FC2ブログ

サファイアの夜 6

「元の主の名前を教えてもらおうか。」
「・・ぃや・・」
「拒否は許さないと言ったはずだ。私の夜を独占するんだ。その原因になった男の名前ぐらい教えても罪にはなるまい。」
「・・・・・」
パ・ン・・・
「ぁう・・・」
黙ったままで首を横に振るわたくしにまたスパンキングが飛んだのです。
「それほど私は愚かな男じゃない。君との事も今夜あったことも、この場限り2度と口にはしない。それに、もう当分日本には帰ってこない身だからね。」
「あぁっ・・」
ぐいっ・・・男性が俯いているわたくしの髪を鷲掴みにし、窓へと・・真っすぐに向かせるのです。
「もう一度聞く。元の主の名を教えなさい。」
「こういちさん・・・です。高瀬康一さんとおっしゃいました。」
「そうか。その男の指が忘れられなかったんだな。」
「あっ・・・」
とん・・・ と男性はわたくしの背を突き飛ばしたのです。

思わずよろけたわたくしは両手をガラスに突き、揃えて立っていた脚をほんの少し開いてバランスを取るしかありませんでした。
「あ・ぁあ・あぁぁぁ・・・」
その隙だらけの、腰を突き出したわたくしの花びらの狭間を・・・細いTバックのクロッチをかいくぐって中指が沈み込んだのです。
すでに太ももまで湿らせるほどに愛液を溢れさせた蜜壷ははしたないと思うほどに、男性の指を飲み込んだのです。
「これが、忘れられなかった指か?」
「・・ぁあ・・・だ・め・・ぁぁ・・・」
男性の手でTバックは脇にずらされしまいました。かき回された蜜壷は、花びらから白濁した蜜を滴らせるほどに・・・激しく動く指に応えてしまっていたのです。
「もっとか?」
「ゃあ・・ぁぁ・・・・」
一度引き抜かれた指が2本になって奥まで差し込まれます。
男性の中指が最奥の子宮口に触れた途端、わたくしは膝を折ってしまったのです。
「ここが弱いのか?」
「ゆるし・・てぇぇぇ・・・」
ホテルの部屋の絨毯に・・・腰だけを高く上げて頽れたわたくしに、指がまた追いかけてくるのです。今度は3本になって。
「あぁ・・・い・っぱぁ・・いぃぃぃ」
出し入れされるしなやかで力強い指に・・・わたくしはあきれるほどに蜜を滴らせ・・・男性の指を押し戻すほどに・・・中から、不規則に締め付けていたのです。

「随分丹念に調教されているようだな。ここもか?」
「だめ・・ぇぇ・・・」
「息を吐け!」
半ば引き抜いた3本の指に小指を添わせるようにして、ねとつく蜜を纏い付けた男性は、そのままゆっくりと姫菊へ・・・小指をやさしく突き立てたのです。
あの方も・・・こうして指戯をなさいました。小指から薬指の先ほどまでで嬲り・・・排泄器官としての役割しか知らなかったわたくしの身体に、はしたない快感を植え付けて・・・そのままわたくしを捨てられたのです。
「ふふ、飲み込むな。」
「あぁぁぁ・・・・は・ぁぅ・・」
わたくしが息を吐出した一瞬に男性のほっそりとした小指の先は、姫菊のすべらかな内壁を通り抜け・・・第二関節近くまでを埋め込ませたのです。
「この指がいいのか?祥子。」
「あぁ・・・いい・・いいのぉ・・・・」
わたくしの身体は<祥子>と呼ぶ男性の声に、蜜壷を収縮させて・・・言葉よりも先に答えてしまったのです。
絨毯に顔を伏せ、男性に全てを委ねたわたくしは・・・あの方とそっくりな声と指に・・・酔っておりました。
「ここまで調教しておいて放り出すとは、残酷だな。」
「ああぁっ・・・」
蜜壷と姫菊を蹂躙されて溢れ出した蜜でぷっくりと大きく蕩けている真珠と、絨毯に擦り付けられて一層敏感になった右の乳房にまで・・・男性の手が這っていったのです。
「だ・め・・いぃ・・・あぁ・・おかしく・はぁぁん・・なぅ・・・」
「なればいい。なりたかったんだろう、祥子。この手で虐められたかったんだろう?どうなんだ、返事をしなさい!」
蜜壷とアナルの指は、間の薄い皮膚の存在を確かめるように淫らに動きます。中指は子宮口を撫で上げ・・・人差し指は数の子状の壁をこすり上げるのです。そして・・真珠と乳首は・・・答えが遅いと責め立てるように・・・指が与える事の出来る極限の快楽を送り続けるのです。

