FC2ブログ

黒衣の情人 6

建築用の大きな照明が、まるで間接照明のように配されて空間を明るく照らします。
外は肌寒いほどですのに、あちこちに設けられた大型のオイルヒーターはほんのりと室温をあたためておりました。
そして、眼の前には・・・わたくしの見たものが錯覚ではないと諭すように、20畳ほどのペルシャ絨毯の上に、応接セットとグランドピアノが置かれていたのです。

「流石の祥子さんも、こんなところに来るのは初めてかい?」
「え・え・・・」
マンションのプランニングのお仕事をお手伝いをしたことはありました。それでも建築途中の、まだ内装すら済んでいない建物の中に、ヘルメットもなしで入ったのははじめてでした。
わたくしをソファーへとエスコートすると、長谷川さんはわたくしの肩に手をかけて座る様に促すのです。
ムートンのコートを脱いで袖だたみにしてソファーの肘掛けにかけると、ゆったりと座面の広い革張りのソファーにわたくしは腰を下ろしました。
「このビルは、いま僕が手がけている仕事の1つなんだよ。」
長谷川さんも暖まったソファーの周りの空気を確認するように、バーバリーのコートを脱ぎました。
わたくしのコートを一緒に手に取ると、ソファーの後ろにあるハンガーラックへと吊るしてくださいます。
そして、次に向かわれたのはソファーセットの少し先にある小さな冷蔵庫でした。
ヴーヴクリコのミニチュアボトルと、グラスを2つ。長谷川さんは大理石のテーブルに並べました。

「もう、ライフラインは完備している。化粧室も、ほらあそこに出来上がっているから心配しなくていい。」
長谷川さんが指さしたのは、さきほどエレベーターを降りてすぐに目についた壁に囲まれた空間でした。3枚の建築用シートの2枚目と3枚目に挟まれる様に・・・その空間はありました。
「さぁ、3ヶ月ぶりの再会に乾杯しよう。」
「乾杯♪」
チン・・・ グラスを交わす澄んだ音が響きます。でもわたくしはまだ不思議な心持ちから抜け出すことができなかったのです。
そこに配されているものは、1つ1つはとても見事なものでした。
でも、普通なら存在する訳のない場所にレイアウトされた贅沢な品々は・・・まるでダリの絵の中に入り込んでしまったようなシュールな感覚に、わたくしを浸していたのです。

「ここって、竹上建設さんが建ててらっしゃるビルなの?」
「そうだよ。完成すれば、あの石Jr.が販売する。もう少しで鳴り物入りのCMがあちこちの番組で流れる様になるよ。」
「なにになる予定なんですの?」
「このビルは、下層階がショッピングセンター、中層階にオフィス、上層階はあるシティホテルが入ることになっている。」
34階・・・ここは多分、将来はホテルになるフロアでしょう。
「このビル全部の設計を長谷川さんが手がけられたの?」
「はは、うちの設計事務所が手がけてる。」
「でも・・・」
ご自分が、と仰らないところがこの方なりの奥床しさです。あの時、石さんもそう言ってらしたのです。黒部設計の名前で創られるこういう物件は、全て長谷川さんがこなしていると。
「でも、どうして・・・?長谷川さんが手がけた物件なら、他にいくつもあるでしょう。」
「そうだね。気まぐれかな。」
もう1本、シャンパンのミニボトルを冷蔵庫から出すと、ご自身とわたくしのグラスを満たして・・・今度はソファーにはもどってはいらっしゃいませんでした。
黒のウールのジャケットだけを脱いでソファーの背に掛けると、グラスを持ってグランドピアノの前に座られたのです。

