声だけでこのレストランの予約をした美貴さんに、わたくしをどこまで楽しめるのかと聞くのです。
「そうですね。祥子さんがシェフに心を赦しているなら・・・ほとんど全てのことを許してくれるでしょう。そういう方なんです」 
美貴さんの脳裏には箱根の一夜がくっきりと思い浮かべられていたのでしょう。
「皆様方は・・・今夜は?」 
こんな装いをさせた女性を一人だけ連れた3人の紳士。今夜これから3人で・・・と考えたのは当然のことだったのでしょう。
シェフはお客様であるこの3人を不快にさせてはいけないと・・・欲望を滾らせながらもプロの意識で問いかけたのです。
「僕たちはこれから3日間を一緒に過ごす予定なんです」
「こちらのホテルでですか?」 
「いえ、明日には僕の別荘へお連れするんです」
石塚さんが答えます。
「そうなのですか」 
残念そうな声。それとともに瞳にこもる欲情は強まっているようでした。
「それで今夜はわたくしが味合わせていただいてもよろしいのでしょうか?」 
視線をわたくしから外す事なく3人に問いかけました。
「ええ」 「どうぞ」 「美味しい食事の御礼です」 
三人は共に昂りを示しながら、同時にYESの返事を返したのです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
NoTitle
祥子さん、先ほどはコメントありがとうございました (^_^)ニコニコ 
ほんとは前からチラチラとのぞき見させて頂いてたんですけどね v-398
しかしまあ、毎日更新されておられるなんてびっくりしちゃいますね、私にはとっても無理です(^^;
なんともムーディでエロチックで、祥子さんの表現にはもう圧倒されちゃってます。
(^^ゞポリポリ
これからはのぞき見はやめてコメントさせて頂きますね~~~ o(●^▽^●)oあはははっ♪



2006/03/19 16:27| URL | 院長  [Edit]
こんばんは(⌒∇⌒)
祥子さん、コメント&履歴((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.ァリガトゥございますヽ(⌒‐⌒)ゝ チュッ☆
ストッキングで縛られちゃだなんて、、、キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

ついでに温熱ローションもつかってd|●´∀`●|ネッ

2006/03/19 18:50| URL | りりこ  [Edit]
春の宵いかがお過ごしですか?
夜になって風が冷たくなってきました。
東京の桜の蕾はこれでまた少し・・・開く時期が遅れてしまうのでしょうか?

院長様
ありがとうございます。
以前からご覧頂いていたなんて・・・うれしいです。
これからはぜひ、ひと言頂戴できますでしょうか。
お手数とは思いますがよろしくお願いいたします。

りりこ様
以前から美しいお写真などを見せていただいておりました。
こちらにコメントいただけるなんてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
温熱ローション・・・さっそくこの後の物語に使ってみましょうか♪

2006/03/19 21:15| URL | 祥子  [Edit]
ひきこまれそうで、こわくなります
祥子様
明日からまたまた出張です。
上海にもどるころにはどんな展開になっているのでしょうか?たのしみにしています。

2006/03/19 23:32| URL | yamatan  [Edit]
初めまして
コメントを残させていただくのは、今回が初めてですね。
以前からお邪魔していたのに、足跡も残さず申し訳ありませんでした。
それなのに私のほうのブログにコメントを頂き、どうもありがとうございます。

いつも引き込まれるように拝読させていただいております。
これからもお邪魔させていただきますね♪

2006/03/20 00:25| URL | じゅんこ  [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/03/20 08:09| |   [Edit]
おはようございます
訪問&コメントありがとうございました
ドキドキしながら 読ませていただきました( 〃∇〃)
今度、デートの時に ストッキングはいて行こう♪と心に誓ってしまいました^^;
この後の展開も楽しみです(*^-^)
また、お邪魔しまぁす
よろしくおねがいします♪

2006/03/20 08:22| URL | 月うさぎ  [Edit]
東京の桜も咲きはじめました
東京駅八重洲口の桜が一輪・二輪開きはじめました。
白かと思うほどの淡いピンクが愛しいですね。
あとどのくらいで満開になるのでしょうか?

yamatan様
もうご出張に出られたあとですね。
無事に上海にお戻りになるのを心よりお祈りしております。

じゅんこ様
コメントありがとうごさいます。
お越しいただいていた方にこうして一言でも頂戴できるととてもうれしいです。
これからも、可愛がってくださいませ。

月うさぎ様
わたくしの方こそ、コメントありがとうございます。
20代の方は最近ストッキングをお召しにならない方も増えましたね。
時にはガーターベルトでストッキングを吊ってみせるのも、大人の雰囲気で素敵だと思いますわ♪
これからも宜しくお願い申し上げます。

2006/03/20 16:28| URL | 祥子  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)