FC2ブログ

秋の花火

誘われたのはお昼と呼ぶにはまだ早い時間。

「駐車場が遠いから、少し早い昼食をとって出かけよう」
そう微笑んだ4人の紳士たち。
「今日はどちらへ?」
「桜川までです」
ハンドルを握る望月さんが優しい声で教えてくださった。
「晴れてよかったね」
隣に座る山崎さんはわたくしの手をすべすべの手で包み込んだ。

201710070003.jpg

「全国の煙火店が参加する花火競技大会なんですよ」
日の暮れかける桟敷席で地元の仕出し弁当をいただきながら
美貴さんが口にする。

わたくしの知る中でも極めて大きな規模の花火大会である。
「お席を確保なさるのも大変でしたでしょう
 いつもありがとうございます」
「祥子さんが喜んでくださるならそれでいいんです」
きっと石塚さんがご手配くださったのでしょう。

「花火の後に美味しい食事をご用意しています
 軽く召し上がってください」
予想以上に気温の上がった宵に相応しい
爽やかなスパークリングワインとペリエを
望月さんは屋外の桟敷席では贅沢なグラスに注いでくださった。

        201710070056.jpg

さすがに全国的な競技大会だった。
一般的に尺玉と呼ばれる10号玉と新作の創造玉
スターマインのみで競われ95プログラムあるという。
登ってゆく光と音に心誘われ
尺玉の幾重にも重なる色が見事に真円に光る。

201710070091.jpg

風は微風。
「花火にはベストなコンディションだね」
グラスにロゼワインを注ぎながら美貴さんが耳元で囁く。
「ええ、花火を観るには嬉しいお天気ですね」
「これはとっても繊細なプログラムですね」
レースのワンピースの袖を山崎さんの指が撫でてゆく。
「だめっ」
後れ毛を後ろに座る石塚さんの指が無言で搦めとる。

201710070050.jpg

スターマインは1プログラム毎に大きな盛り上がりを見せる。
煙火店のセレクトした曲とイメージに合わせた花火を組み合わせて
新たな景色を創り上げてゆく。

「こんなに豪華なのにまるで線香花火みたい」
「祥子さんは可愛いことを言う」
口ではそう言っていたものの
わたくしは微かな火薬の香りと
花火が上がるたびに起こる炸裂音に体の芯を揺さぶられていた。

201710070168.jpg

「連休は始まったばかりだからな
 二日間俺たちとゆっくりしてくれるよな」
背中をがっしりとした石塚さんの腕が抱きとめる。
「あん・・・」
声がかすれてしまったのを気づいたのは石塚さんだけならいいのに。

花火の赤い光がハートを夜空に刻んだ時
四人の男性の視線が
わたくしの唇に集まったことに気づいた。

秋の気配

残暑の日差しの気配が残る休日
山のリゾートへあの女性を伴った

いつもなら車だがここ数ヶ月の激務もあり
早朝の高速バスを選んだ
まどろむようにひっそりと
二人寄り添って過ごす2時間も新鮮だ

201709105295.jpg

庭園はコスモスとクリスタルの薄
秋がそこまで来ているのが実感できる
あの女性の髪が風に流れて
俺の頬を撫でるだけでふっと高ぶる

201709102898.jpg

「あら、赤蜻蛉」
クリスタルの薄の先にふわりと鮮やかな<赤>
「アキアカネかしら?」
「ん〜あれはコノシメトンボかな」
「詳しいのね」
「そうでもないさ」

201709102933.jpg

彼女の微笑みにトンボがふわりとその身を舞い上げた

201709102869.jpg

水面に光るクリスタルの薄の向こう
今夜の宿に俺の気持ちはもう半分動いている


緋の迷宮

祇園祭の後祭宵山と同じ夜
さほどの人出は想像していなかったにも関わらず
今や世界的にも人気の宮は多くの人で溢れていた

201707227875.jpg

201707227503.jpg

201707227616.jpg

201707227584.jpg

201707227957.jpg

緋の迷宮
あなたと訪れても引き離されてしまいそうな場所

雨の季節

ようやく梅雨模様本番のよう

青や紫の花を見ると
雨の季節を思い出すのは
わたくしだけだろうか

雨の匂い
差しかけた傘の向こうの
広い背中

足早に急ぐその背中を
渡し損ねた和傘と
この花を見るたび
思い出すのは
わたくしだけかもしれない


眩しいほど暑い日

連絡はいつもの様に唐突にやってきた

『皐月の下旬 京都でお会いできませんか?』と

風は爽やかだけれどあまりに高い気温のお昼時
お約束の場所に赴いた

201705190717.jpg

今は<青紅葉>と言い習わすらしい

瑞々しい緑の紅葉には羽の様な種が
いくつも折り重なる様に実っていた

日傘なしでは歩けない様な気温なのに
「こちらでお待ちください」
と言われた座敷は爽やかな風と
季節柄まだ優しい陰が快適な空間を創り出していた

宛名のない白い洋封筒でお誘いくださる方々なら
いつもの町家でもよろしいのに
思うまもなく男性の声が背中から聞こえた

201705190622.jpg

「お待たせしましたか?」
「そんなことはありませんわ
 とてもいいお庭ですね」
「最近手を入れた様ですね」
「三筋の滝から流れる小川が涼しげね」
「もう少しこちらでゆっくりなさいますか?」
いつも自信に溢れた涼しげな声の美貴さんの
いつも通りの冷静な口調でつぶやく様に口にした一言が
この場所が今日の目的地ではないことを教えてくれた

「こちらでしたら、またお伺いすることもできますわ
 何か予定がおありなのでしょう?」
「予定という訳ではないのですが・・・」
「構いませんわ 参りましょう」
「どうぞ、こちらです」

窓外の飛び石伝いに
木陰の奥にひっそりとある洋館に導かれた

   201705190515.jpg

「こちらです」
階段を巡る様に上がった先には
アールグレイの香りが広がるティールームが
設えられていた
「あら」
二人きりの踊り場で
本当ならここにいらっしゃるはずの
もう一人の男性の気配を探して振り向いた先には
緑けぶる古い硝子窓が
眩しいほどの日差しをたたえていた
「先ほどのお座敷でお抹茶でもと思いましたが
 せっかくの洋館ですから」
「ありがとうございます」
ゴブラン織りの椅子と彫刻が美しいテーブルで
まるで目の前で入れたての様な紅茶を口にした
「美味しいわ」
「白いブラウスとフレアスカートの貴女を見るのは
 初めてだ 新鮮ですね」
「あまりに暑くなりそうだったものですから
 似合っておりませんか?」
「良く似合っています
 このまま抱きしめてしまいたくなるくらいに」
わたくしはゆっくりと微笑みかけた
この紅茶を用意してくださった方が
待たれている場所にたどり着くまで
この方はそんな風にはなさらないことがわかっていたから

   201705190520.jpg

「ああ 我慢ができない
 だめですか?」
わたくしの左手は男性の右手に掴み取られていた
「参りましょう どちらですか?」
先ほど上がってきた階段を降りてゆく
「明日のこの時間まで
 この洋館を貸し切りました
 これから地下室にお連れします」
螺旋階段を見下ろす
先ほど入ってきた扉はすでに閉じられ
緑を反射した窓の明かりだけが
階段室を一方向から照らしていた
「ここで?」
「ええ どれだけ声を上げても平気だそうです」
「おねがい」
「なんでしょうか」
わたくしたちはすでに地下への最後の階段に
足を踏み出していた
「ひどく・・・しないで」
「もちろんです ひどいことなどしません
 なあ望月」
そこにはひっそりと微笑む
もう一人の男性が待ち受けていた