FC2ブログ

唐紅 21

しょうこ・・さ・・ま 運転手はそう呟くとまた激しく舌を絡めてまいりました。
ちゅ・・・っ・くちゅ・・・ 舌の根元までむさぼるような口づけは、彼の熱情をストレートに伝えるのです。
「ぁふっ・・・っく・・」 
唇を重ねたまま彼の身体はわたくしに被いかぶさり、彼の手で着せ付けた長襦袢を今度は乱暴にはだけました。
わたくしの腰に跨がり・膝立ちになった運転手は、自らの帯に手をかけ浴衣まで脱ぎ捨てたのです。
彼は普通男性なら浴衣の下に着けている下着を着けてはおりませんでした。
しなやかな筋肉に覆われた長身の肉体と、猛々しいまでに反り返った塊を・・・わたくしは見上げたのです。
「ずっと・・こんな風に?」 
ささやく声で彼に尋ねました。
「ええずっとです。祥子様と主がお庭に散歩にいかれてから・・・ずっと」 
彼はわたくしの肩先までずり上がり・・そしてさきほどまで貪っていた唇にまた熱い塊を突きつけるのです。
「またしてほしい、もういちど祥子様の唇で」 
彼の手は塊に添えられて・・・先端から滴った透明な液体を、ルージュを塗り込める様にわたくしの唇の上に塗り込めるのです。
「あ・・・はぁ・・・」 
一度達したにも関わらず、塊はまだ濃い牡の薫りをたたえておりました。
「祥子様 さぁ」 
彼の粘液に塗れかすかに舌先が誘う様に見え隠れるす唇に・・ぐいっ・・と上から塊を突き入れたのです。
「んぐぅ・・・く・・ぽ・・」 
枕と彼の腰に挟まれわたくしの頭は動けませんでした。 
その喉奥までずっと・・・彼の堅くて熱いものを押し込まれるのです。
「んんんぁぁ・・んくぅぅ・・」 
容赦なく・さらに激しく・さらに奥まで・さらに熱く。 
彼の腰はわたくしの胸の上で動きつづけました。 
「あぁ 祥子様。いいです もっと」 
彼の塊を唇で柔らかくしめつけ・・・舌を蝶が舞う様にひらひらと纏い付かせ・・・。
あまりの激しさに飲み込むこともできない唾液は唇の端から溢れるほどに・・・塊になめらかなぬめりを加えていました。
 
「あぁ、だめです」 
突き入れたのと同じだけの唐突さで彼は腰を引いたのです。
「なんて淫らな唇なんですか。二度目なのにまたいきそうになってしまいました」 
彼の重みが肩先から外れました。
わたくしの足元に下がると、今度は純白の長襦袢に包まれた両脚を乱暴に開くのです。
「・・や・・しないで・・望月さん・・・」 
開かれた両脚を閉じる事ができないように彼は膝をすすめ、指で優しく・・でも躊躇なく柔らかい狭間を撫で上げたのです。

「あん・・」 
くちゅ・・・ 数十分前に温泉で清められた身体なはずなのに...はしたない淫らな水音を響かせました。
「こんなにして・・・フェラチオだけで濡れるんですね。祥子様は」 
溢れる愛液は太ももを・・・会陰を伝わり・・・純白の長襦袢にはしたないシミをつけておりました。
「この長襦袢は差し上げられませんね。こんなシミがついていたら」 
花びらに留まっている露さえも滴り落とさせるような淫らな指使いで、わたくしを嬲るのです。
「いやぁ・・・」 
彼の主である男性との戯れには緋色の長襦袢を気にして、はしたなく腰を浮かせる事までしたのに・・・彼との行為は高価な純白の綾絹の価値を忘れさせるほどに、わたくしを没頭させていたのです。
「祥子様のためなら新しいものをいくらでもお作りいたします。この長襦袢は私の宝物にいただいて帰ります。」 
ぬめりを絡み付けた指先で大きくふくれあがった真珠までも、なでつけるのです。
「あぅっ・・・やめ・・て・・あぁ・・もちづき・・さぁ・ん」 
敏感な珠を執拗に往復する指づかいに、わたくしはさらに蜜を溢れさせて・・・達してしまったのです。
 