パララ・ラ・ン・・・ わたくしからは、長谷川さんの背しか見ることができません。それでも澄んだピアノの音は、彼の腕の動きに添って響いていました。
「誰にも邪魔されずに、祥子さんと思う存分過ごしたかった。それに、この間の船上パーティで僕の正体もバレたしね。だったらこういうのもいいかと思ったんだよ。実は少し自慢もしたかったし・・ね。」
最初はランダムに叩かれていた鍵盤は、いつしか今宵長谷川さんの隣に腰を下ろした時に流れていた<枯葉>へと変調してゆきました。
「これって・・・まさか・・もしかしてわたくしのために?」
「ふふ、祥子さんも変な人だね。君のため以外に、なんでここにこんなものが必要だと思うんだい?」
「なんて・・こと・・。」 
たとえ、設計を一手にご担当されているとは言っても、こんな機材を運び込んで・・・1人で今夜だけとはいえ一晩中勝手をするなんて・・・セキュリティの上からも考えられません。
「このフロアはいずれスポーツクラブになる予定なんだ。もう一つ上のフロアはバーとレストランのフロアだ。躯体が出来上がったところで、設計のイメージを固めたいと竹上開発の担当者とここの現場監督に相談したら、二つ返事でこの空間を作ってくれたよ。24日の夜まで、このビルには僕1人しか立ち入れないことになっている。」
こんな風に話しながら、長谷川さんの手は止まりませんでした。ジャジーな枯葉を情感たっぷりに・・・アレンジしながら弾いてゆくのです。
わたくしは、彼のピアノの上を走るしなやかな指が見たくなって、グラスを持ってピアノの側に近寄ったのです。
「ここじゃ、気に入らないかな?」
わたくしの返事など気にする風もなく、長谷川さんの指はピアノを操ります。今度は・・・エミリー・・です。
「気に入らないなんてこと・・・こうして連れて来て下さってうれしいわ。でも普通だと『ほら、これが・・・』って仮囲いの外から教えて下さるだけでしょう。だからタクシーを降りた時、ここから別のところに行くのかと思ったの。ごめんなさい、びっくりしただけよ。」

長谷川さんの指は、ときおり関節が白くなるほどに力強く鍵盤をたたくかと思えば、まるで触れているだけでピアノが快感のため息を漏らしているかの様に軽く、羽のように長い指を閃かせてゆくのです。

黒衣の情人 7

長谷川さんは手もとを見る事なく、わたくしに話しかけてくださいます。
それでもミスタッチのない演奏は長い間ピアノに触れていた経験を感じさせました。
「ははは、現場を見せるだけなんてそんなありきたりなことは石Jr.がさんざんしているだろう?」
「いいえ、そんなことは一度もなかったの。石さんのことも、あんなに大きな会社の偉い人なんだってあの日初めて知ったんですもの。」
「ほぉっ・・・」
長谷川さんは意外そうな表情をされていました。
「ディベロッパーをしているとは聞いていたわ。でもあの業界もピンからキリでしょう?だから、お1人で人脈を生かした・・・そんなお仕事をなさっているのだとばかり思っていたのよ。」
「見掛けによらず、粋な人なんだね。」
粋な人。長谷川さんが石塚さんを評するその言葉は、正に正解でした。
「ふふふ、ひどいわ。そんな風におっしゃったら石さんに怒られちゃいますわよ。」
「はははは・・・。」

笑い声をきっかけに、流れ出した次の曲は Fly me to the Moon でした。
「歌えるだろう?歌ってごらん。祥子さんの声が聴きたい。」
じっとこちらを見つめて、リリカルにジャズのスタンダードのメロディラインを引き続ける長谷川さんに・・・わたくしはシャンパンで喉を潤すと・・・いつもお話しているよりは幾分か高い声で歌いはじめたのです。

Fly me to the moon 
Let's me sing among those stares・・・
今夜のライブのようなインスツルメンタルは、アドリブにアドリブを重ねてゆきます。ですが、長谷川さんの弾くピアノはまるで映画音楽のように綺麗にわたくしの声に添ってくださいました。
You are all I long for all I worship and adore
変調をかけた一節のあと、ゆっくりと、長谷川さんの眼を見ながら最後の歌詞をつづけたのです。
In other words, please be true 
In other words, I love you
”言葉なんかじゃなくて・・ほんとうの気持ちを教えて・・・おねがい・・愛してるわ“
「澄んだ声だね。なのに、背筋を這い上るような艶と声量がある。不思議な声だ。きっと上手だとは思っていたが、これほどとは・・・思わなかった。」
「恥ずかしいわ。お聞かせするつもりなんてなかったのに。」
確かに接待のような席で、カラオケを歌うことはありました。
生のピアノで歌うなんて本当に数少ない経験です。
長谷川さんの指は、まだ同じメロデイーを繰り返して弾いてらっしゃいました。リズムを変えて・アレンジを変えて・・・。