サファイアの夜 7

「は・・ぁぃ・・・いぢめ・・て・・いただ・・きたか・った・・です・・ぁぁああ・・い・・くぅぅ・・・」
「勝手に逝くんじゃない。解っているだろう。勝手に逝ったらお仕置きだからな。」
「ゆるし・・て・・・いっても・・いぃぃ・・ですぅぅかぁぁ・・・ごしゅ・・じん・・さまぁぁぁ・・・」
「良く躾けられているな。もう一度だ。淫乱な祥子をご主人様の指で逝かせてください、とちゃんとお願いするんだ。」
「はぁぁ・・いん・・らんな・しょうこ・・を・・ぉぉ・・ごしゅじ・・ん・・さまのぉ・・ゆびでぇぇぇ・・・いかせ・・て・・・・ぇ・・くださぃぃぃぃぃ」
「よし、逝け!祥子。」
「あぁぁぁ・・・・いくぅぅぅ・・・いっちゃ・・ぅぅぅ・・こういち・・さぁ・ん・・・・」
わたくしは、男性の言葉責めと指のもたらす淫楽に・・・忘れられない・・・2度と逢いしていただくことが出来ないと思っていた方の名を呼びながら・・・絶頂を極めてしまったのです。

ジャァァ・・・・
バスルームからの水音でわたくしは気がつきました。
窓に向かって、絨毯の上に獣の姿勢を取らされて男性の指で達したはずなのに・・いまはベッドの上にシーツを掛けられて横たわっておりました。
ストッキングとガーターベルト以外の全てのランジェリーは剥ぎ取られ、首元のサファイアのペンダントも、サイドテーブルの上に置かれていました。
わたくしの携帯とお財布だけを入れたクラッチバッグもコートも、それから窓辺で脱がされた衣服も・・・ベッドから見る事の出来る場所にはなかったのです。
「気づいたね。」
腰にタオルを巻いた男性がベッドの近くまでいらっしゃいました。
わたくしが想像した年齢相応に貫禄を帯び、年齢よりも引き締まった筋肉質な身体をしてらしたのです。
掛けられたシーツを胸元で押さえて、わたくしは上体を起こしました。
「申し訳ありません。全部していただいて。」
逝き果てて意識をなくしたわたくしの大柄な身体をベッドに運び、こんな姿にして衣服を片付けてくださったのです。どれほど、大変だったことでしょう。
「いいんだよ。感じやすいんだね。あそこまで逝ってくれてうれしいよ。」
ベッドサイドに立った男性は、わたくしの側に立つと腰のタオルを外されたのです。