「あぁ・・・祥子さま・・」 
押えきれない快感に浮き上がるわたくしのたわわな胸元を確かめると、彼は塊を花びらに押しあて・・・奥深くまで・・はじめて押し入れたのです。
ぬりゅ・・・みし・・・ シーツまで濡らすほどに潤った蜜壷は、彼の大きな塊を、身体を押し開く感覚と共に受け入れました。
ちゅ・・くちゅ・ぅ・ぅぅ・・ ゆっくりとでも奥まで・・子宮を確かめるように再奥まで塊を突き入れます。
「祥子さま・・・これが・・あぁいい」 
運転手は両足首を肩に抱えるとようやく腰を動かしはじめました。ときおり喘ぎを漏らしながら、わたくしの眼をみつめたままで幾度も深く抉りつづけるのです。
いまだ身体にほの輝く白の長襦袢をまとい付けたまま,わたくしは彼に組み敷かれておりました
「あはぁ・・・あぁ・おお・き・ぃぃ」 
軽く腰が浮くほどに身体を二つ折りにされたままの体位は、より深く彼を受け入れることになってしまうのです。
「いいのぉぉ・・・あん・・あぁぁ」 
じゅぽっ・・・くちゅっ・・ちゅ・・ 抜き差しをくりかえすたびに、花びらからははしたない音を立てて愛液が溢れていました。
「あぁ・・・はぁぅうん・・」 
彼の塊は確実にわたくしを淫らな愉悦に押し上げてゆきました。
白い腕は彼を押し留めようとしますが宙を舞い彼に縋るだけしかできません。
純白の長襦袢には、大きく張り出したかりが汲み出す白く濁った愛液が、次々と吸い込まれていったのです 
「あぁしまるっ 祥子様」 
普段から素肌を晒すことのない脚は、肌理の細かい柔らかな肌をしておりました。運転手の両手は・・・ほんの僅かも身を離すことも許さないと言わんばかりに、その脚を捉えておりました。 
「あふぅぁぁ・・・あん・・だめ・・はげし・い・の・・」 
正常位のままに貫かれ、彼の動きにGカップの乳房は たふ・・たふ・・たゆん・・・とはしたなく揺れ続けます。 
望月さんの視線は、快感に眉を顰めるわたくしの表情と、はしたない乳房の動きを交互に捉えていたのです。

「あはぁぁぁ・・・また・・・いっ・・く・・」 
何度も頂きまで押し上げられているのに・・・熟した身体はまだ浅ましく快感を貪ろうとするのです。 
わたくしは何度も達してしまう淫らな顔を見られたくなくて、唯一自由な両腕で目元を覆いました。 
彼の腕が肩に抱き上げていた両足首を左右に大きく割り、布団に下ろしたのです。
荒々しいまでの腰の動きを緩めて・・高まり極まろうとしていたわたくしの快感は、宙に浮いたままに留め置かれました。
「祥子さま、だめです。手をどけていく顔を見せてください」 
彼の両手がわたくしの手首を掴み顔の左右に引きはがしました。
「やぁっ・・だ・め・・ぇ」 
わたくしの目元も肩先も悦びに紅く染まっておりました。
「主にではなくて、私でいく祥子様を見せてください。もっと声を上げて」 
運転手はわたくしの手首を掴んだまま上半身を倒し込み、両手を布団に押し付けて、また腰の動きを激しくするのです。
「あぁああ・・・やめ・て・・ぇぇ」 
彼の言葉で・・快感で忘れかけていた襖の向こうにいる男性の存在を・・思い出しました。 
それでももう火のついた身体は、喘ぎを押さえることなど出来なくなっていました。
「やぁぁぁ・・・みない・・で・・」 
緩やかな動きに焦らされていた密壷は、強い刺激に彼の塊を中程と奥の2カ所できつく締め付けて・・・より強い快感にわたくし自身を追い込んでしまうのです。
彼は、主である男性にわたくしの乱れる様を誇示するかのように、容赦なく責めつづけます。
「あぁ・・かん・・にん・・」 
密壷を逞しい彼の塊で、両手を彼の腕で押さえ込まれたわたくしには・・・許しを乞うためには髪を乱すほどに首を振ることしかできませんでした。
「はぁぁ・・ふ・・あぁぁ・・もち・・づ・き・・さぁ・・ん」 
眉間を僅かに寄せ、薄く涙を浮かべる目元・額にほつれかかる黒髪を彼は見つめておりました。
「その声その表情。あぁ祥子様、いってください」 
射出感にひくつく腰をこらえながら、彼は塊をわたくしの奥まで ずん・・ずぅん・・と突き入れ子宮口をこねる様にねじ込むのです。
「かんに・ん・・ぇ・・もちづき・さぁぁん・・い・くぅ・・ぅぅ」 
これ以上密着できないほどに深く彼の塊を胎内に飲み込みながら、わたくしはまた絶頂を迎えてしまったのです。