「ここで、ランジェリー姿になりなさい。」
まるで「歌ってごらん」と言うのと同じ調子で・・・長谷川さんがそうおっしゃったのです。

黒衣の情人 8

「えっ・・・・」
「祥子。もう一度言わせたいのかい?ここで、自分で、服を脱ぎなさい。」
長谷川さんがわたくしを<祥子>と呼ぶ時。
それは、優しい紳士から1人のSになったときでした。そして、それは同時にわたくしが、彼の求める極上のMとして存在しなくてはならない時が来たことを意味しました。
でも・・・まさか・・・こんな四方がガラス張りで外が見えるような場所で始まってしまうなんて・・・。
「ここで、ですか?」
わたくしの声には、怯えが混じっていたかもしれません。
20畳ほどのペルシャ絨毯が敷かれたこの場所以外は、打ちっぱなしのコンクリートと鉄筋が剥き出しになったままの空間なのです。
閉鎖されたホテルの部屋とは違う空間は、ここが長谷川さんの神聖な仕事の場であることもあってこのまま・・・彼の罠に落ちてゆくことを躊躇わせたのです。
「もう充分空気もあたたまったことだろう。ワインの酔いも祥子の身体を暖めているはずだよ。外壁は全て偏光ガラスだ。外からはよほど絶好の角度でもないかぎり覗かれることはない。安心して祥子の身体を僕に見せなさい。」
わたくしは、まだ躊躇っておりました。
確かに長谷川さんがおっしゃる様に、外からは閉鎖された・・・見られることのない空間にいるのでしょう。
でも、あまりにくっきりと見える冬の都会の夜景が・ところどころに点くビルの窓明かりが・・・わたくしを呪縛しておりました。
「さっそくお仕置きかな?僕はピアノから手を離せない。なのに手を貸さないと、このお姫様は服を脱ぐこともできないというのかい。」
お仕置き・・・。
長谷川さんのおっしゃるお仕置きは、言葉通りの厳しい罰でした。わたくしは・・・それでもほんの少し躊躇った後で、革のジャケットの釦に手を掛けたのです。

「そう。それでいい。」
わたくしは長谷川さんから顔を背けるようにして、肩からジャケットを床へと落としました。続いてシャツの袖口の釦を外したのです。
次は胸元の釦・・・3つめ・・4つめ・・・5つめ・・・。
「綺麗な赤だね。白い肌に良く映える。祥子は自分の魅力を良くわかっている。黒いメンズ仕立てのシャツの襟元からこんな色を見せていたら、支配人はその場から動けなくなったろうね。まるで現代の花魁のようだよ。」
ピアノの音が変わっていました。
Summer Time。セクシーな啜り泣くようなメロディーが、長谷川さんの指先で奏でられてゆきます。
シャツのウエストは、スカートの中でした。命令通りにするために、わたくしは両手を後ろに回してスカートのホックを外そうとしたのです。

「待ちなさい、祥子。ここに来て、その姿のまま左脚を椅子に掛けなさい。」
「・・・はい。」
2歩だけ、長谷川さんに近づきました。
彼が腰を下ろしているピアノ用の椅子の座面の下の横木に、左脚のハイヒールのつま先を掛けたのです。
はら・っ・・・ 
90度以上に持ち上がった太ももは、スカートのスリットの間からガーターストッキングの留め具の上までもを晒しておりました。
引き上げた脚を彩るように、真紅のスリップと光沢のある黒のベネシャンのスカートは左右に着物の重ねのように垂れていたのです。
あまりに刺激的な色のコントラストに、わたくしは無駄とは知りながら椅子に掛けた膝を・・・スカートの奥まで見通そうとする長谷川さんの視線から避けるように内側へとほんの少しだけ倒しました。
「手は左右に自然に垂らして、そう。」
長谷川さんの指は、そうおっしゃりながらも一時も止まりません。
さらっと・・・流す様に弾いていたSummer Timeに、却って熱が籠るようでした。
彼の椅子にかかった黒革のハイヒールからわたくしの羞恥に染まった耳元までを、長谷川さんはねぶるように見つめておりました。