「さぁ、解っているね。」
その方の塊は・・・とても大きなものでした。
記憶の中のあの方のものなど比べ物にならないほどに・・・大きく・猛々しく・・・。わたくしは、シーツを落とすとベッドの上で正座の姿勢で男性に向き直り、頭をゆっくりとすべすべとした先端へと下ろしていったのです。
くちゅ・・・
唾液をたっぷりと乗せた唇で、熱い・・先端に触れました。
ちゅるぅぅ・・・
口腔に溜めた唾液を細く垂らす様にしながら・・・太くながい男性の側面に塗り付けていったのです。
くぷぅ・・・
それから、花びらの様に輪にした唇の中心に、塊を飲み込んでいったのです。ゆっくり、先端を上顎にこすりつけるようにしながら・・・喉奥まで。
「うっ・・いいな。上手い・・」
ちゅぷ・・
頭を上下に動かしながら、舌先を男性の裏筋にそって動かしていったのです。
あまりの大きさに奥へ飲み込むたびに噦きそうになりながら・・・それでもわたくしはあの方もお好きだった唇でのご奉仕を止めることはいたしませんでした。
あの方はソファーに腰掛けて、いいというまで何時間でもわたくしに口唇奉仕をさせました。そして・・
「美味しいか?祥子。」
「ぁ・・ぅ・・」
そうお聞きになるのです。はい、と答えたつもりの声もあまりに太くて大きな口枷のせいでまともな言葉になりませんでした。
いつしか男性は、わたくしの頭に両手を添えて、ご自分の腰を使い出したのです。
まるで・・セックスをするように・・・奥まで・・男性自身から透明に滴る蜜を垂らしながら・・・。
「あ・・ん・・」
そして唐突に、わたくしの頭を引き離されたのです。

サファイアの夜 8

「上手いな。フェラチオもその男の仕込みか。」
わたくしを仰向けにベッドに横たえると、そのままに覆い被さり・・・わたくしの唾液に塗れた塊を・・・花びらに押しつけたのです。
「あうっ・・ぁぁぁぁ・・・」
窓辺での指戯に蕩かされた身体は、激しいイラマチオでまた新たな蜜を湧き出させておりました。いままで受け入れたことのない・・・元の夫よりも・お慕いしていたあの方よりも・・・大きな塊は、みしっと蜜壷を押し広げながらわたくしの中に入り込んできたのです。
「ふふ、この大きさは初めてか?」
眉間に寄せられた苦悶の表情に気づかれたのでしょう。
わたくしは、声を上げる事もできずにただ首を縦に振ったのです。
「そうか、でも流石に熟した身体をしている。ほら、これで」
ず・ん・・
「あう・・っ」
大きな・・・指などとは比べ物にならないほどの質量と熱が子宮を突き上げたのです。
「全部入った。私のを全部飲み込めない女も多いんだが、祥子は流石に淫乱だな。」
「ちが・・うぅ・・ぁぁぁ」
大きなストライドで男性の塊の抽送が始まったのです。
わたくしの否定の言葉は、そのまま淫らな喘ぎに変わっていきました。

「はぁぁぁ・・・あぁん・・・」
男性の大きさは・・圧倒的でした。
わたくしの蜜壷の中の襞を全て押し開くかのように・・・あちこちを刺激しながら蹂躙しつづけるのです。
その上、はじめてのわたくしの身体のことも全て知られてしまっているようでした。感じやすいポイントを的確に・・・突き・嬲り・こすり立てるのです。
「あぁ..いい・・いいですぅぅ・・・ごしゅじん・・さまぁ・・・」
「勝手に逝くなよ、祥子。」
「あぁ・・こんなの・・・だ・めぇぇぇ・・・いっちゃ・ぅ・・・」
「だめだ!」
そうおっしゃりながら、男性の腕はわたくしの両脚を肩に担ぎ上げ、一層深くへ・・・大きな塊を突き入れるのです。
「ゆるして・・・ぇぇ・・・ごしゅじん・・さまぁぁ」
「そんなに締め付けて、もっと欲しいのか!」
「あぁぁぁ・・・いぃぃ・・い・・くぅ・・」
最奥まで押し込んだ上で、担ぎ上げた脚を掴んでわたくしの腰を揺らすのです。
「まだだ!きちんとお願いしてみろ、祥子」
「ごしゅじんさ・・まぁぁ・・・しょう・こ・・を・・」
ここまで口にしたところで、男性は今までにないスピードで腰を使いはじめたのです。
「・・・あぁぁぁ・・・いくぅぅぅぅ・・・いっちゃ・ぅぅぅぅ」
指で一度絶頂を迎えた身体は、大きな塊の刺激を堪えることができませんでした。
許しを請う前に、上り詰めてしまったのです。