唐紅 22

逞しく太く・・そして熱く反り返った塊の根元でわたくしの花びらを押し開くほど深く、 彼の塊はわたくしの胎内に留まっていました。
はしたなく登り詰めたわたくしの密壷のひくつきにも・・・運転手は自らがいくことをいまだ禁じておりました。
絶頂で閉じた眦からつっ・・と流れた涙を、わたくしを貫いたままの彼の舌先が拭うのです。
「祥子様 すごい・・です。このまま動かなくてもいってしまいそうです。」 
そういって口づけた彼の唇からは・・・強く唇を噛み締めた時に滲んだのでしょう・・・わずかに血の味がいたしました。
「ん・・っく・・ぁん」 
声を上げ続けて乾いてしまったわたくしの唇を潤すような・・・やさしい でも深いキスでした。
「あぁ・・はぁぁぁ」 
でも・・わたくしの中を押し広げるようにくいっ・・くい・・と上壁に向かって動く彼の塊が、登り詰めた快感をなかなか引かせてはくれませんでした。
「やぁ・・あああ・・だ・めぇ・・」 
彼の唇はわたくしの堅く立ち上がった鴇色の乳首をねぶるのです。
「こうしたかった。あぁこんなに締まる」 
吸い上げ・舌を絡め・甘噛みし・・・その度に敏感になっている身体は彼の下でぴくんと跳ねてしまうのです。 
花びらの奥はくぃ・・っと、わたくしの意志とは関係なしに締め付けるのです。 
そしてまた新たな愛液を溢れさせてしまいました。
 
外はわずかに空が白みかけ、人工光ではない明るさを室内に投げかけはじめておりました。
「祥子様。こうしてキスしながら、いかせてくださいますか」 
運転手の唇が改めてわたくしに重ねられます。
「さきほど私の名前を呼んでくださいましたね。」 
緩やかに腰が動きはじめます。
ようやく彼を見上げ、こくん・・・とわたくしは頷きました。
「うれしかった。いきながら祥子様に呼ばれるなんて、どれほどあのままいってしまいたかったことか」 
くちょ・・くちゅ・・ちゅ・・花びらからはまた淫らな水音が聞こえはじめました。
「このまま祥子様の中でいかせてください」 
上体をわたくしに重ね、唇を重ねながら。彼の腰は答えを待つことなく・・また激しく動きだしたのです。
「あぁ・・・あはぁぁ・・・んんぁぁ」 
隣室の男性のことを忘れたわけではありません。
が、溢れるはしたない声を、これ以上押さえることはできなかったのです。
 
「ここ、ざらざらして。これが数の子か・・いい」 
浅く中程の上壁を抉る様に彼の先端が行き来するのです。
「はぁぁん・・いいぃ・・のぉぉ」 
中程から入り口までを押し広げる熱い塊を、奥まで欲しくて・・わたくしは自ら腰を動かし始めてしまいました。
「しまる。なんでこんなに濡れてるのに・・・あうっ」 
塊を奥まで飲み込もうと、蜜壷はうごめいてしまうのです。 
やんわりした女性の指で捕まえて奥へ送り込むような、淫らな締め付けが運転手の快感を高めてゆきました。
「あぁああ・・・もちづきさぁん・・わたくし・・もう・・だめぇ」 
捉えられ愛撫されるような蜜壷の誘惑を振り切る様に、彼は早く・強くわたくしを犯しつづけたのです。
「かん・にん・し・てぇ・・もち・づきさ・ぁぁん」 
白い両腕は彼の広い背中に回されておりました。こうしていれば少しでも彼の激しさを押さえられるとでも言うように。
でも・・わたくしの力では彼の欲望を押さえ切ることはできなかったようです。
「祥子様いい あぁ」 
激しい腰の動きに少しずつずり上がってしまうわたくしの身体を留める様に、彼の腕は頭に回され・頬を捉え・思いのままに彼が唇を貪れる形に留め置かれておりました。
「もう・・あぁ・・かんにん・・また・・いってしま・・うぅ」 
はしたなく・・・また上りつめようとしていることを・・・口にさせられてしまいました。
「わかっています、祥子様。こんなにひくつかせて。あぁ私も限界です。一緒にいきましょう」 
胎内で一段と太さを増した塊はわたくしを押し開き、抜き差しのたびに敏感な真珠までを彼の茂みで嬲り・・・淫楽の極みへと押し上げるのです。
「ちょうだぁい・・・もちづき・さぁ・・ん・・の・・精液で・・しょうこを・・まっしろに・・し・・て」 
淫らなおねだりまで・・・とうとう口にしてしまったのです。
「しょうこ・・さ・ま・・しょうこ・ぉぉ・・・いくっ・」 
純白の綾絹の長襦袢ごと抱きしめられ、体奥まで逞しい塊に貫かれて・・・。
わたくしははじめて運転手の熱い迸りを子宮で受け止めたのです。
 