「祥子。黙ってないで、言うことがあるだろう。他の男に甘やかされすぎて、忘れてしまったのかい?」
アッシュグレイの前髪と同じさらさらとした肌触りの声。
ピアノの音とは裏腹に、冷静なその響きが1年も前のあの夜をわたくしに思い出させたのです。

黒衣の情人 9

「わたくしの・・・はしたない姿を・・ご覧下さい。ご主人様。」
わたくしの喉から出たのは、さきほどの歌の時とは全く違う・・・声でした。
やっと、絞り出した掠れた声には、もう・・・長谷川さんの視線に犯されて感じてしまったはしたないわたくしの体内に生まれた淫らな熱が籠っておりました。
「そうだ。良く覚えていたね。それに僕の好みも。」
視線を避けるように背けた頬に長谷川さんの眼差しが注がれているのにも・・・気づいていました。
「ランジェリーはスリップだけが赤なのか?」
「・・・はい。」
彼に捧げる様にさし出された脚は、マットな質感の黒のストッキングが同じく黒のガーターベルトで留められていたのです。開いた黒のシャツの胸元からは、真紅のスリップのストラップに寄り添う黒いレースのブラのストラップが覗かせてしまったのかもしれません。

「マニッシュな装いの下の真紅のスリップ。その下の黒のランジェリー。今日は昼間からクライアントの男性達を誘惑していたわけじゃないだろうね。」
「ちがい・ま・す・・」
ピアノを弾く長谷川さんの指は、わたくしに触れることはありません。
でもその分視線が・・・スリップの胸元を、スカートのスリットを掻き分けて素肌を這っているようでした。
「祥子がそう思っているだけだろう。打ち合わせが急に増えたと言ったね。それは、祥子のせいだね。こんな女性と隣り合って打ち合わせできるなら、何時間でも側に拘束しておきたかったんだろう。そのクライアントに脚くらい触らせてあげたのかな?」
「いたしません・・そんな・こと・・・」
夏に客船でのパーティでお逢いした時にも、そのことはお話いたしました。
わたくしは、お仕事関係者とはこんな関係は持たないって・・・。
ご存知なのに、長谷川さんはわざとおっしゃるのです。
「シャツの釦をどれだけ留めても、打ち合わせテーブルの下でストッキングに包まれた脚を見せない様にしても、祥子のフェロモンだけは隠せないからな。君の色香に迷わない男なんて、打ち合わせの相手はよっぽどのガキか枯れたジジイだったってことだね。」
「ひど・・い・・わ」
指一本触れられていないのに、長谷川さんの言葉と視線はわたくしの身体を疼かせたのです。
「酷い?心外だね。こんなに褒めているのに。嬉しいよ。祥子がずっといい女でいてくれて。他の男の心を動かせないような女には、僕は用がないからね。」
Summer Timeのサビを繰り返して・・・長谷川さんの指は鍵盤を離れました。
「さぁ、脚を下ろして。続きをしなさい。」
「・・・はい。」

ハイヒールのつま先を下ろすと、Aラインの黒のスカートはわたくしの脚を上品に覆い隠してくれました。
それでも・・・すぐ・・・このスカートはわたくしの身体から落ちてゆくのです。
両手を後ろに回し、スプリングホックを外します。
チ・チチチ・・・ コンシールファスナーを左手で下ろしてゆきます。
わたくしは・・・男性の手で、着ているものを剥がれることがほとんどでした。
こうして、ご覧になっている前で自分で脱いでゆくことが、こんなにも恥ずかしいことだなんて思いませんでした。
ピアノはまた「枯葉」に戻っていました。
なのに、わたくしの落とした視線の先に見える長谷川さんの脚は、肩幅に開かれてピアノではなくわたくしの方を向いていたのです。
「どうしたんだ。スカートを脱ぎなさい。」
長谷川さんの声に、わたくしはスカートのウエストを持っていた指を離しました。