男性は、わたくしの蜜壷の中へ長大な塊を全て納め激しい収縮をじっと堪えていらっしゃいました。
男性の顔の横で・・・力を込めて丸まる足指の緊張がゆるまるのを確認してから、ゆっくりと左右にわたくしの脚を下ろしたのです。
「私は、許していないよ。なのに勝手に逝ったね、祥子。」
はぁ・・はぁ・・・ わたくしは、まだ肩で息をしておりました。
「もうし・・わけ・・ございま・せ・ん」
「罰を受けなくちゃならない。解っているね。」
「はぁ・・ぃぃぃ・・・ぁあぁ・・」
返事は、すぐに淫らな色彩を帯びるのです。男性の塊は力を失うことなくわたくしを突き続けるのです。
「あぁぁ・・・だめ・・・ぇぇぇ」
大きな塊の圧力に、わたくしの身体はじりじりとヘッドボードへ上がり・・・ついに頭がオークの背板にぶつかってしまったのです。もう逃れることは、出来ませんでした。
「いいのぉぉ・・・あぁ・・・いい・・・・また・・・いくぅぅ・・」
「私を置いて1人だけでいくのか?」
「おゆる・・しぃぃ・・くださぁぁ・・いぃぃぃ・・・・いっく・・・」
正常位で貫かれ、頭をベッドの背板に押さえられたわたくしはGカップの乳房を押し上げるように背を反らして絶頂に耐えるしかありませんでした。
「まだ、私は逝ってないぞ。」
「ああぁぁぁ・・・・」
長引く緊張の後の一瞬の弛緩しか、わたくしには与えられなかったのです。
男性は、また激しく腰を動き始めさせました。

サファイアの夜 9

「はぁぁぁ・・・あぁん・・・」
男性の大きさは・・圧倒的でした。
わたくしの蜜壷の中の襞を全て押し開くかのように・・・あちこちを刺激しながら蹂躙しつづけるのです。
その上、はじめてのわたくしの身体のことも全て知られてしまっているようでした。感じやすいポイントを的確に・・・突き・嬲り・こすり立てるのです。
「あぁ..いい・・いいですぅぅ・・・ごしゅじん・・さまぁ・・・」
「勝手に逝くなよ、祥子。」
「あぁ・・こんなの・・・だ・めぇぇぇ・・・いっちゃ・ぅ・・・」
「だめだ!」
そうおっしゃりながら、男性の腕はわたくしの両脚を肩に担ぎ上げ、一層深くへ・・・大きな塊を突き入れるのです。
「ゆるして・・・ぇぇ・・・ごしゅじん・・さまぁぁ」
「そんなに締め付けて、もっと欲しいのか!」
「あぁぁぁ・・・いぃぃ・・い・・くぅ・・」
最奥まで押し込んだ上で、担ぎ上げた脚を掴んでわたくしの腰を揺らすのです。
「まだだ!きちんとお願いしてみろ、祥子」
「ごしゅじんさ・・まぁぁ・・・しょう・こ・・を・・」
ここまで口にしたところで、男性は今までにないスピードで腰を使いはじめたのです。
「・・・あぁぁぁ・・・いくぅぅぅぅ・・・いっちゃ・ぅぅぅぅ」
指で一度絶頂を迎えた身体は、大きな塊の刺激を堪えることができませんでした。
許しを請う前に、上り詰めてしまったのです。