ちち・・・ち・・
運転手とわたくしの激しい息づかいがおさまった頃、窓の外からは夜明けを告げる鳥の声が聞こえました。
彼はゆっくりとわたくしから身体を離すと、長襦袢の袖をわたくしの両肩から抜きました。
「あっ・・・だめ・・」 
ふたりの身体の下敷きになっていた・・・朝日に光る純白の絹で、彼は白い体液を溢れさせるわたくしの花びらを・柔らかな狭間を拭ったのです。
「いいのです。これは私の宝物になるのですから」 
そう言うとわたくしを抱き寄せて、身体の下から長襦袢を引き出してしまいました。

唐紅 23

「さぁ 少しおやすみになってください」 
新たに枕を用意して、すべらかなシーツの上にわたくしを横たわらせてくれます。 
なにもまとわない姿のままで、わたくしの身体は羽布団に覆われてゆきました。
「お召し替えはお目覚めになってから、ご用意しておきますから」 
彼は肩先をぽんぽんとたたき・・・脱ぎ捨ててあった浴衣に手を伸ばしました。
「望月さん、あなたはおやすみにはならないの?」 
わたくしはもう少し・・いえこのまま彼といたかったのです。
「あちらのお部屋で・・・」 
昨晩わたくしを着替えさせた部屋を見やるのです。
「おねがい 一緒にいてくださらない」
「主に怒られます」
「おねがい ね・・・」
見上げる瞳を見つめて・・・彼は手にした浴衣を離しました。
そしてわたくしは彼の大きな胸に抱きしめられて、つかの間の眠りについたのです。
 
ざぁぁぁ・・・ 露天風呂の湯音でわたくしは眼を覚ましました。
どのくらい眠っていたのでしょうか? 
もう傍らには運転手はおりませんでした。
枕元には乱れ箱に初めて見るシャンパン・ベージュのサテンのランジェリーのセットと、バスローブが用意してありました。
窓辺は障子に閉ざされて、朝日は柔らかな光で室内を照らしておりました。
バスローブを羽織ると、一枚だけ障子と硝子戸を引き開けました。
部屋に籠る昨晩の名残が・・・朝日の中であまりに恥ずかしかったからです。
そうしてから乱れ箱を持ち、露天風呂に向かったのです。
 
30分後には濡れた髪はアップにしていたものの・・・昨晩ここを訪れた時と同じ装いに戻りました。
居間の側の襖を開けると、男性はワイシャツとスラックスの寛いだ姿で新聞を読んでいました。
「おはようございます」 
わたくしの声はすこしだけ・・・ハスキーになっていたようです。
「おはようございます。祥子さん、よく眠れましたか?」
「ええ」
「朝食は庭に用意してあるそうですよ。まいりましょうか」
男性は立ち上がると昨晩散歩に出たときと同じように、先に立って庭へと向かいます。
ヒールのパンプスを履き、踏み石づたいに後を追うとすぐそこに男性が佇んでおりました。
「どうなさいましたの?」
「祥子さん、僕は寝不足ですよ。彼とあんなに激しく・・・おかげで朝方まで眠れませんでした」 
ふふ・・と笑い声を潜めて言うのです。
「それは祥子さんも同じでしょうけれどね。次にお逢いするときにはこのお仕置きがあると覚悟していてください。もちろんお約束のプレゼントもね、またお逢い出来るのを楽しみにしていますよ」
 
「さぁ目覚ましの珈琲でもいかがですか 祥子さん」 
男性のシャツの背中が一瞬、朝日に白く光りました。


祥子からの手紙-6

こんばんわ、祥子です。
いまは行きつけの珈琲専門店で、キリマンジャロをいただきながらこの手紙をしたためております。
 
箱根を出たのはもうお昼をまわったころでした。
ゼニアのスーツの男性もわたくしも、昨晩このルートを走った時のままの姿で帰路に付きました。
車内の会話は和やかなものでした。
商談があるという男性を都心のホテルで下ろし、運転手さんはわたくしを自宅まで送ってくださいました。
 
箱根からの運転中、望月さんはやはりなにもおっしゃいませんでした。
わたくしの自宅の前で車を止めいくつかの荷物を・・・昨晩わたくしへのプレゼントだと彼と主が言っていたものを・・・おろすと一言だけ口にしたのです。
 
「また お逢い出来ますね」 と。
 
わたくしはただ黙って頷きました。
また、あのバーに行ってしまうのでしょうか。この次をあんな風に男性に予告されているというのに・・・
 
いまは、考えられません。
この珈琲の薫りのなかで、一時彷徨わせてくださいませ。
長い夜がやっと明けたのですから。