黒衣の情人 10

Aラインのフレアスカートはすとん・・・と床の上に黒い光沢のある輪を作ったのです。
「そのままにしていたら皺になってしまうだろう。拾いなさい。」
「・・・はい。」
わたくしは半歩だけ動いて・・・光沢のあるウールの黒い輪から抜け出ると、真っすぐに立ったままで上体だけをすっと倒してスカートを拾い上げました。
じっとこちらを見ている長谷川さんの目からは、ハーフカップのブラに辛うじて支えられたGカップの白い乳房が・・たゆん・・と深い谷間を晒すところまで見えてしまったことでしょう。
そんな想像は、わたくしの耳までも真っ赤に染めさせました。自分の脈拍がトクトクと・・・耳元でなり続けているかのようでした。
拾い上げたスカートを軽くたたんで、わたくしは胸元へと抱えました。いまさらですが、ほんの僅かでもこの身を長谷川さんの視線から隠せたらと思ったのです。わたくしは、はしたないストリップに羞恥のあまり長谷川さんからは顔を背けたままでおりました。
ピアノの音は、止まる事なく・・・・。

「スカートも寄越しなさい。」
耳元で聞こえた長谷川さんの声にわたくしはびくっと身を振るわせてしまったのです。眼の前に立たれた黒いセーターとウールのスラックスを見ても、すぐにお答えすることはできませんでした。
長谷川さんの手には、さきほどわたくしが床に脱ぎ落とした革のジャケットがありました。
「あの・・・ピアノは?」
わたくしはただ一言、目の前の長谷川さんに疑問を投げかけたのです。
長身の彼の向こうにあるピアノからは、先ほど彼がそのしなやかで力強い指で弾いていたのと同じように、ピアノは生音での演奏を続けておりました。
「あのピアノには自動演奏装置が付いているんだ。ボタン一つでさっき僕が弾いたとおりに、エンドレスで演奏し続ける。あまりうまくはないが、ありきたりのCDよりはムードがあるだろう?」
身体を半分動かして、鍵盤だけが不思議に動くピアノを一旦わたくしに見せてくださった長谷川さんは、わたくしを見つめたまま身を覆う様に抱きしめていた手の中のスカートを取り上げたのです。

「いずれ、祥子の上げる声でピアノの音どころじゃなくなるだろうけどね。」
わたくしの衣服を左手にまとめて、右手の人差し指でつい・・と顎を引き上げるのです。
「ぃゃ・・」
わたくしはあまりの言葉に、思わず視線だけを逸らせてしまったのです。
「違うというのかい?祥子。さっきの歌声なんか比べ物にならないような、はしたない声を上げるのだろう?」 
わたくしは、ふるふると首を横に振ったのです。いまのわたくしにはその質問に頷くことなんてできません。
たとえ、長谷川さんが言う通りに・・・きっと・・・なってしまうにしても。
「声を上げないというのかい?僕にどんなことをされても?」
こちらを見ろ、というように顎先にかかった指に力を込めます。
「本当に、そんなことができると思うのかい?」
冷静に重ねられる疑問符に、わたくしは長谷川さんに怯えの視線を向けるしかありませんでした。
どんなことをされても・・・真性Sだと自認されている長谷川さんの<どんなこと>には、なにが含まれているか想像もつきません。
それなのに、これ以上の抗弁などどうして出来るでしょう。
「・・・できません・わ。」
わたくしはそれだけを口にしました。
長谷川さんがそう言う以上、わたくしにおっしゃるような声を上げさせるための責めを、彼はいくらでも続けることができるのですから。
「やっと認めたね。今夜はこんなに僕好みのスタイルをして来てくれたから少しは素直なのかと思ったが、どうもそうじゃないようだね。あとで沢山お仕置きをしないといけないようだ。」
「ゆるし・て・・。」
「ふふ、まだ何もしてないだろう。なのに、そんな追いつめられた小動物のような目で僕を誘うんじゃない。まるで、虐めてくださいと言っているようだよ。今の祥子の顔は。」
「ちが・う・・・の。」
眼を見てお話しない限り、長谷川さんはわたくしの言葉を聞いてはくださらないような気がいたしました。
なのに、わたくしの表情が長谷川さんの嗜虐心をそそってしまうなんて・・・なんという皮肉なのでしょうか。