男性は、わたくしの蜜壷の中へ長大な塊を全て納め激しい収縮をじっと堪えていらっしゃいました。
男性の顔の横で・・・力を込めて丸まる足指の緊張がゆるまるのを確認してから、ゆっくりと左右にわたくしの脚を下ろしたのです。
「私は、許していないよ。なのに勝手に逝ったね、祥子。」
はぁ・・はぁ・・・ わたくしは、まだ肩で息をしておりました。
「もうし・・わけ・・ございま・せ・ん」
「罰を受けなくちゃならない。解っているね。」
「はぁ・・ぃぃぃ・・・ぁあぁ・・」
返事は、すぐに淫らな色彩を帯びるのです。男性の塊は力を失うことなくわたくしを突き続けるのです。
「あぁぁ・・・だめ・・・ぇぇぇ」
大きな塊の圧力に、わたくしの身体はじりじりとヘッドボードへ上がり・・・ついに頭がオークの背板にぶつかってしまったのです。もう逃れることは、出来ませんでした。
「いいのぉぉ・・・あぁ・・・いい・・・・また・・・いくぅぅ・・」
「私を置いて1人だけでいくのか?」
「おゆる・・しぃぃ・・くださぁぁ・・いぃぃぃ・・・・いっく・・・」
正常位で貫かれ、頭をベッドの背板に押さえられたわたくしはGカップの乳房を押し上げるように背を反らして絶頂に耐えるしかありませんでした。
「まだ、私は逝ってないぞ。」
「ああぁぁぁ・・・・」
長引く緊張の後の一瞬の弛緩しか、わたくしには与えられなかったのです。
男性は、また激しく腰を動き始めさせました。

「おねが・・い・・ゆるし・・て・・・」
「大きな胸をぶるぶると動かして、もっとと誘っているつもりか!」
「あぁ・・いくぅぅぅぅ」
男性の左手が、わたくしの乳房を鷲掴みにするのです。
白い皮膚に食い込むしなやかな指の強さが・・・わたくしをまた絶頂へと押し上げました。
「こんなに大きくて、白い胸は踏みつけたくなるな。」
「あぁぁ・・」
あの方と同じことをおっしゃるのです。そして、かつてされたその行為をわたくしの身体は思い出し・・・また、花びらの奥を締め付けてしまうのです。
「はっ、経験があるらしいな。縄もか?」
「いやぁぁぁあ・・・」
わたくしは、塊の大きさだけでなく、男性の声にも過去の記憶にも・・・同時に責め立てられ・・・とまらない・・絶頂に意識を白く蕩けさせはじめていたのです。
「本当に縛ったら、縄酔いで逝きそうだな。」
男性の息も、もう荒くなっていました。一段と太さを増した塊に・・・わたくしは、逝き続けるという責めからの解放を・・・一瞬予感したのです。
「いぃ・・あぁぁ・・もう・・だめ・・・・またぁぁ・・」
でも、意識できたのは本当に一瞬でした。微かに弱まった抽送が再び激しく始められて・・・わたくしの中は、淫楽と喘ぎでいっぱいになっていったのです。
「ゆるして・・いくぅぅぅ・・」
「まだだ!!」
男性の上体がわたくしに被せられてきたのです。
筋肉質の胸板も腹筋も・・・汗で濡れておりました。
「またぁぁ・・・いやぁぁ・・・」
「欲しいか!祥子。私の精液が欲しいのか!!」
あぁ・・・また・・あの方と同じことを
「ください・・・しょうこに・・・あぁぁ・・・ほしぃ・・・ぃぃ」
「くれてやる!!逝くんんだ!!」

サファイアの夜 10

「あぁぁ・・・」
子宮を抉るような奥を責める突き上げに・・・わたくしはもう数える事さえ出来なくなった頂きへとまた押し上げられはじめた時です。
プルルルル・・・プルルルル・・・プルルルル・・・
耳元で携帯の発信音が致しました。
「なに?」
右手でわたくしの両手を掴み、左手で携帯を耳元に押し当てている男性に、わたくしは驚きの声を上げたのです。
「祥子の携帯だよ。お仕置きだ、祥子の逝く声を元の主に聞かせてやれ!」
プルルルル・・・プルルルル・・・プルルルル・・・
留守番サービスまであと4コールのはずです。
もう深夜のこの時間、お誕生日の夜・・・あの方も奥様とベッドで・・・かもしれないのです。
マナーモードにしていることを・・・もう熟睡して・・・携帯などには出ない事を・・・祈る・・・あぁぁぁ
「どうした、もっと感じろ!!祥子! 調教を忘れられずに悶える淫らな自分を受け入れるんだ!」
身体はもう限界でした。
プルルルル・・・プルルルル・・・ プッ
『もしもし、祥子?』
「ぁ・あぁぁ・・っ・・・いくぅぅぅぅぅぅぅ・・・」
わたくしは、電話の向こうのあの方の声に、淫らな絶頂の声を堪える事ができませんでした。
「逝くぞ!祥子!」
わたくしの携帯をベッドの端に放り投げると、男性は最後の抽送を開始したのです。
「ぁぁ・・・・っ・・・・ぁ・・・・」
逝き続けるわたくしは、もう・・・声すら出ませんでした。
一番お電話などしてはいけないと決めた日に、時間に・・・あの方に・・・それも他の男性に逝かされる声を聞かせてしまった・・・・
本当に、2度とあの方に顔向けが出来ない事をしてしまった絶望感の中で・・・わたくしは責め立てる男性の与える淫楽に縋ったのです。
「また・・・もうだめ・・・いくっ・・いっちゃぅ・・・」
「逝く!」
わたくしの最後の収縮を確かめてから、男性は塊を引き抜き・・・淫らに揺れるGカップの乳房に、熱い精液を吹き掛けたのです。



・・・っ・く・・ひっ・・・
絶頂から醒めたとき、わたくしは自らの腕で顔を覆い堪え切れない嗚咽を漏らしておりました。
男性は、熱く絞ったタオルで精液でコーティングされたようになった白い乳房と、白く濁った愛液で濡れそぼった太ももの狭間を拭うと、シーツを掛けてくださって・・・そのまま男性は浴室へ向かわれました。
かつて愛した方に、たとえどれほど酷く捨てられたからといって・・・決してしてはならない無様な真似。それをしたくないばかりに、初めてバーで隣り合わせただけの人にこの身を任せたはずなのに・・・。
もう、この先あの方に愛していただくことなんて・・・こんな真似をしたら出来なくなってしまう。これだけは、したくなかったのに。
涙は、止まりませんでした。

次に男性が戻っていらしたときは、バスローブをお召しになっていたようです。
カラン・・・氷の音がするグラスがサイドテーブルに置かれました。
「もう泣くのは止めなさい。」
わたくしを抱き起こすと、広い胸に受けとめてくださったのです。
「祥子、つまらない男は忘れるんだ。君ほどの女ならこれからいくらでも望んでくれる男は現れる。君を捨てた男の呪縛に囚われるんじゃない。いいね。」
・・・っ・く・・
わたくしは嗚咽を堪えながら、男性を見上げたのです。
「素敵だったよ。もっと早く知り合いたかった。従順で感じやすくて好みの身体をしていて、知性も理性も勝っている。私好みのいい女だ。」
思わぬ言葉に、わたくしはふるふると顔を横に振ったのです。
そうなら・・・どうしてあの方は、わたくしを捨てたのでしょう・・・。
「囚われるんじゃない。君はもっと幸せになれる。悲しい顔は似合わない。男を翻弄する女に、男を虜にできる女に君ならなれる。本当だ。」
ちゅ・・・・ そして、はじめて唇を重ねてくださったのです。
「乱暴なことをして悪かった。祥子のバッグから携帯が転げ落ちていたんだ。最初に気を失ったとき、2度と逢えないと言っていた男の名を呼んだだろう。それで腹立ち紛れにアドレス帳を見てみたんだ。そうしたら、その名が有った。
祥子は、あんな風に言いながらまだ忘れてないと、まだ心はその男のものなのだと思った。それじゃ、新しい恋はできない。
こんなに素敵な女性なのに。だから荒療治をさせてもらった。
頼む、もう泣かないでくれ。」
ちゅ・ぅ・・・ 二度目のキスは、舌を絡めるような・・・優しい愛撫のキスだったのです。
「明日、10時にチェックアウトする。それまでなら、ここにいていいからね。今夜は眠りなさい。」
わたくしを右腕に抱えたまま、男性は身を横たえると室内の明かりをゆっくりと落としていったのです。
「おやすみ、祥子。君はほんとうに素敵だった。」
ちゅ・・・ 最後のキスは、わたくしの額に・・・でした。